人気ブログランキング |

<   2011年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

新作組紐アクセサリー ピアス ”ta・wa・wa”

www.kinunoiro.com
めずらしく、二日続けての新作です。葡萄が実っているような、またはフジの花のようなデザインのピアス(イヤリング)です。名前はタワワに実っているイメージで”ta・wa・wa”

こういうデザインのピアスをずっと作ってみたいなとおもっていました。組紐玉、コットンパール、金色すかし玉、クリスタルビーズ、チョコビーズをアソビ心いっぱいに、配置してみました。
日本の絹糸ならではの色の鮮やかさです。そして、最初は普通のプラパールを使用しようかとおもいましたが、コットンパールが大好きになってしまって、だめだやっぱりコットンパールじゃなきゃって、おもって、大小のコットンパールでデザインしました。コットンパールの質感と色はほんとうに魅力的です。
耳元に鮮やかな赤って、かわいいんじゃないかな~
d0132128_21554682.jpg


d0132128_21555251.jpg



d0132128_19391875.jpg

d0132128_17182242.jpg

今回、ご紹介した商品はオンラインショップ キヌノイロ にアップしています。 ショップをごらんになりたい方はコチラをクリックください。アイテムの細かい寸法なども表示しています。

●ご質問、お問い合わせ等は   info★kinunoiro.com (★を@にしてください)  までe.mail にて、よろしくお願いいたします。 
d0132128_1341778.jpg


 

by anjuli | 2011-10-31 22:08 | 組ひもアクセサリー☆キヌノイロ

新作組紐アクセサリー 6連チョーカー”ren” 2色

www.kinunoiro.com
新作です。6連の首にフィットするデザインのチョーカーを製作しました。色は、濃ピンク×赤系と、オレンジ×濃ピンク系の2色です。以前も4連や5連て作ったネックレスやブレスレットを製作して、名前を”ren”としていたので、定番デザインとして、こちらも"ren”という名前にしました。
d0132128_1694429.jpg

濃ピンク系。2.5mmから3mmの直径の太さの紐の6連です。3本の濃ピンク無地を中心に、薄朱色無地1本、深い赤と鮮やかな赤色の糸でつくった水玉2本が色の表情をつくっています。写真のように、胸元が少し開いたセーターなんて合わせると、グッと大人っぽいのではないでしょうか。
d0132128_16104182.jpg
d0132128_16105124.jpg
















トップには、ピンク色お花モチーフのスワロフスキーエレメンツと、その横に赤いクリスタルビーズを添えています。バックのアジャスターチェーンの先端にも同じ赤いクリスタルビーズをつけて、金具も金色メタルチェーンがおしゃれなので、後ろ側でもお洒落感です。
d0132128_1611019.jpg

d0132128_16142726.jpg



こちらは、オレンジと薄朱色メインの紐でデザインしたチョーカー。オレンジ、朱色は今シーズンの大注目色です。黒のお洋服はもちろん、地味なベージュやグレーのセーターなども、パッと華やかにオシャレになってしまうチョーカー。紐は薄朱色3本、オレンジと朱色でつくった水玉柄2本、そしてアクセントに濃ピンクを1本いれています。トップには、ガーネット色のお花モチーフスワロフスキーエレメンツに、シャンパンゴールド色のクリスタルビーズをそえています。こちらもバックのアジャスターチェーンの先端にも同じシャンパンゴールド色のクリスタルビーズをつけています。
d0132128_16144033.jpg
d0132128_16182553.jpg

















d0132128_16152151.jpg



今週、火曜日から11月にはいってしまいますね。でも、まだ例年よりもちょっと暖かいみたい。この季節、ちょっと襟元が開いた薄手のセーターを着てみたくなります。そんな装いのとき、チョーカーってぴったりなのでは
001.gif

d0132128_19391875.jpg

d0132128_17182242.jpg

今回、ご紹介した商品はオンラインショップ キヌノイロ にアップしています。 ショップをごらんになりたい方はコチラをクリックください。アイテムの細かい寸法なども表示しています。

●ご質問、お問い合わせ等は   info★kinunoiro.com (★を@にしてください)  までe.mail にて、よろしくお願いいたします。 
d0132128_1341778.jpg


 

by anjuli | 2011-10-30 16:43 | 組ひもアクセサリー☆キヌノイロ

深川でおでん

深川グルメです。
ずぅっと、深川の、味のある、おでん屋さんに行ってみたいなとおもっていました。秋になって、夜とかちょっと温度が下がってくると、「あ~、おでん食べたいな。」ってかんじになってきます。お店で食べるおでんって、家で食べるのとは、またちょっとちがった、まったり感があるものです。

そこで、以前から気になっていた、門前仲町にあるおでん屋さん「のぼる」さんへ初めて入ってみました。このお店は門仲の駅から、永代橋方向にちょっと歩いた、永代通りに面した場所にあります。以前から、ウォーキングのときに通りかかったりして、赤ちょうちんが、私のイメージする「おでん屋さん」だな~とおもって、入ってみたかったのです。
d0132128_19271397.jpg


ある土曜の夜、夫と二人でおじゃましました。
こちらの写真は、注文したおでん二人前のはいったどんぶり。2011.10現在で、一人前のおでん盛り合わせが¥350だったので、この二人前は¥700。けっこうな量があるので、これに、さらに単品で好きなものを注文すると、けっこうお腹が満たされます。私たちは、おでん以外の単品もいくつか注文しました。タコぶつとかたまご焼とか、どれも美味しかったです。そして、お通しとして、とても美味しい刺身が何切れかでてきて、おどろきました。もちろん、おでんも美味しい。とにかく、「のぼる」さん、全てがリーズナブル価格でした。申し訳ないくらいです。
d0132128_1927498.jpg

最後に食べた「のぼるうどん」。こちらは、ミニうどんです。出汁がきいていて、柚子の香りが上品で、ほんとうに美味しかった。また行ったら、必ず食べたいです。
d0132128_19275838.jpg


正直言いますと、こんばんは~って、お店の戸を開けたとき、カウンターの奥にいたママを見て、ほんとごめんなさい、ちょっとビビリました。ママは、金髪のショートヘアで、ねじりハチマキをして、完全な祭り好きのコスチュームで、しかも、アートメーク風の薄く細い眉のキリリとしたメーキャップ。小上がりのテーブル席に座って、最初は、おそるおそる、「すいません」と注文していた私です。
でも、ママはとっても優しくて、あったかいひとで、すっかりファンになってしまい、私もだんだん、「おかあさん」とか「ママ」と呼ぶ常連のお客さんたちのように、気づくと、「ママ、ママ」と連呼していました。なんだか甘えたくなってしまう、クールビューティーなママです。

9時も近くなってきて、カウンターが常連さんでうまってくると、一人で切り盛りしているママはだんだん、てんてこまいになってくるので、カウンター席に座った常連のおじさんが、お料理のお皿を運んでくれたり、下げてくれたりして、また、もう許容を超えていたので、ママにたのまれ、シャッターを半分下ろしたり、まめに動いていていました。でも、楽しそう。ママの人柄でしょう。常連のおじさんたちも、優しくておだやかなひとたちでした。ひとりの常連さんが持ってきた差し入れをママは、初めてお店を訪れる私たちにも分けてくれたりして、あ~これが、深川のあったかさなんだな~って、うれしくなりました。
また、ぜったいに行きたいお店です。でも、なにしろママひとりでがんばっているので、気長に。熱燗でもちびちび楽しみながら。(私は下戸なのですが。)「深川でおでん」って粋にいきたいです。

by anjuli | 2011-10-17 20:06 | 深川グルメ Fukagawa, food

組紐アクセサリー★新作ブレスレット te・no・wa4連

キヌノイロ 新作ブレスレットです。以前、2連で作っていたブレスレット te・no・wa 。「手の輪」という意味をこめて、te・no・wa という名前をつけています。

この秋冬の新作として、te・no・wa を4連で作ってみました。4本の紐の4色が、2本のときでは、表現できなかった表情をつくっています。今回も2色の2タイプを作製しました。
センターのアクセントのデザインと、引き輪としてのパーツはどちらもシルバー925のものを使用しています。それぞれ8mm、9.5mmという直径の、大きな存在感のあるシルバーリングです。シルバーの良いところは、使用していて、くすんできても、シルバー製品磨き用の柔らかい布で磨くと、ツヤが復活するところです。輝きもシルバーならでは。束になった美しい色の絹紐が垂れるデザインは、とても女性らしく大人っぽい雰囲気です。自分用にもこのデザインのブレスレットを作っていて、よく身に着けています。やっぱり、この紐が垂れるデザインが気に入っています。
d0132128_19212329.jpg


こちらは、紫×ピンク系。紫、赤紫、ピンク、そして紫がかった薄ピンク色に紫の水玉模様の紐の4本。艶やかです。
d0132128_19284748.jpg

d0132128_19285937.jpg



こちらは、まさに「秋」の色。実りの秋!ってかんじです。 黄緑、からし色、橙色、そしてベージュに橙色の水玉柄の紐の4本です。
d0132128_1932075.jpg

d0132128_1932752.jpg


d0132128_21542273.jpg

d0132128_21544167.jpg






芸術の秋!創作意欲も湧いてきます。現在は明るい色のチョーカーを製作中。次はまた、男性用のアクセサリーを作る予定です。楽しいです001.gif


d0132128_19391875.jpg




キヌノイロショップサイトに、今回のアクセサリーの、細かい寸法も書いています。

●。〇洋服にもお着物にも。絹100%の組ひもをつかった、和モダン★アクセサリー&コスチュームジュエリーkinunoiro ●。〇

オンラインショップonline shop kinunoiro にもアップしています。 ショップをごらんになりたい方はコチラをクリックください。

●online shop kinunoiroで、クロネコヤマト代金引換が利用できるようになりました。現金はもちろん、電子マネー、クレジットカードの利用ができます。決済手数料はサービスとして無料です。
ご質問、お問い合わせ等は   info★kinunoiro.com (★を@にしてください)  までe.mail にて、よろしくお願いいたします。
 
d0132128_1341778.jpg


 

by anjuli | 2011-10-11 19:41 | 組ひもアクセサリー☆キヌノイロ

「東京ごはん映画祭」へ。

10月8日~10月23日まで、恵比寿の東京都写真美術館で行われている「東京ごはん映画祭」へ映画を観に行ってきました。ごはん映画祭のサイトはコチラ

ごはん映画祭では「食」の視点から選んだ国内外の珠玉の17作品を期間中上映しています。今年で第2回目だそうです。去年はまったく知りませんでした。ある映画館で、この映画祭のリーフレットを手にとって、その映画のラインナップの趣味の良さから、とても関心を持ちました。

d0132128_16402166.jpg

ほとんどが見たい映画なのですが、やっぱり何本も観にいくとお金もかかるので、とりあえず、昨年、とても観たかったけれど、映画館に観に行けなかった、韓国映画の「息もできない」が昨日、映画祭で上映されたので、観に行ってみました。やっぱりいい映画は劇場で観ないと。

正直、韓国映画を劇場へ観にいったのは今回が初めて。でも、この映画は今、ブームになっている、お洒落で、美男美女あふれる「韓流」とは、かなりかけはなれています。
d0132128_16403157.jpg


なんだかもう・・・悲しくて、つらくて、すごい泣けてきました。
この映画は「暴力」の描写がすさまじいです。主人公の男性の、少年期の家庭内は父親のものすごい暴力に支配され、その暴力によって、妹と母を失い、彼の人格はその肉親の「暴力」によって、こわれました。

この映画のリアルな眼を背けたくなる「暴力」に、「暴力的な映画だ。青少年の教育に良くない。」と不快感をあらわす人もいるかもしれませんが、そのリアルな「暴力」を見ることで、「暴力」に対して、ほんとうに、あらためて、憎悪がうまれるし、醜いとおもうし、なにしろすごく痛そうだとおもうし、誰も決して「暴力」を受ける側にも、ふるう側にもなってはいけないと、強くおもう気持ちになります。「暴力」をふるう側にも、この映画の主人公のように子供の頃の心の深い傷があったり、孤独や社会からの疎外感から・・・と、原因があったり、ほんとうに「暴力」の連鎖があるんだなとおもうし。こういったことを、観るものに訴えるにはこの「暴力」のリアルな表現はこの映画に必要でした。ここまで、リアルに表現しないと、主人公の苦悩はほんとうに理解できないし、実際、日本でも家庭内の夫から妻へ、または親から子供への暴力が増加しているという現実があります。私たちは、やっぱり、この事実から眼をそむけてはいけないのです。この映画で、実際にその暴力の現場を見ているかのような、恐怖を感じる私たちの「眼」は、現実の世界で、小さな子供たちが、親が殴られている光景を見ている現場での「眼」であり、どんなに、小さな子どもたちは、恐ろしい思いをしているのだろうかと、想像できました。

そんな主人公サンフンは、大人になって、暴力にまみれた世界で仕事をするようになり、破滅的な生活を送るのですが、そんな彼でも、「愛」を渇望していて、「愛」にふれて、少しづつ変わりたいと感じるようになってくる中、運命ってものは過酷に襲ってきます。

とても、リアルな映画で、主人公の役者さんは「役」を演じているのでなく、この過酷な運命を生きてきた本当のチンピラ「サンフン」であると、信じたくなってきます。主人公と心を交わす、女子高生の女の子を演じる女優さんもとてもいい。かっこいい人が一人もでてこない映画ですが、観る者の心に、ズンズンと響いてきます。人間って悲しくて、不器用で、どうしようもないけど、それでも生きていかなくちゃいけない。「生きる」ってかっこいいことなんかじゃない。そうなんですよね。 映画の中で、サンフンが甥に対して、笑っちゃうほど不器用だけれど、愛情を表現するシーンが、とても好きです。

サンフン演じる主演のヤン・イクチュンは製作・監督・脚本・編集もこなしています。すごい才能。2007年に撮られたこの作品は、正に32歳の彼の「すべて」を捧げた映画でしょう。ほんとうに大注目の人です。

「ごはん映画祭」でのこの映画の「食」は、主に、屋台の韓国料理でした。「食べる」は生きることだし、だれかといっしょに「食べる」と、そこに「笑い」がうまれたりする。心がほぐれますね。

d0132128_17294932.jpg

by anjuli | 2011-10-10 17:29

八重洲の喫茶店探訪

ブログアップにまた、間があいてしまいました。
前回にひきつづき、八重洲のお店のおはなしなのです。こんなこと言ったら、お店に申し訳ないですが・・・私のグルメ情報って、なんだかいっつもジミー(地味)だな~。どうなんだろ。とおもいながらも、素朴ながらも素晴らしいとおもったお店を記事に書いています。お洒落で高級なレストランやカフェの情報はいろんなメディアに溢れているし。

先日、用事があって外出して、途中でお昼を食べるべく、東京駅近くを歩いていました。お昼は喫茶店で食べたいなと。ファストフードはカロリーが高いし、また、落ち着かないし、ちゃんとしたお店にはいるほど、満腹になりたくないしって時は、喫茶店の軽いランチを食べるっていうのが、私にはちょうどいいんです。

八重洲から京橋にかけて大きな通りから3本くらいはいった道を歩いていて、20メーターくらい先に「ニコスコーヒー 宮内庁御用達」って、ゴシック体の文字の看板が目に入ってきました。実力がありそうなゴシック体と「宮内庁御用達」って文字に興味をもち、そのコーヒーショップにはいってみました。このお店、住所は京橋だけれど、八重洲ブックセンターの裏あたりなので、私の中では「八重洲」になっています。

ニコスコーヒー。午後1時すぎくらいに、お店にはいってみると、混みあった店内はオジサン率100%でした。・・・ってことは、店の実力期待大。(こういう基準は私ぐらいでしょうか。)

ランチセットはコーヒー付きで、¥550と¥650のカテゴリーがあり、私はちょっとふんぱつして、¥650(それでもお徳価格)のサンドイッチにしてみました。まず、コーヒーを飲んでみます。なんとも風味があり、美味しいコーヒーです。さすが宮内庁御用達。そして、サンドイッチ。こちらもおもっていた以上に美味しくて、おどろきました。こんなお徳価格で。パンがふわふわだし、中の卵もちょうどよい味にととのえられていて、サンドイッチ専門店のような味です。調理済みのサンドイッチをだすのでなくて、注文がきてから、サンドイッチをつくっていました。このレベルだったら、¥550のバーガーサンドも十分おいしかったんじゃないかと、けち心がうまれてきたりして。
d0132128_16334662.jpg

家に帰って、お店のHPを見て、さらにおどろきました。モーニングセットがなんと¥350で、コーヒーおかわり自由ってあるじゃないですか。これは、行きたい! しかし、八重洲や京橋の喫茶店っていうのは、こちらのお店もそうですが、そのほとんどが、土日祝日休みで、平日も夕方までなど、この近辺に勤め先がないかぎり、利用するチャンスを持てないっていう・・・・。 でも、私はけっこう行くチャンスがあるので、これからは利用したいとおもっています。八重洲の喫茶店、探検しがいがありそうな予感です。

d0132128_16461695.jpg

by anjuli | 2011-10-05 16:53 | 日本橋・浅草橋・馬喰町あたりで