人気ブログランキング |

<   2010年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧

年末のお掃除&鴨南

今週の私は年末掃除にがんばっている・・・つもりです。「大掃除」と書かないのは、これがはたして、世間の言うレベルの「大掃除」になっているのかどうかってところで。掃除っていうのはもう、無限なんだなって苦しんでいます。 
12月になってから、新聞の記事で、「お掃除の手順」や、「お掃除のやり方」などが多いので、その都度切り取って、じっくり読んでいます。でも、これをすべてこなさなくてはとおもうと、切迫した気持ちになって落ち着きません。1日で自分がイメージした掃除をこなせず、落ち込んだり。気がつくと、放心状態になっていたり。

今朝は、夫が休みにはいったので、ゆっくりめに起きました。朝8時前、ふとんから出て、ぼーっとしていたら、外から聞こえてきた、女性の絶叫で、いっぺんに目が覚めました。「なんだろう、なにか事件だろうか。」と、よく聞いてみたら、その女性は「あたしばっかり掃除してんじゃないのよ!」って、叫んでいました。たぶん、ベランダに出たところで、家人に訴えたのでしょう。 その後は、きっとダンナさんに、「まぁまぁ」って、家の中に入れられたのか、声はきこえてきませんでした。 ここにも大掃除に追い詰められてるひとがいるんだなと、なんだか、連帯感が私にうまれました。 そのご家庭は朝から、たいへんなことになっていたみたいだけど。 あの女性の声は、主婦の代表みたいな声なんじゃないかな。でも、 わたしなんか、小さなお子さんをかかえた方や、お仕事を忙しくしながら、家庭の事をされている方に比べたら、とても負担が小さいとおもいます。

朝から、追い詰められたご近所の奥さんの断末魔のような絶叫をきいた、うちのダンナさんは、めずらしく掃除を積極的にしてくれたり(お昼までは。)、 お昼に、わたしの好きなパン屋さん「たかたまこむぎ」さんへ行って、とっても美味しいデニッシュやべーグルを買ってきてくれたりして、わたしに気を使ってくれました。

あと1日、掃除がんばろうっと。

年越しといえば、「お蕎麦」。 私は冬になると、鴨南蛮そばが、むしょうに食べたくなります。最近食べた美味しい鴨南です。

永代通り、木場と東陽町のあいだくらいを少しはいったところにある「手打そば 石挽 いわもと」さんの鴨南です。都心の手打ちのちょっとこだわりのある蕎麦屋さんで、「鴨南」をたべると、¥1200以上はかるくするものですが、このお店は¥950です。(2010.12) そして、とても美味しい。お蕎麦はもちろん、鴨も美味しいし、焼いてある葱の風味が大好きです。
d0132128_22415641.jpg


明日は、寒いみたい。風邪に気をつけましょう。

by anjuli | 2010-12-29 23:14 | 深川グルメ Fukagawa, food

冬はやっぱりショコラ 100%ChocolateCafe

大好きな100%ChocolateCafeへ行ってきました。冬はやっぱり、あったかいりショコラが飲みたくなります。

普通のショコラにしようかとおもったら、新メニューにムースショコラ(¥450)ってなんだか、興味深々なものがあったので、こちらを注文してみました。 ”チョコレートムースをアツアツのフォームドミルクに入れて、混ぜて愉しむショコラドリンク”って、メニューに書いてありました。ソースは"ラズベリー"と"キャラメル"の2種類があって、キャラメルを選んでみました。こんなかたちで、運ばれてきます。1枚の本日のチョコはいつもサービスで添えてくれます。
d0132128_2142216.jpg

こちらが、チョコレートムース。スプーンで泡だったミルクに自分でいれて、かきまぜます。入れる前にムースをちょっとつまみ食いしたりしても良し。男性はこういうのめんどうかもしれないけど、女性はけっこう、こういう過程が楽しかったりするんですよね。
d0132128_2144519.jpg


ムースをいれて、出来上がったムースショコラ。 とっても美味しかったです!ショコラがフレッシュなかんじだし。 次回もこれを注文しよう^^
d0132128_21463815.jpg



毎回、おもうけど、このお店の注文カウンターは高さが高すぎます。私、毎回、かるく背伸びしてます(笑)

d0132128_21513765.jpg

by anjuli | 2010-12-23 21:49

かっぱ橋道具街でワッフル

先日、用があって浅草 かっぱ橋道具街へ行ってきました。かっぱ橋に用があるんだから、東京メトロ銀座線 田原町駅で降りて、まっすぐ行けばよいのですが、なぜか地下鉄 浅草線の浅草橋で降りて、歩いて歩いて、かっぱ橋道具街へ行って、用事をすませて、最終的にはJR上野駅までまた歩きました。なんだか、ぶらぶら癖があるようです。

かっぱ橋道具街で、甘いものでも食べて一息つきたくなって、メインストリートからちょっとはいった、Waffle cafe Y&Bar de Espana La Yという、ワッフルカフェに寄ってみました。


焼きものデザートの流行としては今、世の中は、パンケーキ・ホットケーキがトレンドになっていて、ワッフルはちょっと過去のデザート感がありますが、久々に手作りの外がパリッ中はやわらかな、あたたかいワッフルは、とても美味しいものでした。
d0132128_21275021.jpg

いちごミルクカスタード(¥680)を選びました。プレーンは¥450。どれもアイスクリームがついています。 そして、このお店の¥420のドリップコーヒーがとても、美味しくて、正直、コーヒーに期待をしていなかったので、得した気分でした。デザートと注文すると、¥350というのもうれしい。・・ってせこいことばっか言ってる私。

かっぱ橋道具街に来た用事っていうのは、以前、道具街のお店で購入した急須の、植物のツルからつくってある取手が、長いことつかって、何度も洗ったため、弱くなって折れてしまいました。本体はまったくきれいなままで、取手だけ買いたいな~とおもって、そのお店に行ったのです。幸運なことに急須は定番商品で、取手のみも同じものをバラ売りしてくれました。よかった。よかった。この急須、デザインがとても気に入っているので、これからもず~っと愛用していきたいとおもいます。

d0132128_2138495.jpg

by anjuli | 2010-12-22 21:41

映画「ノルウェイの森」を観てきました。

今、話題の映画「ノルウェイの森」を見てきました♪
原作 村上春樹さんの「ノルウェイの森」は刊行された1987年頃に友人から借りて、読んだ記憶があるのですが、なんだかあまりにも昔で記憶が曖昧です。ハルキストにおこられそうだけど、わたしにはちょっと、春樹さんのストーリーはナイーブすぎて、いまひとつはまれないってかんじでした。当時は、大江健三郎さんの著書にはまっていて、「日常生活の冒険」が特にとても好きでした。ま、わたしなんぞの読書の趣味なんてどうでもいいですね。

今回、この映画を観たかったのは、伝説のベストセラーの映画化というのも大きいし、トラン アン ユン監督×菊池凛子 の組み合わせにとても興味がありました。
トラン アン ユン監督は大好きです。私は2008年にベトナム旅行をしましたが、トラン アン ユン監督の映画を観てから、ずっとベトナムを旅行したいとおもいっていました。実際にベトナムに行って、その文化の美意識の高さ、空気感にイチコロでした。監督はフランス育ちだけれど、やはりベトナムの独特の美意識を感じます。
それに、ルックスもエレガントで素敵だし。先日、笑っていいともに出演して、日本のレストランで堺雅人さんにまちがわれてたいへんだったって、ジョークまじりに言っていたけれど。

菊池凛子さんは映画「バベル」を劇場で観たとき、その表現力に驚愕でした。特にラストの、あらゆる”悲しみ”をたたえた表情と目、いや”悲しみ”のほかにも、そのシーンに100の台詞を用いても表せないくらいの、”目”に涙がでました。映画の中の直子を演じる凛子さんは、ワタナベとの東京での再会のシーンから、向こう側、つまり「死」の側にいるひとに見えて、身体が透けてしまいそうな雰囲気になっていました。


映画「ノルウェイの森」を観て・・・。最初に書いておきますが、わたしはトラン アン ユン監督にかなりひいきめです^^

トラン アン ユン監督のチーム、やってくれました。監督・俳優陣・カメラ・音楽・・・ドリームチームといえます。やっぱり劇場に見に行ってよかった。 素晴らしい。

マーク・リー・ピンビンのカメラワークで見る日本の60年代がかっこいい。マーク・リー・ピンビンはトラン アン ユンの「夏至」、そして私の大好きな映画 ウォン・カーウァイ監督の「花様年華」のカメラマンでもあります。
俳優陣も皆、魅力的で素敵でした。全員適役だとおもいます。特に、水原希子さんが、なんて可愛いんだろうと、おどろきました。私が男の子だったら、この映画を観たとたん恋に落ちてしまうでしょう。「死」が漂うストーリーと空気のなかで、彼女の可憐さ、明るさに救われます。

凛子さん、やはりただものではありませんでした。最後のほうでの、主人公ワタナベとの別れのシーン。台詞はほどんどないのですが、彼女の顔の表情・目の表現から感じとり、とてもこみあげてきて、涙がでてきてしまいました。

トラン アン ユン監督は必要以上のことを、言葉で表現や説明をせず、観客がイメージをふくらませることを望む監督です。 それが、やはり映画の楽しみでは。 これから、何日か、この映画のことを、イメージを心の中でリプレイして、おもったり、かんがえたりしたいとおもいます。

d0132128_19295345.jpg

by anjuli | 2010-12-15 19:28

深川 清澄白河でお蕎麦を食べたり、浮世絵を見たり。

昨日、土曜日はお天気が良かったので、家から歩いて散策にでかけてみました。

お昼に、お蕎麦通さんのブログでもよく紹介されていて、気になっていた清澄白河にある「権現板そば 浅野」というお店へ行ってみました。

d0132128_150453.jpg

清澄白河の深川江戸資料館がある資料館通りから、すこしはいった住宅街の中にお店はあります。このお店は、一般的な住宅のリビングダイニングルームがお店になってるので、玄関から靴を脱いで、スリッパを履いてあがります。席数もあまり多くないので、夜は完全予約制だそうです。

このお店は食材をほとんど山形から取り寄せていて、山形の味を楽しむことができます。山形出身の母を連れてきたくなりました。

お通し。お母さんの美味しい手料理。うれしいお皿でした。 ピリ辛こんにゃく、たまご焼、大根とちくわの煮物。なんだかやっぱり、ビールが飲みたくなりました。
d0132128_1541732.jpg


天然舞茸の天麩羅。舞茸に、レンコンやししとう、そして珍しいコンニャクの天麩羅もはいっていました。美味しかった。
d0132128_1597100.jpg


そして、板蕎麦。十割そばです。これは一人前。一見、少ないように見えますが、太めの十割そばはお腹にずしんときて、見た目よりも食べごたえがあります。お通し、二人で分けた天麩羅、蕎麦一人前で私はお腹いっぱいになりました。風味が豊かな美味しいお蕎麦でした。
山形出身であろうご夫婦は、気さくで温かな雰囲気で、お店が人気な理由がわかります。
d0132128_15252029.jpgd0132128_1525502.jpg









この後は、人形町→日本橋と散歩しましたが、途中、久々に深川江戸資料館に寄ってみることにしました。2010年12月4日(土)~12月19日(日)まで特別展で歌川広重『名所江戸百景』展を開催中だからです。

深川江戸資料館は去年から今年の7月まで改装工事をしていて、ずっと閉館していました。リノベーション後は初めての訪問です。入ってみたけど、いったいなにが変わったのかがわかりませんでした。係員のひとに聞いてみようかとおもいましたが、いやみっぽいのでやめました。きっと、私の目にはうつらなかったところで、大きく変わったのでしょう。

この資料館はなかなかおもしろいです。 ものすごく広くて、ちょっと疲れるし、連れとはぐれやすい、両国の”江戸東京博物館”を見るガッツはないけれど、江戸の雰囲気見てみたいな~ってひとには良いのでは。初めて訪れるひとは「面白かったね~♪」って、さほど疲労感もなく気分良く出てこれるとおもいます。二回目三回目となると、入館料¥300を値切りたくなってくるけど(笑) でも、今回は¥300で素晴らしい浮世絵も鑑賞できたので、お徳感いっぱいでした。

館内では、江戸時代の深川 佐賀町の町をプチ再現しています。
d0132128_1524263.jpg


d0132128_152758100.jpg

ここは舟どまりと船宿です。照明で一日の空の色が朝から夜まで変化しましす。
d0132128_15294936.jpg


d0132128_15302326.jpg

江戸の町民の暮らしは本当にシンプルだったのですね。家財道具は柳行李ひとつに入る程度。かっこいいです。こんな生活がずっと続いていたら地球温暖化にはならなかったでしょうね。
d0132128_15303386.jpg


江戸の生活を見た後はいよいよ特別展 歌川広重「名所江戸百景」。
d0132128_15343882.jpg


119点の作品を一気に見て、かなり見ごたえがありました。これを¥300で、江戸町体験もふくめて見ることができるなんて、またとないチャンスです。 なじみのある場所の、江戸時代の風景を見ると、こんなに美しかったんだ~と感嘆し、失ってしまった風景に感傷的になったりもしました。

広重の描く美しい江戸の町を見ていたら、タイムスリップして、当時のお江戸を歩いてみたくなりました。お江戸はなんて美しかったのでしょう。花鳥風月を楽しんでいたのですね。そして、広重のシンプルであり、秀逸なデザインの構図、最高のセンスの豊かな色彩が美しくて、とても魅力的でした。こんなに素晴らしい誇れる文化をもって、わたしたち日本人は幸せだな~とつくづく感じることができました。


d0132128_15531276.jpg

by anjuli | 2010-12-12 15:52 | 深川グルメ Fukagawa, food

西荻窪 カレーを食べたり、散歩したり。

先週末、荻窪に行く前に、西荻窪で電車を降りて、カレーを食べたり、散歩したりしました。

お昼ごはんに向かったのは、以前から何回か、このお店の前を通って気になっていた喫茶店” Cafe オーケストラ ”通る度にカレーのいいにおいがしてきていたのです。
d0132128_17533989.jpg


今回は、このお店でカレーを食べようと決めて出かけてきました。お店にはいってみると、そこはなんとも西荻らしいとおもえる、時間がゆ~っくり流れる雰囲気でした。
d0132128_1755090.jpg


この”オーケストラ”というお店の名前が不思議でした。中央線沿いにまだある、クラッシックばかりをBGMにした名曲喫茶とはちがうし。このときは、お客さんに仏人女性がいたからか、仏のシャンソンがBGMになっていました。 このお店の”オーケストラ”って手書き書体から、正装のオーケストラでなくて、セーターやシャツを着た私服のオーケストラをイメージしてしまいます。 カレーを食べてみて、そのこだわりようから、いろんなスパイスで成り立つカレーをオーケストラに例えてみたのかな、なんておもいました。
d0132128_17555985.jpg

ランチのカレーは、ほうれんそうカレーやキーマカレーはサラダ付きで¥850でした。わたしは、それらよりも¥200ほど高い、”フィッシュカレー”に即、決めました。というのは、最近、中谷美紀さんの著書、最終巻になる”インド旅行記3”を読み終えて、ずっとフィッシュカレーが食べたかったのです。話はそれますが、この中谷美紀さんのインド旅行記、夫が同僚から借りてきて、最初は「タレント本でしょ?」ってかんじで読み始めましたが、その冷静な視点、文章力にすっかり魅了されてしまいました。特に食べ物のことがとても詳しく書いてあるところが私には興味深いです。”インド旅行記3”は自ら購入しました。 しかし、あんなに美人がインドをひとりで旅行したら、本には書かれていないけど、やっかいなことも多かったのだろうなと想像します。

ってことで、”フィッシュカレー”
d0132128_187974.jpgd0132128_1871582.jpg








とてもとても美味しいフィッシュカレーです! 味付けがちょうど良い。 実は、本格インド料理店のフィッシュカレーも美味しいけど、私には若干、ココナッツミルクが多すぎてくどいとおもえるときがあります。でも、このカレーはほんとうに”ちょうど良い”です。きっと、カレーが大好きなひとが研究を重ねて、つくっているカレーなんでしょう。お店の人は、若い男性が調理に専念していて、年配の女性と男性が接客を主にしていました。見た感じ、親子にみえたけど、どうなんだろう。おじさんも、おばさんもとても柔らかい雰囲気のひとたちで、居心地の良いお店でした。ランチ時、カレーにコーヒーをつけると、ブレンドが¥150でいただけるので、もちろんコーヒーをつけました。丁寧に淹れた美味しいコーヒーでした。ここはカレーも美味しい喫茶店だとおもったけど、カレーがとても美味しい喫茶店です。あと、アップルパイなどのケーキも美味ししそう^^
d0132128_18141976.jpg


この後は、善福寺公園まで散歩しました。善福寺公園は晩秋の景色。
d0132128_18152065.jpg


d0132128_18161931.jpgd0132128_181953.jpg









d0132128_18165171.jpg


葉が落ちた冬の景色は、少し寂しくなるけど、冬は葉がついている時期には、なかなか見えなかったきれいな野鳥が、枝に留まっている光景が、心をなごませます。そして、ちょっと待ったら、梅のかわいい花を見ることができるし。季節をとおして、美しく、楽しむことができる善福寺公園です。
d0132128_18224942.jpg

by anjuli | 2010-12-07 18:28

荻窪 大田黒公園 夜の紅葉ライトアップ

今日は、実家で夕食を食べてきました。 荻窪駅で夕飯の買い物をするまえに、母といっしょに、秋の紅葉の時期のみのライトアップされた大田黒公園を見に行ってきました。

大田黒公園は荻窪駅から徒歩で、10分かからないくらい。南荻窪の静かな住宅街にある、音楽評論家の大田黒元雄氏の屋敷跡地につくられた杉並区の管理している公園で、回遊式日本庭園になっています。 
私は、この公園がとても好きで、実家にいた頃、学生の頃からよく、一人で来てはぼーっとしていました。普段は土日でも人の少ない静かな公園で、とても心が休まります。

紅葉ライトアップは明日12月5日(日)まで。土曜日なので、おもった以上にひとが来ていたけれど、静けさが保たれる範囲内の人出でした。この公園はこんなに美しい庭園を楽しめて、入場無料です。ライトアップ中も無料。
銀杏並木の園路にも、竹で作った照明がが配置されていました。
d0132128_22582039.jpg

d0132128_230417.jpg


園内に入ると、風景の美しさに皆、「うぁ」って声をあげてしまいます。この公園内のあらゆる場所からの風景が好きですが、一番好きな場所は休憩所のベンチに座って、お庭を見る風景です。戸口がちょうどフレームのようになって、この紅葉の時期はもちろん、緑の葉の美しい時期も見事です。今日は人が多くて、この席から落ち着いて眺めを楽しむことは、ちょっと難しかったけど。
d0132128_2335620.jpg


水面に写る紅葉もまた美しいです。
d0132128_2342018.jpg

d0132128_2352846.jpg

大田黒公園の、空にむかって、スッと伸びた松の木が特に好きです。
d0132128_236615.jpg

d0132128_2381581.jpg



今日の夕方はそれほど寒くなかったので、とても気分良く紅葉ライトアップの景色の中の散策を楽しめました。夕方5時くらいの、濃いブルーの空と、ライトアップされた紅葉、そして松の木が美しかったです。

成人式の日、私は高校のときの同級生と、晴れ着を来て、この大田黒公園に来ました。一緒に来た、私の母がカメラを持ってきて、ふたりの晴れ着姿を何枚も撮影してくれました。20歳の女子二人は、得意げに晴れ着でポーズをとって、カメラにおもいきりの笑顔をむけていたっけ。 家に帰ってから、カメラの中に、フィルムがはいっていないことに気づきました。ありえない事実です。 あとで、友人に事情を話して、謝ったのですが、きまづかったです。 私の母は、私とこの公園に来る度に、このときの話をします。今日も一緒にいた夫に「そんなことがあったの。」って話していました。私はその度に「やめてよ~。思い出させないでよ。」と同じこと言っています・・・・アリちゃんごめんね。

d0132128_2323463.jpg

by anjuli | 2010-12-04 23:23

La Porte Rouge ラ ポルト ルージュでの久々ランチ 

深川グルメです。
木場の人気フレンチレストラン・・・というか食堂ってかんじの、カジュアルさで、わたしたちに美味しいお料理を提供してくれるLa Porte Rougeラ ポルト ルージュ 。久しぶりに休日ランチしてきました。1~2ヶ月くらいたつととっても食べたくなって、「行こうよ!」ってことになります。特にうちのダンナさんが。
d0132128_18312058.jpg


¥1575のお値打ちプリフィクスメニューのランチです。

前菜はお肉のテリーヌとレバーパテにしてみました。お肉のテリーヌをこのお店でたべるのは初めて。期待を裏切らず、おいしかったです。毎度うれしい、前菜とおもえないボリューム。
d0132128_18345266.jpgd0132128_1835076.jpg








メインは真鱈のポワレにしました。切り身が大きいです。味付け、ソースもとても美味しい。そして、デザートはチーズケーキにしてみました。
d0132128_18372730.jpgd0132128_18373425.jpg








このお店に来るといつも、美味しいものをおなか一杯に食べた充実感があります。お料理も変化があるから楽しみ。 

ところで、昨夜未明から朝にかけての豪雨と今日の突風にはおどろきました。木場公園をウォーキングしていたら、突風が吹いてきて、顔面でかなりの数の落ち葉&ほこりを受け止めてしまいました。 この風で東京の紅葉したモミジはほとんど落ちてしまったのでしょうか。この週末も紅葉鑑賞を楽しみたいな~とおもっているので心配です。

d0132128_18472769.jpg

by anjuli | 2010-12-03 18:44 | 深川グルメ Fukagawa, food

赤い組ひものピアス musubi

●。〇洋服にもお着物にも。 組ひもをつかった、和モダン★アクセサリー&コスチュームジュエリーkinunoiro ●。〇

オンラインショップkinunoiro にもアップしています。 ショップをごらんになりたい方はコチラをクリックください。

新作です。 赤いピアス。musubi
d0132128_16151683.jpg


組ひもをつくる日本の絹糸で、わたしは”赤系”がやっぱりいちばん美しいなとおもいます。”赤”にもいろんな”赤”があって、ピンクから真紅まで、どの色もとてもきれいです。日本の色には「くれない」「こきひ」などなど、とてもきれいな名前があって、そんな名前をもった色は皆、べっぴんさんです。

結びをつくって、表にはスワロフスキーをはりつけました。トップにメタルワイヤーのぐるぐる型をつけて、モダンな雰囲気。
d0132128_1620490.jpg



裏側には黒のスパンコールとラメリボンを縫い付けました。黒色のお洋服にあわせてみたいピアスです。
d0132128_16204987.jpg



☆。,・~~・,。★。,・~~・,。☆。
今、こんな星をたくさんつくっています。雪の結晶のようでもありますが、星のつもりです。これをつかったネックレスを製作します。
d0132128_16274913.jpg


●online shop kinunoiroで、クロネコヤマト代金引換が利用できるようになりました。現金はもちろん、電子マネー、クレジットカードの利用ができます。決済手数料はサービスとして無料です。
ご質問、お問い合わせ等は   info@kinunoiro.com  までe.mail にて、よろしくお願いいたします。
d0132128_1341778.jpg


d0132128_16384224.jpg

by anjuli | 2010-12-01 16:28 | 組ひもアクセサリー☆キヌノイロ