人気ブログランキング |

<   2009年 08月 ( 13 )   > この月の画像一覧

檜原村 都民の森 ハイキング(2) 2009夏

午前で「生活の森コース」を歩いた後、この都民の森の拠点となる森林館で昼食をとるべく戻りました。

事務所とレストランのある森林館という建物はコンクリートと木材をふんだんにつかった、とても立派な建物です。全景はコチラのHPを見てみてください。 都民として意見を言わせてもらうと、こんなに立派なのに、あまり寛ぎスペースとして生かされていないように思えます。せっかくこんなに素晴らしい森に囲まれた空間にいるんだから、季節の良いときだけでも、オープンエアで食事を楽しみたい。また、デッキスペースがたくさんあるんだから、ちょっと昼寝ができるようなデッキチェアやハンモックなんかあったら、どんなにいいだろうって思いました。 屋内に畳スペースなどの休憩所があるのですが、こんなに山の上の美しい場所まで来たのだから、なるべく山の風を感じて、鳥のさえずりを聴きながら寛ぎたい。そんな高価な椅子でなくとも、木でちょっとつくって、デッキに配置してくれればいいのに。もうちょっと、都民の森を訪れたひとが、リラックスして過ごせる場所にしてほしいな。こんなに素晴らしい環境に作ったのだから。

さて、昼食は森林館にあるレストラン「とちの実」でいただきました。
d0132128_18114172.jpg

d0132128_18115385.jpgd0132128_1812171.jpg









うどんと天丼のセットとスパゲティミートソース。食べた後で、やっぱり朝に見たエントランス前の地元の人がつくったものを売っている売店まで戻ってお昼として食べればよかったね。ってはなしになりました。そのほうが安上がりだし。やっぱり地元檜原村の人たちがつくる、だんごやまんじゅう、すいとんはきっと親の代から受け継いで、その家の家族がみんな好きな味だとおもうから、おいしいはず。天然酵母パンもあったし。 

昼食後は、三頭大滝を見に行くことにしました。この後、温泉に行きたいので午後2時過ぎのバスに乗らなきゃいけないから、滝の先に続くコースまでは行けません。
滝まではセラピーロードという路を歩きました。
d0132128_18212794.jpg

この路にはウッドチップが敷いてあって、とても歩きやすいし香りがよいです。アロマセラピーの効果があるのかしら。
d0132128_18225655.jpg

すこし歩くと景色が開けました。この路は登りがきつくないし、景色がきれいです。
d0132128_18235117.jpg

この後も滝までの路はとても歩きやすい路でした。
d0132128_18245016.jpg

山がせまっていて、光がさす景色は清々しいです。
d0132128_18253562.jpg


三頭大滝の滝見橋の前に来ました。大滝はこの橋の上から正面に見える・・・はずでした。 橋の前になにかあります。
d0132128_18381514.jpg

どうやら、スズメバチの巣を撤去しているらしいです。
d0132128_1841395.jpg

なんだか、時間がかかりそうなので、橋まで行くのはあきらめました。これが遠くから見た橋です。滝は次の機会にとっておきましょう。
d0132128_18425329.jpg

もうすこし、足をすすめて沢沿いに歩いてみました。
d0132128_18442197.jpg

沢沿いには小さな滝があり、癒される美しい景色でした。午前中歩いたコースよりこっちのほうが私はいいな。
d0132128_18464753.jpg

d0132128_18455430.jpg
d0132128_1846640.jpg


水の流れがあると、とても心が穏やかになります。紅葉の時期もとても美しいのでしょう。この場所は標高が高いので、東京にありながら、10月末から11月初旬が紅葉の身頃だそうです。
d0132128_18484190.jpg

バスの時間があるので、ここまでで引き返しました。このコースはまだ続きます。次回はこのコースを重点的に歩こう、三頭山にも行かなきゃいけないし。 次回の楽しみはたくさんあります。紅葉も見たいな。
d0132128_1849078.jpg


この後は温泉に行きました。

by anjuli | 2009-08-31 19:02 | The Nature in Tokyo

檜原村 都民の森 ハイキング(1) 2009夏

8月最後の週末の土曜日、奥多摩 桧原村にある”都民の森”でハイキングしてきました。”都民の森”は今回初めて訪れます。今年の夏はまだ、ハイキングをしていなかったので、はりきって早起きしていきました。

家を朝6時過ぎに出て8時15分には五日市線 武蔵五日市駅に着きました。ここから、数馬温泉の先にある都民の森まで、バスに乗ります。バスは本数が少ないので乗り遅れないようにと、朝はバタバタでした。 中野駅からJR中央線に乗り換え、青梅線から先の朝の山の景色はキラキラしていてきれいで車窓を眺めていたら着いたかんじ。2時間弱ははやかったです。
d0132128_17193770.jpg

バスに乗るひとたちは長い列をつくって待っていました。座席に座れなかっけど、朝の時点では元気だったので大丈夫でした。  バスの中は後ろのほうと、前のほうの座席は中高年ハイカー。前のほうで立っているのは、たぶんトレイルランニングをする若いひとたち。みんな体型がアスリート並。女性のレギンスにカラフルなショートパンツって姿がかわいくて、「私もこれからは、あんな格好して歩こうかな。」と夫に言うと、「あの格好で、そのヘナチョコ歩きじゃはづかしいぞ。」と言われ、たしかにと思いました(笑)
d0132128_1734553.jpg

バスはどんどん山を登っていき、50分くらいかかり「都民の森」に到着。
d0132128_17341622.jpg

都民の森のエントランス前には案内所、売店、トイレがあって、バイクのライダーや自転車のひとたちの、憩の場になっていました。家をでるとき早朝だったのでミニおにぎりを食べてきたのだけれど、お腹がすくから、朝食用に駅でデニッシュを買ってきてしまいましたが、ここでは地元のひとたちのお手製のおやき、だんご、まんじゅう、すいとん汁など美味しそうなものがたくさん売っていました。出来立て酒まんじゅうなんてほんと美味しそうだった。売店の前にはベンチやテーブルもあるし、ここで朝食をするべきでした。
d0132128_17401610.jpg

あまりに美味しそうだったので、帰りに食べました。焼きだんご(¥300)は味噌か醤油のタレをつけてもらえます。私は迷わず味噌。そして、おやき。だんごは少しあまいお餅でできてます。大きい!おいしかった~(背景にピントがあった写真になっちゃって・・・。)
d0132128_17421936.jpg

d0132128_17423047.jpg


いよいよ入場。名称は「都民の森」だけど、入場は無料で受付もないので、都民でなくてももちろんは入れます。この名称はなんだか入場を制限するような誤解をあたえるようなかんじがするな。
d0132128_17451914.jpg

d0132128_1746074.jpg

管理事務所やビジターセンター、レストランがある、森林館までの路にレンゲショウマが咲いていました。初めて見ました。以前、写真でみてから、見てみたいなとおもっていたので、うれしかったです。とてもかわいらしいお花です。
d0132128_17474917.jpg
d0132128_17475676.jpg

これがこの森の拠点となる森林館です。とてもりっぱな建物でした。
d0132128_17521965.jpg


この森の中にはいくつかハイキングコースがあって、山がそのまま施設になっているからコースからそのまま、奥多摩湖方面に出たり、となりの峠の方向にすすむこともできます。森の中にはわかりやすい案内板が各所にあるので、安心して歩くことができます。考えた結果、「生活の森コース」という尾根道から奥多摩湖に眺望が楽しめるという路を歩きました。所要時間 2時間~3時間で、お昼ごはんまで歩くのにちょうど良いし。

いよいよ森の中へ。
d0132128_17573976.jpg

歩く路はせまくて、注意が必要でした。滑らないように。

d0132128_1865990.jpg

d0132128_187126.jpg

きつい登りや下りのときは余裕がなく写真を撮れませんでした。そうやって、私が必死に路をすすめていると、時々行きかうトレイルランニングのひとたちは、小走りでスイスイと登ったり、下ったりしていました。どういう脚力なんだろう。私なんて、歩いてても滑りそうなのに、あんな速さでよく滑らないなと感心します。

登りがつづいたあと、尾根にでるとホットしました。
d0132128_1875897.jpg



この後、奥多摩湖を望めるビューポイント・・なはずだったところにでました。しかし、雲がでてしまったことと、前の木が伸びちゃって、あまり景色が見えなかったりして。
d0132128_1893061.jpg

このコースの一番、盛り上がる場所だったのに、ちょっと残念。こんな風景が見えるはずでした。
d0132128_18103815.jpg

でも、もうすこし歩いて出た開けた場所からきれいな山々が見えました。
d0132128_18114576.jpg


ここからの下りは滑りやすいので、私はかなり注意深く歩きました。これが俗に言う「ヘナチョコ歩き」です。その横をトレイルランニングのひとたちは軽やかに走っていきました。
d0132128_18132473.jpg

このコース、2時間~3時間ってことだっけど、ゆっくり歩いても2時間はかからなかったです。もうちょっと長いコースを歩けばよかったかな。 でも、転ばなくてよかった。森の中はやっぱり気持ちよかったです! 早起きしたかいがありました。
d0132128_18194921.jpg

拠点になる森林館にもどりました。この後、昼食をとって、午後は滝を見に行くコースをすこし歩きます。
d0132128_18195886.jpg

by anjuli | 2009-08-30 18:30 | The Nature in Tokyo

荻窪の喫茶店 グロッケンシュピール

d0132128_20101176.jpg

実家からの帰り、荻窪駅に着くと、夫となんだかおいしいコーヒーが飲みたいねぇ。ってことになり、どこにしようかなって考えました。ふと、独身時代、実家で暮らしていた頃、よく行った荻窪 南口仲通りにある喫茶店 グロッケンシュピールに行ってみたいなとおもって、久々に訪れてみました。2階の窓辺に赤いゼラニウムが見えるお店です。

日曜の遅い午後、この日ドアを開けるとほかにお客さんはいませんでした。ママはあいかわらず、すてき。凛としたかんじの方です。
窓際の一番いい席に座りました。仲通り商店街が見下ろせます。鐘もとても近くに。
d0132128_20102279.jpg

こんなに可愛らしい、エンジェルもいたのね。
d0132128_20103320.jpg

ブラマンジェとブレンドコーヒーを注文しました。(各¥500)やっぱり美味しい。ほっとする。
d0132128_20104235.jpg

このお店ではコーヒーカップを写真付のリストから好みのものを選ばせてくれます。どれもとても趣味の良い、高級なカップです。だんなさんは金色のソーサー。私は白を選びました。とっても素敵なカップアンドソーサー。きれいなカップでいただくコーヒーはさらに美味しく思えます。
d0132128_20105259.jpg

d0132128_2011099.jpg


お店を見渡すと、来ていた頃、15年以上前とかわらない。心のなかで「ただいま」って言いたくなります。私は20代前半くらいの頃から、休日はよく荻窪、西荻、吉祥寺の喫茶店に一人で行って、本や雑誌を読んだり、「ぴあ」をチェックしたり、手紙書いたり。・・・暗いな。  私は内気でママと話したりはできなかったけど、ほっとできるこのお店が好きでした。

今も悩みや不安がたくさんあるけど、あの頃もいろんなことを悩んでたっけ。でも、今 あの頃なにを悩んでたかっていうと、思い出せない。解決したんだかなんだかもわからないけど、きっと 時の流れがとかしてくれるんだろうな。 今の悩みも何十年後かは、そのなかみもすっかり忘れていたりして。

グロッケンシュピールは今も一人でぶらっと来ても、ほっとできるお店です。また、時々 来たいとおもいました。

最近、手打ちそばも初めて、評判が良いらしいです。美味しいお蕎麦とおいしいコーヒーをいただきに、再訪したいとおもいます。

by anjuli | 2009-08-28 20:35

西荻窪 jua cafeのカレー

蒸し暑い夏はやっぱりカレーが食べたくなる。荻窪・西荻窪は美味しいカレー屋さんがいくつかあるので、実家に行く前にカレーでランチ。
西荻でカレーというと、いつも大好きなHUGEに行くのですが、ちょっと冒険してみるかと、こちらも良い評判をきくjua cafeへ行ってみました。
(*追記 HUGEは昨年末、閉店していたそうです。残念です。もっとまめに通えばよかった。あの味は感動的だった。単なるカレー屋さんを超えた、多くのファンを持つお店でした。)
d0132128_19162982.jpg

内装はお店のコピーになっている「アフリカンアートの似合うカフェ」のとおりで、好きなかんじの空間です。
d0132128_19183584.jpg
d0132128_19184241.jpg


カレーランチはミニサラダとコーヒー付で¥980。アイスコーヒーは +¥20でした。
d0132128_1920371.jpg
d0132128_19204385.jpg

チキンのはいったカレーはスパイスが絶妙にきいて美味しかったです。そして、コーヒーが美味しい。アイスでこれだけ美味しいってことは、ホットコーヒーはさらに美味しいんだろうな。この値段で、美味しいカレーとクオリティの高いコーヒーをいただけるっていうのは、うれしい。 私はいつもお店でカレーを食べた後は美味しいコーヒーが飲みたくなって、喫茶店に行くことが多いので。

by anjuli | 2009-08-26 19:26

朝の善福寺公園

先週末、実家に泊まって、日曜の朝食後にだんなさんと母と善福寺公園へ家から歩いて散歩に行ってみました。実家は西荻と荻窪の中間くらいに位置するので、善福寺公園まで歩くとけっこうな距離ですが、その道のりの住宅街では家の前をきれいにガーデニングしているおうちが多いので、歩いていてとても楽しいです。
善福寺公園、下の池の睡蓮が、朝なので、まだ咲いていました。睡蓮はとても好きな花です。
d0132128_1727295.jpg
d0132128_1727143.jpg

ゆっくり歩いて、明るい上の池のほうへ。上の池の中にも睡蓮が咲いていて、ボートで近くまで行って見たかったのですが、「暑いからヤダ」ってみんなの意見であきらめました。
d0132128_17311468.jpg

善福寺公園の池では、数種類の水鳥が見られます。

黒サギ、白サギがいました。
d0132128_17324924.jpg

この日、アヒルが歩いている姿は見ませんでしたが、ここの水鳥はノビノビしていて、よく陸地も歩き回っています。ベンチの下に鴨がかくれていたり。
d0132128_17343185.jpg
d0132128_173438100.jpg

数年前に、実家を改築するとき、両親と兄は善福寺公園から歩いて、3分くらいの貸家に半年以上暮らしました。その頃は泊まりに行っては、早朝や夕暮れの公園を散歩して、この公園の美しさ、素晴らしさを再認識しました。

当時、両親はパグ犬のくーちゃんというワンちゃんを飼っていました。(一昨年に、亡くなってしまいました。) 私と姪が、くーちゃんを連れて、初めて善福寺公園を散歩したとき、いきなり、くーちゃんは陸地を、かっ歩していたアヒルに追いかけられて、とてもおびえてしましました。アヒルっていうのは水の中を泳いでいるときより、陸を歩いている姿はけっこう大きくて、初めてアヒルを見たくーちゃんには衝撃だったのでしょう。
そして、その後、さらなる衝撃がくーちゃんをおそいました。   池のほとりを歩いていたら、赤いチョッキを着たワラビーが、ひとり散歩していたのです。二本足で立って、池をながめるワラビーを見たくーちゃんは、しばらく呆然と眺めて、「あれはなんだ!?」というおどろきの目で私を見上げました。そしてその直後、ものすごいジャンプ力で飛んでいった、ワラビーを目の当たりにした、くーちゃんは恐怖で、一瞬 動けなくなりました。 
その後、あの赤いチョッキを着たワラビーを二度と見なかったのですが、姪もいっしょに見たので あれはマボロシではなかったとおもいます。ひとに言うと、こんな東京の公園でワラビーが一人散歩してるか!?ってバカにされて、信じてもらえないのですが。

それ以来、くーちゃんは、善福寺公園を珍獣がいる恐怖の地とおもってしまったのか、好んで行かなくなってしまいました。あんなに犬の散歩には最高な公園だったのに(笑)



インコのピーちゃんです.

by anjuli | 2009-08-24 18:09

お世話になってますMUJI スキンケア用品

私は15年以上、日本の化粧品会社大手、某S社の刺激の少ない、敏感肌用のシリーズの化粧品をつかっていました。ナチュラルズっていう。 とても自分にあっていたし、人参の香りも好きで気に入っていました。しかし、このシリーズは今年で製造中止になり、いつも買っていた化粧品店のひとから、同社のまた別の敏感肌用シリーズに変えてみてくださいって言われてました。このすすめられたシリーズは今まで使っていたものより値段が高く、量も少ないので、言われるまま、購入するのはしゃくだなと思ったのと、私が化粧品にそんなお金をかけたところで、私なんぞに誰も関心ないし、いいことなんてないじゃんと開き直りに近い心境にもなり、安い基礎化粧品にかえることにしました。
d0132128_19385184.jpg

値段が安めなものをいくつか試したのですが、やっぱりアレルギーもある敏感肌なので、使用後に赤くなったり、いたくなったりと、なかなかあうものがありませんでした。そんななか、 MUJIのスキンケア用品の高保湿の化粧液と乳液をつかってみたところ、とっても調子がよいので、ここ数ヶ月つかっています。これに、夜は 「まかないコスメ」の美容液を1滴つけて、ばっちり。  最近まで気づかなかったけど、MUJIのスキンケア、コスメ売り場はとっても充実しているんですね。有楽町店は特に楽しいです。ボトルの色がきれいだしやデザインもシンプルでかっこいいし。 お肌のタイプ別に種類も豊富で、安い!私が使っている高保湿タイプは化粧液が¥1800、乳液¥1600。もう、おしみなくジャバジャバつけています。 安いんだけど、MUJIのスキンケア用品の中では一番値段が高いので、高いもんつかってるって気分(笑) 
MUJIのスキンケアとコスメが気に入って、いろいろ購入してます。夫用の男性スキンケア用品は¥800だし。香料が苦手の夫もすっかり愛用。あと、ボディミルクとか、リキッドファンデーションなんかも安いし遜色ないです。

今まで買ってた化粧品の値段を考えたら、とってもお金がういて、その分でレストランでのディナー1回分くらいになるから、うれしいです^^  またケチケチ話しちゃった(笑) でも、やっぱり徳するってうれしいんですよね♪

by anjuli | 2009-08-21 19:45

群馬での三日間

夫の群馬の実家での3日間は、あまり遠出せずに家の近くの地もてぃスポットに出かけたりしました。

おかあさん(姑という言い方が好きでないので、おかあさんといいますね。)に連れていってもらった、葡萄園。1箱(2kg)、葡萄を買ってくれて私たちへ持たせてくれました。吉岡町にある、小倉ぶどう郷というぶどう園です。房が大きくて、実がしっかりしていて、とても美味しい葡萄です。葡萄園はほんとに涼しくて気持ちよかったです。
d0132128_1918347.jpg

d0132128_19185751.jpg


そして、私のお気に入りスポット、「食の駅ぐんま」3日間の滞在で、2回行ってしまいました。
d0132128_19231777.jpg

ここは民間の経営ですが、群馬の美味しいものがほんとにたくさん売っています。群馬産以外の美味しいものも。とにかく広いし、スーパーマーケットのようにここに来ればたいていの食材が揃います。海のない群馬だから、魚は他県のもの。 惣菜、パンやお菓子も美味しいです。特に目の前で作っていた、群馬産の豚肉をつかった出来立てメンチカツはくせになる美味しさでした。帰る前にも寄って、地元産ブルーベリー、小玉すいか、お菓子など買って帰りました。
d0132128_1929119.jpg
d0132128_1929639.jpg
d0132128_19291362.jpg
d0132128_19292085.jpg

食の駅の奥にカフェスペースがあります。ここも2回来ました。
d0132128_19315642.jpg
d0132128_193236.jpg

私が好きなのが、この地元の素材でつくったミニソフト(¥100)。量が適量でいいし、味が濃厚でとっても美味しいです。コーヒーは¥120という安さですが、豆を挽くところから淹れているコーヒーなので、香りがあり、本格的な珈琲店の味です。
d0132128_19321094.jpg


この食の駅の近くにある、日帰り温泉「湯の道 利休」にもおかあさんと夫と3人で行きました。
d0132128_19521334.jpg

d0132128_19525090.jpg
とてもきれいな施設で、やっぱり温泉天国 群馬だけあって安いです。東京価格の1/3くらいですね。 岩盤浴は二人で¥500ってクーポンを持参したので、ほんとにお徳感がありました。群馬は山の温泉もいいけど、こういう町中の民間のきれいな施設もたくさんあって、行く場所を迷うほどです。おかあさんも二人の妹さんたち(私たちの叔母)と、あちこち行っているらしいです。おかあさんは毎日、温泉に行っているから、70代でもお肌がぴちぴち。

今回、群馬からの帰りは高速バスを利用しました。東京駅や新宿駅から、伊香保温泉、草津温泉、四万温泉(ここはオススメですよ~) へ高速バスがあります。私たちは途中の渋川駅から利用したので片道¥2200。帰省Uターンラッシュの14日でしたが、3時間くらいで、東京駅に着きました。この日はゆったりしたバス内に乗客6人くらいしかいなくて、スペースをたくさん使えて、楽でした。このバスは東京から群馬の温泉へ行く人には、なかなか使えるんじゃないかな。

ぜひぜひ、群馬の温泉にお越しくださいませ001.gif

by anjuli | 2009-08-19 19:52

群馬わたらせ渓谷鉄道に乗ってきました。

d0132128_15311491.jpg
お盆休み、だんなさんの実家、群馬に帰省しました。いつもは、帰省客で満員で通路に立ちっぱなしの新幹線を利用するんだけど、今回はちょっと変えてみようかということになりました。やっぱりとりあえず、座っていきたいので。北千住から東武鉄道の特急「りょうもう」を利用して、桐生まで行き、両毛線に乗って前橋方面の実家に行くコースをとることにしました。東武の特急は前日でも余裕で指定席をとることができ、しかもJRに比べて安いのが嬉しいです。せっかく桐生を通るので、まだ行ったことがない、わたらせ渓谷鉄道に乗ってみました。

8月13日はお盆休み真っ只中で、渓谷鉄道も混んでるかなとおもったけど、この日はみんな首都圏からの移動日でまだ、目的地に着いていないのか、とても空いていました。窓から見える渓谷も涼しげ。なんだかのんびりムード満点。
d0132128_15333511.jpg

d0132128_15362562.jpg
d0132128_15363137.jpg


d0132128_16492097.jpg
神戸(ごうど)という駅内に食堂があると聞いたので、降りてみることに。なにもない駅だけど、景色は美しいです。
d0132128_1534465.jpg

d0132128_15351349.jpg

駅にある、古い列車の車両を利用した食堂「清流」にはいってみました。まいたけご飯定食そば付(¥1200)。
この真夏の時期は冷房の効きがいまいちで、汗だくになって食べてました。
d0132128_15374255.jpg


d0132128_1538891.jpgd0132128_15382374.jpg









列車の本数は多くないので、午後1時台の登り列車に乗り、これまた駅内にあるという水沼駅の立ち寄り温泉に行きました。
d0132128_15423192.jpg

水沼駅内にある水沼駅温泉センター。かっぱ伝説からきている、かっぱのキャラクターが迎えてくれます。
d0132128_15471662.jpg

内湯のほかに、この渡り廊下の奥に、前面に緑美しい山を眺めることができる露天風呂「かっぱ風呂」があって、出たところにはかっぱ喫茶がありましたこのテラスは涼むのにとても気持ちの良い場所でした。
d0132128_15503140.jpg

d0132128_15494912.jpg


駅の中にあるので、なにしろ列車出発時間直前までいることができるから便利。素朴な雰囲気のいい温泉でした。
お風呂で一緒になった60歳くらいの女性と話していたら、その方は星野富弘美術館からの帰りで、美術館が素晴らしかったと感激されていました。神戸駅からバス星野富弘美術館へ行けるバスがあったので行けばよかった~。無計画で来てしまったことが悔まれます。まぁ、次回の楽しみにしよう。 このわたらせ渓谷鉄道は紅葉の時期もきれいそうだし、桜の時期もよさそう。かっぱ喫茶の前にも桜の大きな木がありました。 

この東京から東武鉄道で桐生経由の帰省、寄り道がなかなかおもしろいって発見しました。

by anjuli | 2009-08-16 16:07 | Gummma 群馬 温泉や食べもの

江戸川橋 関口フランスパンでランチしました。

東京メトロのフリーペーパーでこの「関口フランスパン」を知り、行ってみたいわ~とおもって、休日のお昼にいってみました。ほんとは、朝食として行きたかったけど、休日の朝、グダグダしちゃって、なかなか早い時間に出かけられなくて。
メトロ有楽町線 江戸川橋で降りました。今までまったく用事のない場所で初めて来ます。駅から出ると、神田川が見えました。ここの神田川は川幅がひろい。川の水が意外ときれいで、涼しげでした。
d0132128_1142280.jpg


関口フランスパンに到着。このお店、明治21年教会の製パン部として創業し、120年の歴史で、それは日本のフランスパンの歴史といっても、過言ではないそうです。リンクしたこちらのお店のHPに詳しくかいてあるので、興味のある方はみてみてください。

d0132128_11471848.jpg

この本店はパンを売る店舗の奥にカフェスペースがあります。屋内もモダンな内装で落ち着くけど、このテラスも素敵。でも、この日はあまりに蒸し暑いので、中にしました。
d0132128_11494870.jpg

フリーペーパーの写真で見て、食べたかったローストビーフサンド(¥683)、だんなさんはBLTサンド(¥630)。これにビシソワーズスープもつけました。ドリンクやスープもファーストフードショップくらいの値段ってところが、うれしい。
d0132128_11552652.jpg

d0132128_11553651.jpg
d0132128_11554530.jpg


ローストビーフサンド、期待とおりとっても美味しかったです。味のレベルは一流ホテルのカフェレストランの味に近いとおもいます。サンド用のパンがうすくて食べやすいし、うすい卵焼きがはいっいて、食べやすくておいしい。BLTサンド、スープも大満足の味でした。

帰りにショップで、チーズ入りのフランスパンやお菓子を買って帰りました。これがまた美味しくて、感動。フランスパンは、外がパリパリしながら、中が柔らかくて、風味、味も絶妙でした。私は東京で売ってるフランスパンって、かたくてよく、口の中が切れたりするので、(それか全体がフニャッとしてたり)あまり買うことがなかったけど、ここのお店のはまったくそんなことないです。フランスパンの美味しさを発見しました。

帰りはこのお店から神楽坂まで、ぶらぶら散歩しました。けっこう近いし、小さな店を発見したり楽しい散歩でした。 江戸川橋って、ちょっとあんまり用のない場所だけど、このお店のためだけに来る価値があるな。次回はやっぱり焼きたてパンのある朝食に来たいです!

by anjuli | 2009-08-11 12:04

夏の冷たいデザートnana's green tea の抹茶白玉フローズン

休日にまた、神田神保町からスポーツ店街の小川町をぶらぶら歩きました。 ハイキング用のトレッキングシューズを買おうとおもって。 夏の午後は蒸し暑くて、なにか冷たいものを食べたいとおもって、最近 気に入っているnana's green tea 御茶ノ水店でやすむことにしました。

やっぱり、街の暑さのなか、みんな涼をもとめてきているのでしょうか、日曜の午後はすいているこのお店でしたが、けっこうひとがいました。でも、2階席は適度なほっとかれ具合が心地よくて、勉強しているひと、居眠りしているひとなど、リラックスムードが漂っていました。
d0132128_101937100.jpg

抹茶白玉フローズン(¥600)に¥50のあずきのトッピングをしました。あずきがくわわると、私には、もうゴールデンコンコンビネーションです。 ここは抹茶の味が濃くおいしくて、甘さがおさえてあるので、私は好きです。
d0132128_10261179.jpg



さて、購入したトレッキングシューズ。トレッキングシューズってごっつい男っぽいデザインのものが多いので、ホーキンズのお花柄が入ったシューズを選びました。値段も手頃だったし。(トレッキングシューズって2万円くらいするものが多いから。)
これをはいて、早くハイキングに行きたいな~ 冬はこの靴に専用スパッツをつけて、スノーシューもしたいとおもいます。
d0132128_1031624.jpg

by anjuli | 2009-08-08 10:32 | 神田神保町のまちで