人気ブログランキング |

<   2009年 06月 ( 13 )   > この月の画像一覧

ランチに築地 コリントでパンケーキ

まえに、行った築地のコリントのパンケーキがずっと食べたかったのだけれど、ここのパンケーキは私にとって、おやつにするには、ボリュームがありすぎるので、土曜日のブランチとして食べに行きました。朝食は果物だけにして、お腹をへらして、いざっ。(前回のコリントの記事はコチラ

夫は築地市場 場内で食べてきたいってことで、築地に着くとわかれて、私がいるコリントでおちあうことにしました。

築地 朝日新聞ビルのとなりの浜離宮ビルの地下へ。
d0132128_15403240.jpg

オフィスビルである、このビルのはいっているお飲食店は、休日はすいていてとても静かです。このお店、店内は全面ガラスの窓から光がほどよくはいって、明るくて気持ちよいです。
d0132128_15421171.jpg


私はまたしても、大好きなフルーツパンケーキ(¥700) プラス¥250円でコーヒーなど飲み物をつけることができます。

すごいっ。パンケーキも大きくて美味しそうだけど、夏のフルーツ メロンがある!しかも大きい! (パンケーキが巨大で大きく見えないけど、メロンはかなり大きい。)フルーツはメロン・パイナップル・バナナ・オレンジ。もうっ、大満足。 このメロンは後から来る夫にものこしてあげないとだなと、夫が来るまでとっておくことにしました。
d0132128_1543622.jpg

シロップは3種。メイプルシロップ・蜂蜜そして、抹茶味のシロップ。抹茶味はちょっとした苦味があります。蜂蜜をメインに抹茶をちょっとアクセントにかけてみました。
d0132128_169162.jpg

朝食もひかえてきたけど、やっぱりこのパンケーキを私ひとりで食べるのは、たいへん。後から来た夫に手伝ってもらいました。 メロンをのこしてあげたことを恩着せがましく言ったら、「それより、この大きなパイナップルを一人でたべちゃったのか?!」って。夫はパイナップルも大好き。パイナップルと甘いパンケーキはとてもあうので、つい全部食べちゃった。やわらかくて、おいしかった。

前回、来たときにメニューにあった「200%ジュース」ってものがとても気になったので、夫が注文してみました。200%フレッシュオレンジジュース(¥750)
d0132128_15515361.jpg

お店のひとに聞いてみたら、200%ジュースとは、たとえばオレンジジュースだと、オレンジ2コを手絞りして、他の水分をいっさい混ぜないでつくるジュースだそうです。厳密にいうと、それが200%って表現できるかっていうと、「否」っていうひともたくさんいるかもしれないけど、なんとなく伝わるし、おもしろいし、いいじゃんっておもいました。濃厚な味のとってもおいしいジュースでした。手絞りだから、テーブルにきてすぐはあまり冷たくないので、ちょっと待って氷がすこし溶けて冷たくなるのを待ってみました。(・・・でもそれは氷の水分が加わり、190%ジュースになってしまうかも 笑 )  

しかし、あのてんこ盛りフルーツパンケーキよりこっちのジュースが¥50高いっていうのが、不可解。 パンケーキが安いのか、200%ジュースが高いのか・・・・。



このお店の看板です。コリントのスペルは"CORIMTH"になるようです。コリントって古代ギリシャの地名なのでしょうか。このスペルは実際、正しい発音をしようとすると、そうとう難しそう。
d0132128_1644054.jpg

by anjuli | 2009-06-28 16:05

また亀戸へ。

用事があって、昼間の亀戸に行ってきました。私は昼間の亀戸に時々、行くんだけど、町には元気な年配の方たちが多いです。メインストリートの商店街には演歌専門CD・カセットの店があって、毎日 日替わりで演歌歌手の人が営業で来てライブをして、盛り上がっています。 ある日は店から溢れんばかりのおじいさんたちがいて、なにがあるんだと思ってのぞくと、若手美人演歌歌手が来ていました。この店には大御所から新人までたいていの演歌歌手のひとたちが来ています。

おじいさんたちの会話がちょっと聞こえると、どうやらお友達から「これから飲みにいこう」って誘われてたみたいだけど、「ごめんっ。今日は帰って”家族に乾杯”見るから、だめだ。」って。「家族に乾杯」とか「田舎に泊まろ」とか、年配の人たちに人気があるんですね。私も見てるけど。

用事を終えて、小腹がへったので、駅ビルのアトレの地下一階のキャラバンコーヒー、イートーインコーナーに行きました。キャラバンコーヒーはもちろんコーヒーがとても美味しいけど、亀戸のキャラバンコーヒーには「クリームあんみつ(¥400)」があります。 おいしいです。
d0132128_19511037.jpg


先日、来て売り切れで店が閉まっていた。亀戸餃子にも寄りました。
d0132128_19531611.jpg

餃子は5個 ¥250で10個から持ち帰りできます。店内で食べてる人たちを見てたら、食べていきたくなったけど、がまん。 餃子はさっぱりしていて、何個でもいけそうなかんじ。ニンニクはそんなにはいっていませんでした。
d0132128_19551876.jpg

by anjuli | 2009-06-26 19:55

御茶ノ水のnana's green teaでひと休み

休日のお決まり散歩コースで、日本橋から神田神保町、 御茶ノ水あたりまで歩き回って、ひと休みにお茶の水のnana's green teaに入りました。

nana's green teaはチェーン店で自由が丘や新宿にもあるけど、休日にこんなに空いているのは御茶ノ水ならでは。この近辺は平日はオフィスで働く人や学生で賑わっているけど、休日は人が少ないんです。

d0132128_21384282.jpg

一階はほとんど人がいない。
d0132128_2139985.jpg

抹茶白玉フロート(¥600) グリーンがきれい! 美味いし~! 私は白玉が大好き。さぁ、食べる前に手を洗ってこようってことで、戻ってくると、なんだか白玉が減ってるような。「私の白玉食べたでしょ~?!」って横の夫に、キレルと、「ほんと、食べてないって。」ってよく見たら下のほうに白玉、しずんでました。白玉に関しては心がせまくなってしまいます(笑)
d0132128_21391746.jpg

このお店の2階のカウンターに座って、窓の外の緑を眺めて、手元のグリーンの抹茶白玉フロートを食べてると、小さな幸福を感じました。もっと白玉がはいってたらいいのに・・・・。
d0132128_21483636.jpg

by anjuli | 2009-06-23 21:45 | 神田神保町のまちで

亀戸でホルモン食べてきました。

Horumonyaki izakaya in Kameido,Tokyo.
昨日、夕方くらいから夫が美味しい餃子が食べたいと言い出し、亀戸餃子に行こうということになって、なぜか我が家から2時間弱かけて歩いて、総武線 亀戸駅に向かいました。(バスでも行けるんだけど)

亀戸のショッピングモール”サンストリート”に寄ったりして、亀戸駅には夜7時くらいに着き、亀戸餃子のお店に行くと、なんと「本日は品切れ」で、もう閉まっていました。せっかく歩いてきたのに (ま、好きで歩いてるんだけど) 目的のお店が閉まっていてすっかり落ち込んで亀戸駅横の路地を歩いていると、そこかしこに行列が。なんだろうとおもうと、ホルモンのお店でした。

せっかく、亀戸に来たから亀戸らしい店にはいろうと、ホルモン青木1号店に入ってみました。
d0132128_11363637.jpg
d0132128_11364256.jpg


私たちの通された2階は座敷で、上がりくちも狭いので、自分の靴をビニール袋にいれて席まで持って行きます。 ホルモンはどれも¥600くらい。モヤシナムルやきゅうり漬けは¥300。私はメニュー内で乳酸菌、ヨーグルトの飲み物をおしていたので、ヨーグルトドリンク(¥300)を注文してみました。ものすごい濃厚でした。デザートとして最後にたのめばよかった。
d0132128_1138285.jpg

d0132128_1139652.jpg
d0132128_11391259.jpg
d0132128_11391853.jpg
d0132128_11392473.jpg
d0132128_11393389.jpg


ホルモンはやわらかくて美味しかった。実はホルモン屋にはいったのは初めて。なかなかおもしろい(^^)
亀戸にはホルモン屋がけっこうあってどこも行列。「亀ホル」ってことばがあるそうです。
d0132128_11453673.jpg

こんな看板をみつけました。
d0132128_11444468.jpg


夜の亀戸。初めて来たけど、ちょっとディープなかんじで、おもしろそう011.gif

by anjuli | 2009-06-21 11:47

休日の あきる野 歩き

Walking in Musashi itsukaichi,Akiruno.
先週末に、「なんか、きれいな緑の中歩いて、温泉にもはいりたいね~」と朝9時の時点で言っていて、この時間から用意して行けるところっていうと、東京 西多摩 あきる野だねってことになり出かけました。

お昼12時前には武蔵五日市駅に着き、「おいしいうどんかそばが食べたい。」とダンナさんが言い、駅の観光案内所で聞いて、教えてもらったお店に行ってみました。駅前の国道を少し歩けば着いたので便利でした。お店まで、車の通りの多い国道を歩いていて、ふと横を見ると、ニワトリが一羽いっしょに歩いていたけど、あれはなんだったんだろう。

初後亭
このお店はうどんの小麦の栽培から店主が自らしていて、(夏季はお蕎麦の旬でないので、うどんのみで営業しています。)お店の建屋も手作りだそうです。地元の木材をふんだんにつかった、木の香りのする気持ちの良いお店でした。
Hatsugotei ,Udon shop.
d0132128_18371636.jpg

d0132128_18375682.jpg

窓の横はせせらぎが下に流れていて、川からのひんやりした風がはいってきます。
d0132128_1840055.jpg

d0132128_1840112.jpg

季節野菜のぶっかけうどん大根おろしのせ(¥850)と肉汁うどん(¥850)を注文しました。
d0132128_1841772.jpg
d0132128_18411373.jpg

野菜ももちろん、あきる野で採れた新鮮な野菜。このお店はてんぷらはなくて、蒸し野菜といっしょにうどんを食べるスタイルです。私はさっぱりしているのが好きだから、とても気に入りました。うどんもコシがあって、収穫したての小麦から作ってるから、新鮮なんだな~って実感します。なによりちょっと、茶色がかっているところが気に入りました。栄養がありそう。パンもお米もそうだけど、真っ白じゃないほうが、なんだか身体に良さそうです。食後にプリン(¥300)も食べました。これも、卵の味が濃くておいしい。
d0132128_18462691.jpg


この後、南沢あじさい山まで歩いて、瀬音の湯に行こうってことで歩き始めました。駅前の交番で道を聞いたら、交番のお巡りさん、お手製の地図をもらうことができました。これが縮尺もあっているし、よくできていて、とっても役立ちました。
国道からちょっと、山のほう歩いていくとすぐに、こんな美しい風景に出会えます。
d0132128_18485892.jpg

地図にかいてある、諏訪神社に行ってみようと、農作業中の80代くらいのおじいさんに「諏訪神社へはどう行けばいいですか。」って訊ねてみると、「諏訪神社」って私が言ったところで、目がキラッとしたなとおもったら、おじいさんは神社にゆかりのある方らしくて、諏訪神社についてのおはなしをたくさんしてくれました。蛇が御神体だそうです。しばらくお話して、ありがとうございましたと、ちょっと景色のきれいな方へ寄り道していたら、ふり向くと、おじいさんが「神社はあっちだよ。」と遠くからジェスチャーしてくれました。ずっと私たちを心配で見てくれてたんだなって、おもわず笑みがうまれました。

諏訪神社の鳥居は赤と緑とういう、モダンな(なんていったら、おこられるかな)カラーで、かっこよかったです。
Suwa Shrine
d0132128_1856752.jpg

本殿でお参りすると、向こう側には山の美しい緑が見えてとても清々しい気持ちになりました。
d0132128_18593352.jpg


お参りを終えて、南沢あじさい山へ歩きます。
d0132128_1901762.jpg

この辺りには美しい石垣が多く、風景を引き立てています。
d0132128_1911543.jpg

30分くらい歩くと、看板が見えてきました。
d0132128_1914875.jpg

この看板からさらに30分以上歩きました。登りになるのでけっこう疲れます。この看板にでている深沢小屋でお茶するのを楽しみにしていたけど、3時過ぎに着いたとき、準備中の看板がでていました。残念。森の中で食事を楽しめる素敵な場所だったみたい。
hydrangeas in the Mt.Minamisawa .
d0132128_1943698.jpg

d0132128_1944368.jpg
d0132128_1944833.jpg
d0132128_1945487.jpg
d0132128_195144.jpg


紫陽花はこの日、まだちょっと早かったらしく、色がうすかったけど、美しい風景でした。なにしろ人が少なく静かで、来てよかった~と思えました。 6月中旬になるこんどの週末あたりが見頃になるのでしょうか。

このあと、金比羅山の尾根となる林道をひたすら、瀬音の湯まで2時間以上歩きました。
d0132128_199581.jpg
d0132128_1991257.jpg

あまり整備が完全でなくて、土砂崩れが心配な箇所もありましたが、美しい風景を楽しめました。ウグイスのこえが絶え間なく聴こえてきて、歩くことが楽しかったです。

やっと里に戻ってきたときは、うれしかった。
d0132128_19114581.jpg


そして瀬音の湯に到着。今回のコースはあまくみてたけど、けっこう歩きました。瀬音の湯のカフェでのアイスコーヒーを楽しみにしていたのに、カフェは5時閉店でした。早すぎだよ~ 3分過ぎただけなのにぃ。ちょっとテラスの椅子で休んで、水分とってから入浴しました。
SPA "Seoto no yu"
d0132128_1934662.jpg
 
d0132128_19174369.jpg


瀬音の湯には地元の物産の直売所を併設していて、野菜やおいしい手作りうどんも買えます。私は、毎回 野菜をかならず買って帰ります。いつも畑仕事をしている人に道をきくので。この美しい風景の中で,やさしい人たちが作っている野菜はやっぱり美味しいです。

by anjuli | 2009-06-18 19:18 | The Nature in Tokyo

千疋屋総本店 Caffe di FESTA でアボガドピザトースト

日本橋三井タワー 千疋屋総本店フルーツショップの隣にある、千疋屋のカジュアルカフェ
Caffe di FESTA でお昼ごはんとして、アボガドピザトーストを食べてみました。
d0132128_19193064.jpg

飲み物とセットで¥600
d0132128_19194112.jpg

厚切りのトーストにアボガド、チーズがたっぷり。粉チーズもかかっています。
d0132128_19211777.jpg

          アボガドをトーストにのせるって、やってみたこなかったけど、
          これはなかなかいけますよ~058.gif

by anjuli | 2009-06-16 19:25

オーダーメイド くみひもアクセサリー完成しました。

My handmade Kumihimo jewelry  Kumihimo-Japanese form of braid making

先日オーダーをいただいたアクセサリー。無事、納期に間に合い、発送を終えました。お客様の許しを得て、お客様がこのアクセサリーを身につける結婚式前ではありますが、ちょっとブログアップしちゃいます。

the works for special order
d0132128_1247356.jpg

花嫁さんのお客様は披露宴のパーティーで、和装ドレスを着られます。ドレスはゴージャスな日本の着物の生地と黒いベルベットをデザインされた、とても大人っぽい美しいドレスでした。
アクセサリーで、花嫁の可憐さを表現できたらなとおもって、くみひもでお花のモチーフをたくさんつくってみました。ネックレスのお花は引き輪がつけてあり、取り外しができます。普段のおしゃれに身に着けるとき、お花がちょっと派手だと、取り外せるほうがいいかなとおもいました。
 装飾はスワロフスキークリスタルを中心にベルベッドリボンなど黒色をアクセントカラーに。
赤と朱色系ピンクの紐はおたがい、少量をいれて、細かい柄になっています。私はスッとなめらかな紐より、糸の量を均一にしない、ちょっとごつごつ感のある紐の表情が好きです。なめらかな紐は機械でもできるけど、ごつごつ感はひとの手仕事ならではのものだから。

d0132128_12485195.jpg

ブレスレット
Bracelet
d0132128_12483629.jpg

イヤリング
earrings
d0132128_12485919.jpg

髪飾り。
髪飾りはあえて、コームやかんざしなどにつけていません。そのほうが、ヘアスタイリストさんが使いやすいかなとおもって。裏側はベルベットリボンで巻いて、縫い付けてあります。リボンの間から自由な方向にピンを通すことができます。
Hair accessories
d0132128_1249588.jpg


今回の作品は、裁縫仕事が多かったです。初めてオーダーで注文を受けてみて、とてもやりがいがあり、楽しかったです。しかしながら、反省点もありました。

これからも、ネットショップ開設に向けて、楽しく自分の歩調で、くみひもアクセサリーを作っていきたいとおもいます001.gif

by anjuli | 2009-06-14 13:00 | 組ひもアクセサリー☆キヌノイロ

吉佐美大浜に到着。そしてランチ。 Travels in Shimoda(5)

Walking on the Cape Tarai trail and beaches hopping in Shimoda!
From Yumigahama beach to Ohama Kisami beach.


またまたトンネルを通ると、そこは吉佐美大浜でした。今回のハイキングの最終地点。弓ヶ浜から吉佐美大浜まで私たちは4時間くらいかかっていますが、これはおもいっきり道草しているからで、まじめにちゃんと歩けばせいぜい2時間半くらいで来れます。
d0132128_18152543.jpg

吉佐美大浜は美しく広い砂浜のビーチです。
Ohama Kisami Beach
d0132128_1816264.jpg


家族連れが海辺で遊んでいたり、サーフィンをする人たちがいたり。ひとりでまったりしている人もいるし。
d0132128_18165913.jpg

海水はとてもきれいです。
d0132128_18174194.jpg

d0132128_18175175.jpg

ほんとうに、美しくていい浜辺です。ずっといたくなる。   ずいぶん前の夏に南フランスを旅したことがありました。モナコだったかカンヌだったか記憶が曖昧ですが、船に20分ほどのったところにある小さな無人島に、海水浴をしに行きました。とてもおだやかで静かなビーチでした。 そのとき、私たちの横に70歳くらいの、趣味の良い水着にシャツをはおった女性がひとりで、持参した椅子に小さなパラソルをさして座り、これまたステキなサングラスをかけて、小型犬と一緒にビーチでくつろいで、雑誌を見たりしていました。そのとき「なんて、かっこいいんだろう!」ってマダムを見て、感銘を受けました。 私たちもあのマダムみたいに、おじいさん、おばあさんになっても、いつか私がひとりになっても(どっちが先かわからないけど。) この海に来ようとおもいました。 吉佐美大浜はそんな愛着が生まれるような、美しくおだやかな浜辺です。

もう午後2時。お昼ごはん食べないと。吉佐美大浜周辺には洒落たカフェレストランが点在しているのですが、どこがいいかわからないので、笑顔のステキなサーファーの女性に話しかけて「このあたりで、テラス席のあるおススメのお店ありますか。」と訊ねてみました。 すると「あそこにあるサニーサイドというお店は観光地価格の高い値段でなく、テラスもあるし、なかなか美味しいですよ。」と道路沿いにあるお店をおしえてくれました。

サニーサイド。テラスから海が見えます。お料理はイタリアン風で、カレーライスもあります。飲み物も豊富でした。
Cafe Restaurant"Sunnyside"@Ohama Kisami Beach.
d0132128_1832482.jpg

d0132128_1833191.jpg
d0132128_18332643.jpg

まずはビールっていっても、夫がたのんだもの。最初の一口だけぐびっ。あとはアイスコーヒー。
d0132128_18351448.jpg

お料理、美味しかったです。値段も適正価格。サーファーの女性にきいてみてよかった。 入店したとき、店内はお客さんの会話の英語、フランス語がとびかっていました。吉佐美大浜は外国人の方がほんとうに多いのです。まるで東京の広尾や麻布のようです。下田全体がというわけでなく、吉佐美大浜に外国人が多いというのが不思議です。やっぱり、おだやかで、海も美しいという魅力があるからかな。
d0132128_1839519.jpgd0132128_18392326.jpg












d0132128_18395460.jpgd0132128_1840849.jpg











お料理も美味しかったけど、このデザートで注文した天草をつかったジュレ。とっても気に入りました。このお店は朝から夜まで営業しているので、便利そうです。
お腹いっぱいになって、ビールの酔いも心地良くて、ビーチに寝転んでちょっと昼寝したくなりました・・・・が、そろそろ帰らないと。


帰りはここから、国道136号線にある「吉佐美」のバス停まで、こんな道を歩きました。この木道の下には小さな蟹がたくさんいました。
The way to the bus stop"Kisami” on the R136 for Izukyuu Shimoda Station.
d0132128_19115489.jpg

d0132128_1847204.jpg
d0132128_18473066.jpg
d0132128_18473654.jpg

一日下田の海沿いを歩いて、おおげさだけど、私の生きている世界はなんて美しいんだろうって、あらためて思いました。この旅の前、クヨクヨしている自分がいたけど、この旅ですっかり明るい気分になれました。
こんどはいつ、下田に来れるかな~001.gif

by anjuli | 2009-06-11 18:57 | 南伊豆 下田 Shimoda,Izu

下田 海岸めぐり 田牛海岸までのみち Travels in Shimoda(4)

Walking on the Cape Tarai trail and beaches hopping in Shimoda!
From Yumigahama beach to Ohama Kisami beach.


タライ岬から海までくだると、その先の道は森の中でした。
Trail in the forest
d0132128_18514191.jpg

この森の中の道が良く整っていて、歩いていてとても楽しく気持ち良い道でした。野鳥のさえずりが音楽のよう。
d0132128_18533310.jpg

しばらくこの森の中を歩くとまた、海岸にでました。
d0132128_18541465.jpg

この浜辺から、トレイルをすこし歩いた場所は絶景ポイントで、このなんともいえない自然の造形と青い青い海の景色に感動。お昼くらいになると、天気がすっかり良くなってきました。この下田の海をみてると、カヤックしたくなる。
d0132128_18565331.jpg

狭いトンネルを通り過ぎると、そこは田牛(とうじ)海岸。
Touji Beach
d0132128_1858263.jpg

海の色、海水がとてもきれいです。泳ぎたいな~。
d0132128_18584940.jpg
d0132128_18591339.jpg

ここは田牛にある龍宮屈。とりあえずはいってみました。(無料だし)
d0132128_192678.jpg

岩が大きくて迫力。とても神秘的な光にみえました。
d0132128_1921668.jpg

田牛のサンドスキー場。 真夏だったら、暑そう。でも海で泳ぎながらだったら、ちょうど良いかな。みんな楽しそうでした。私は怪我したらいけないので、やめときました。チビっ子に混じる勇気もなかったし。
The down hill for sand skiing at Touji beach.
d0132128_1911175.jpg

d0132128_19193635.jpg

d0132128_19112494.jpg

サンドスキー場前の海もとってもきれいです。岩のかたちがなにしろおもしろい。
d0132128_19114633.jpg


また、トレイルに戻り、道路をあるきます。車はほとんど国道136号を通るので、あまり車はきませんでした。
碁石浜の別荘地が見えてきました。赤い屋根に統一されていて、外国のような雰囲気です。
d0132128_1915793.jpg

碁石浜。ここはプライベートビーチで、この時期は入れませんでした。小さいけど、とても美しいビーチです。
Goishihama beach
d0132128_19163378.jpg


この先はいよいよ吉佐美大浜。

by anjuli | 2009-06-09 19:20 | 南伊豆 下田 Shimoda,Izu

下田海沿いをハイキング 弓ヶ浜から タライ岬へ Travels in Shimoda(3)

Walking on the Cape Tarai trail and beaches hopping in Shimoda!
From Yumigahama beach to Ohama Kisami beach.


Yumigahama beach,Shimoda
10:00am
d0132128_1255729.jpg

5月30日、弓ヶ浜の休暇村ホテルを朝10時頃チェックアウトすると、両親、兄、姉家族と別れました。歩いて、下田駅まで行こうとおもうという私たちに(結局 吉佐美からバスに乗ったけど)、母たちは「だいじょうぶなの?! 駅まで車でいっしょに行こうよ。」って行ってくれたけど、このハイキングも楽しみで下田に来たわけで。
10時くらいの弓ヶ浜はこの日、空はあかるいんだけど、モヤがかかって、なんだか幻想的な風景でした。
d0132128_12101448.jpg


弓ヶ浜から下田駅方面の海沿いを歩きます。とりあえずタライ岬めざして、この「タライ岬遊歩道」をすすみます。
d0132128_12114112.jpg

しばらく、舗装された細いみちをあるくと、視界がひらけて、また海が見えてきました。
d0132128_12125026.jpg

d0132128_12134028.jpg

d0132128_1213580.jpg

そして、さらにすこし歩くと「逢ヶ浜」というちいさな浜にでました。この浜からは、「すずめ岩」「えび穴」などおもしろい名前とかたちの大きな奇岩がたくさん見えて、モヤがなかったら、もっときれいだとおもうんだけど、モヤの中でも、なかなか雰囲気のある情景になっていました。
Augahama beach,Shimoda
d0132128_12142311.jpg

ここから、急な階段をのぼっていき、タライ岬をめざします。
d0132128_12175357.jpg

階段の向こうはこんな細い道。
d0132128_12194571.jpg

ここからさらに、登ります。「健脚コース」と迂回する「らくらくコース」のわかれみちになっていました。迷った挙句に、がんばれば、なにかいいことあるかもと「健脚コース」を選びました。
d0132128_12201013.jpg

健脚コースはこんな長い急な階段。なんかがんばったわりに、特に美しい風景を見ることができたわけでもなく、森の中の迂回コースのほうがよかったかななんて思ったりして。
d0132128_1222130.jpg

タライ岬に到着。まだモヤがかかっています。晴れていたらパノラミックな美しい海の絶景を望める場所です。また、いつか来よう。
Cape Tarai,Shimoda
d0132128_12232797.jpg

d0132128_12253437.jpg

タライ岬からこのほそい道をおりていきます。
d0132128_12262927.jpg

磯にでました。
d0132128_12272582.jpg

by anjuli | 2009-06-07 12:28 | 南伊豆 下田 Shimoda,Izu