人気ブログランキング |

<   2008年 04月 ( 19 )   > この月の画像一覧

春の青梅 あきる野 散策(3)武蔵五日市駅~瀬音の湯 ウォーキング

Walking from Musashi Itsukaichi station to Hot springs spa ''Seoto no yu''
in Akiruno city Tokyo

東青梅から温泉に行くために、電車で40分くらいかけて武蔵五日市駅にきました。
次の目的地はあきるの市の温泉「瀬音の湯」。ここに来るのは2回目です。駅からでているバスに乗り遅れてしまったので、ハイキングがてら歩いて行くことにしました。
d0132128_23265267.jpg

五日市郷土館の前を通りました。茅葺屋根の民家が開放されていて中を見れるようになっていました。
d0132128_2328920.jpg

きれいな小川のまわりにシャガの花が群生していてとてもきれい。
d0132128_23293583.jpg

30分くらい歩くと、住宅街をぬけて、林道になります。
d0132128_23321380.jpg

景色はどんどん美しくなってきて、歩いていてほんとに楽しい。天気が良くて新緑がとてもきれい。川の水面がキラキラしています。
d0132128_23342454.jpg

途中、風情のある禅寺がありました。普光寺とゆう文明2年(1470)の創建という臨済宗のお寺だそうです。
d0132128_23383370.jpg
d0132128_23384473.jpg

とても気持ちのよい路です。広がる風景は山と野原が美しくて見とれてしまいます。でも、このあたりで路があっているか、不安になって、作業をしていた地元のおじさんに、たずねてみると、「もう、あと少し。道なりに行けば着くよ」と答えてくれて安心。この後、おじさんと会話したら、その温泉に関する話でおじさんとまらなくなり、おもしろかった。
d0132128_23441828.jpg
d0132128_2344265.jpg
看板がでてきて一安心。この橋のむこうに瀬音の湯があります。
d0132128_23462545.jpg

橋の上からの風景。緑に癒される。
d0132128_23471370.jpg

この階段を登れば瀬音の湯に到着だ~!

by anjuli | 2008-04-30 23:51 | The Nature in Tokyo

春の青梅 あきる野 散策(2)東青梅駅まで吹上地区散歩と蕎麦屋 雲水

Walking in Higashi Ome Tokyo
塩船観音寺を出て、河辺の隣の駅、東青梅に美味しいお蕎麦屋さんがあるとの情報を得て、東青梅の駅まで吹上地区を歩きました。
d0132128_22251812.jpg

民家の庭先でも美しく手入れのはいったつつじを見ることができます。
d0132128_22262440.jpg

あちらこちらでフジやいろんな春の花を歩きながら楽しめました。
d0132128_22285699.jpg

この近辺には由緒あるお寺が点在しています。宗泉寺の前を通るとまた美しい真っ赤なつつじに目をうばわれました。
d0132128_22333044.jpg

畑があり、林があるそんなのんびりした風景の中を歩きながら、東青梅の駅に向かいます。

d0132128_22352197.jpg

お目当てのお蕎麦やさん「雲水」に到着。
Soba restaurant ”Unsui” close by Higashi Oume station
d0132128_2236783.jpg
d0132128_22361934.jpg
d0132128_22362713.jpg

鴨汁うどん(900円) 海老天もりそば(1300円) そばは+150円で大盛りにしています。そばもうどんも手打ちです。評判どおりとても美味しかった。こういう景色と空気の良い場所を歩いた後には、なんだか蕎麦やうどんが食べたくなります。日本人でよかった(^^)
この後は温泉に行きます。

by anjuli | 2008-04-29 22:43 | The Nature in Tokyo

春の青梅 あきる野 散策(1)塩船観音 つつじ園 Azalea Hill

Azalea Hills @Shiofune Kannon in Oume city Tokyo

ゴールデンウィークの谷間の平日に夫が休みをとったので、休日に混みそうな場所、この青梅の塩船観音寺のつつじ園に行きました。
中央線立川駅から青梅線に乗り換えて、河辺とゆう駅で降り、バスに10分くらい乗ると着きます。東京駅から1時間半くらい。
d0132128_11514976.jpg
d0132128_11534124.jpg













この参門からは中の広々した庭はちょっとイメージできません。右の写真は本堂。

d0132128_11573959.jpg

本堂の裏のすり鉢状の丘斜面が広大な美しいつつじ園になっています。頂上まで登っていく散策路を歩きます。
d0132128_11595168.jpg
d0132128_120048.jpg

散策路から見る風景は美しく、幻想的でもあります。

d0132128_124187.jpg
d0132128_124876.jpg

頂上からの風景は絶景。つつじ園と反対側の山側の風景も素晴らしいです。すっきりとした晴天だとここから富士山も見えるとのこと。
d0132128_126398.jpg

丘から降りて、観音だんご(1本 90円)を買いました。とっても美味しかったです。「花よりだんご」。
この後はお昼ごはん。

by anjuli | 2008-04-29 12:08 | The Nature in Tokyo

組紐アクセサリー(5)とんぼ玉のネックレス

以前、とんぼ玉を買ってきたときに、「これでネックレスつくります。」と書いたまま、ずいぶん日がたってしまいました。出来上がったので。アップします。ループタイスタイルのシンプルなデザインです。
d0132128_1655357.jpg

d0132128_16552426.jpg

d0132128_1656588.jpg

このカラフルなキャンディのような色合いのトンボ玉にはあう組紐をつくろうと何本かつくりました。最初、ピンクやブルー、黄色など明るい色を使った、3色つかいの柄の紐を作ったりしましたが、なんかしっくりせず、結局このベージュにおちついた水色の2色の柄になりました。この細さでの平紐はけっこうむづかしくて、組むときの力の入れ具合で形状がかわってきてしまいます。まだまだ、鍛錬が必要。1.5mの紐をつくるのに丸紐の3倍くらいの時間がかかります。
d0132128_1732531.jpg

同じ紐でシルバービーズをつけて、ブレスレットもつくりました。
このネックレスとブレスは気に入ったので、今度のベトナム・カンボジア旅行にしていこうと思います。Tシャツにもワンピースにもなかなかあいます。こういう自分でつくったアクセサリーとか身につけて旅行に行くと、旅先で出会う人たちとのコミュニケーションのきっかけになったりすることもあります。

by anjuli | 2008-04-27 17:10 | 組ひもアクセサリー☆キヌノイロ

イタリアンレストラン イ ビスケロ@木場

TRATTORIA i' bischero @Kiba on Tozai Line
結婚記念日の夕食に木場公園の近くにあるイタリアンレストラン イ ビスケロへ食事に行きました。
d0132128_1451910.jpg

この日は結婚15周年の記念日。10年のときはあまりなにも思わなかったけど、15年って「あ~15年もたったんだ。」って少し感慨深くてちゃんと食事をしに行こうとゆうことになりました。
私たちは結婚式は簡素に親族のみですませましたが、新婚旅行にチカラをいれて、2週間かけてイタリアのシチリア島から北上して、スイスアルプスに寄り、ゴールはチューリッヒとゆうバックパックの気ままな旅をしました。シチリアでは一般家庭に「ウルルン滞在」したり、童顔で小柄な二人はどこに行ってもハネムーンナーに見られず、「学校は今、何休みだ?」って聞かれたり・・・。楽しい思い出がつまった、素晴らしい旅でした。
そんな旅行を思い出しながら今回、この イ ビスケロで食事ができてとても嬉しい。この店はあまり便の良くない場所にありながらも、とても人気があり特に週末は予約でいっぱいなんです。
d0132128_1465883.jpg

店に入ると「いらっしゃいませ。こんばんは。」と礼儀正しく迎えてくれます。東京のイタリアンレストランで時々、店に入るなり「ボナセーラー!」とくるところがありますが、日本人同士でボナセーラは不自然で私はあのスタイルは好きになれません。

d0132128_14113251.jpgd0132128_14114148.jpg











鶏レバーのぺーストと生ハムのサラダ。上にたっぷりのルッコラがのったこの生ハムほんとに美味しい。

d0132128_14153977.jpgd0132128_1415551.jpg











旬の蛍イカのパスタがあったので、注文してみました。美味しい!! そしてゴルゴンゾーラチーズのリゾットはスパイスがきいていて美味しくて、いつも注文してしまう。(といっても、なかなか予約がとれないのでまだ来店4度目くらいですが・・)
d0132128_14253260.jpg

今日のメイン。和牛のグリル。かなりのボリュームです。お肉がやわらかくて、とっても美味しい。これもいつも注文しちゃう。魚料理のメインもぜったい美味しいと思うのですが。いつもこれを食べてしまいます。

d0132128_1430082.jpgd0132128_1431723.jpg











d0132128_14311943.jpg

最後にデザート。プリンとチョコタルト。このプリン、絶品です。
私たちはお酒を飲めないので、飲み物はグラスのスパークリングワインとビールだけですが、これで全部で、このお料理のクオリティで11000円をすこしでるくらいの価格は都心の店ににくらべて良心的だと思います。
もう満腹でちょっと苦しくなってきた。次はいつこの、イ ビスケロに来れるかしら。また、来たいな~

by anjuli | 2008-04-24 14:37 | 深川グルメ Fukagawa, food

東京FM「Hello Sunshine’08」公開収録@丸の内 OAZO

d0132128_2219423.jpgd0132128_22193157.jpg
















今日、夕方から家から近い、丸の内OAZOで中 孝介さんが出演しミニライブする東京FMの公開録音があるとゆうので、これは行かなくてはということで参加してきました。

ライブ前に列ができていたので、最後尾の女性に「これは何に並んでいるのですか?」って訊ねてみると、この列は5時になったら観覧用にイスがでるので、先着順に席が決まる列ですと答えていただきました。あらためてその女性を眺めると年齢が同じくらいで小さなお子さんを連れています。心の中でもしかして、私のブログにコメントをくださるkakoさんだったりして・・・なんて想像をめぐらしていました。するとその女性から「もしかして、ブログのanjuliさんですか?」って言われてびっくり!ブログ開設のときハワイのデュオHAPAの曲名できれいだったのでanjuliってブログ名にしてしまいましたが最近、ギャップを感じ恥ずかしくなってきたので、この名前を言われたときは照れましたが・・・びっくり!!!偶然、声をかけた女性はkakoさんだったのです!こんなことがあるんですね~ kakoさんは私の沖縄石垣島系の顔でわかってくれたみたい。声をかけてくれた勇気に感謝!それからは話がはずみました。思ったとおり優しくてとても素敵な方でした。その場にいた、中さんファンのもう一人の女性ともお友達になり、なんだかとっても楽しかった。後から合流した夫も、驚いていました。

中さんは今日、テレビの企画で早朝の宮崎を大雨の中自転車で走ったり、小学校を訪問して生徒と花の種を蒔いたりした後の東京入りだったらしいのですが、疲れは見せずに美しい唄を披露してくれました。「花」、新曲の「春」そして「家路」・・・・何度きいても感動するライブの唄声。

中さんの後、ファッションエキスパートの植松晃士さんとチアリーダーの安田 愛さんのトーク。
植松さんテレビでみる通りできれい。笑い声がちょっと魔女っぽくてコワかった(笑
安田さんはスタイル良く、超美人でとなりの夫クンの顔がゆるんでました。
そして最後に女性シンガーjujuさんのライブ。FMラジオでよく聴いていましたが、とっても歌唱力のある人でした。

いや~っ、今日はkakoさんとの、運命的(!?)な出会いにおどろきながら、とっても嬉しかったです!
kakoさん、はやくPC復帰するといいですね♪

by anjuli | 2008-04-17 22:46

カンボジア大使館に行ってきました。

d0132128_2153281.jpg

来月のベトナム・カンボジア旅行のためカンボジア観光ビザをとりに赤坂のカンボジア大使館に行ってきました。壁面の大きな四面仏尊顔のレリーフがかっこいい。
必要事項を記入し、写真をは貼った書類とパスポートを提出し、翌日に(大使館が翌日休みの場合はもっとかかりますが)受け取りに行きます。郵送も依頼できますが、大事「なパスポートだから心配症の私は取りにいきました。家で大使館のHPから用紙をプリントアウトして記入して行ったのでとても楽でした。

提出と受け取りの2つの窓口しかない小さな部屋で、スタッフはカンボジア人の方たち。なんだかここには東南アジアのまったりしたゆる~い空気が流れているようです。
カンボジアはアンコール遺跡のあるシェムリアップに2泊します。今回、ホテルを検討していて驚いたのですが、シェムリアップは一大リゾート地になっていますヨ。ヨーロッパ資本の大手大型リゾートホテルも続々できていて、価格もかなり高い。 私が手配したのは全18室のかわいいホテル。ここはエージェントを通さずに直接e.mailでやりとりして予約したので、その担当スタッフがどんな女性かしら・・とか想像がふくらみそんな意味でも楽しみ。
シェムリアップは旅の後半になるので、その頃の体力が不安でもありますが・・ 体力づくりしなきゃ。

by anjuli | 2008-04-16 21:21

奄美シマ唄 イベント 「夜ネヤ、島ンチュッ、リスペクチュッ」

d0132128_1974396.jpg

昨夜、新宿 全労災 スペース ゼロで行われた、奄美の音楽イベント 「夜ネヤ、島ンチュッ、リスペクチュッ」に行ってきました。
奄美の、たくさんの若いシマ唄の唄者、ロック、ポップス、スカなどのアーティストが一同に集まり、熱いライブのパフォーマンスを見せてくれました。

音楽がシマ唄だけでなくいろんなジャンルに広がっていたのでスタンディングで5時間と長丁場でしたが、ほんとうに楽しめました。奄美のミュージシャンの才能には感心。特に歌唱力のレベルがかなり高い。
お客さんは満員というか大盛況で、ほとんどの方が奄美出身のようにみえました。0歳くらいの赤ちゃんから70代以上の年配の方たちまで。かなりの盛り上がりです。
やはり中心はシマ唄だったのですが、島の伝統音楽をこんなに若い人たちが、ほんとうに楽しそうに唄いこなして、島出身のすべての人たちが時には一緒に大合唱しながら、盛り上がる風景は、素晴らしく、感動しました。

私は体調が万全でなかったので、後ろのほうで見ていて、時々ロビーに出てお茶を飲みながら休憩していたのですが、ロビーは人であふれていました。酒やつまみを販売しているので、ステージの様子が映される大画面のテレビを見ながら、みんな もう宴会状態。やはり、お互いに顔みしりが多いようです。奄美の人たちは男女ともに目鼻だちがはっきりしていて美男美女が多いみたい。ちょっと圧倒されつつ、お茶にイカ焼きたべてました(笑

奄美の人気者、中 孝介さんが登場したときは、やはり相当な盛り上がりでした。関東在住の奄美出身の方たちにとってもヒーローなんでしょう。今回、シマ唄のイベントだから1曲でも中さんのシマ唄が聴けるかなと、期待していましたが、最後の全員での六調でしか彼のシマ唄は聴くことができなかったのが、少しざんねん。

最後の六調のときに、みんな踊って盛り上がる中、小さなお餅をステージから観客に投げてくれました。私もこれは縁起物と、必死に受け取ろうしたものの、なかなか取れずにいて、目の前に落ちたお餅を隣りにいた男の人がひろったのですが、私に譲ってくれました。やっぱり奄美の人はやさしい~ (^^

帰りの地下鉄の中で空腹のため、もらったお餅を食べながら、耳にのこったシマ唄が心地良かったです。
すっかり奄美に浸ってしまった「夜ネヤ、島ンチュッ、リスペクチュッ」。。

by anjuli | 2008-04-14 19:38

上野 アメ横 ショッピング

”Ameyoko Market”at Ueno Tokyo
d0132128_22332711.jpg
5月中旬に予定している、カンボジア アンコール遺跡とベトナムの旅で使う、夫用のキャリーバッグを今 探しています。アウトドア用バッグのメーカーでキャリーとバックパック両用できるものでかっこいいものはないかと、今日は上野 アメ横に行ってきました。


d0132128_223601.jpgd0132128_22362188.jpg











アメ横はこの線路下の小さな店がたくさん並んだマーケットが楽しい。輸入化粧品は1割~2割くらいは安いのかしら。ここは輸入化粧品店が一番多くて、あとは衣料品、革製品、バッグ、貴金属・・・と品揃えも豊富で見て歩くとほんとに楽しいです。そして道沿いには魚屋、果物屋、乾物屋も多いです。

d0132128_22405050.jpgd0132128_23113434.jpg












d0132128_2248255.jpgd0132128_23122045.jpg











果物屋では立ち食いできる串さしのフルーツが売っていて、100円のパインを食べました。甘くておいしかった。アメ横焼きって初めて見た。なんかお好み焼きを今川焼きの形にしたような。けっこう人気でした。

~~~~~~         ~~~~~~      ~~~~~~
                    今日、買ったもの
d0132128_22491794.jpg

d0132128_239737.jpg

結局 キャリーバッグは買わなかったけど、CA4LAで帽子&アウトドアスポーツショップでKarrimorのショルダーバック。夫もCA4LAで気に入ったハンチングを見つけて、さっそくかぶって帰ってきました。(子供か!?) 
Karrimorのこのバックはヒップバックにもなるんです。遺跡めぐりはけっこうハードらしく両手が自由になるバッグがいいといわれ、2WAYのこのバッグはちょっとオシャレで気に入りました。あと ギリシャ製のエキストラバージンオリーブオイル。これはスーパーの半額以下の値段でした。とゆうのは通常スーパーで売っているものは賞味期限が1年以上先ですが、これはあと半年後。でも1.2ヶ月でいつも使いきるので問題なし。今日 夕食でさっそく使ったけど、味も良かったです。・・・・安かった苺を買い忘れた。

by anjuli | 2008-04-12 23:18

有楽町交通会館 珈琲 阿蘇

Coffee Aso in Kouysu kaikan building Yurakuchou Tokyo
パスポートの更新のために、有楽町交通会館に行って、そういえばこのビルの地下のレストラン街ってどうなってるんだろうと興味を持ち、地下1階に行くと、そこには「昭和」がありました。
丸ビル、東京駅の大丸など続々とオープンする、モダンデザインの空間に慣れた最近の私には、そこは逆に新鮮でした。ちょっと、機会をみつけてお店を探検してみようと思います。
d0132128_194554100.jpg

d0132128_1956337.jpg

まずは珈琲 阿蘇。たぶんオーナーかママが熊本出身なのでしょう。店は小さくてカウンターしかありません。カウンターの奥ではひとりで店をきりもりする、60歳くらいの女性がいます。この方がママかな。でも客席側のカウンターの奥にまったりとくつろいだ感じで常連客とお話してる女性がいます。カウンターの奥のママよりもっと年上っぽい。どうやらお店の人らしく、もしかしたらこの女性がママなのかな~ エンドレスで映画「ある愛の詩」のテーマ曲がBGMで流れる店内はなんだか、懐かしい雰囲気です。
価格はブレンド250円 ケーキセット500円。ほかにトーストセットやホットドックは350円とか250円。レモンスカッシュやソーダ水っていう喫茶店の代表的な飲みものも、350円とか300円で。お客さんだと思ってた男の人がカウンターのお皿を片づけだしたりして。

この交通会館ビルの地下は去年オープンした最新ショッピングビル、イトシアの地下とつながっているのですが、イトシアからこちらに来ると、まるで時空を超えてしまったようです。

by anjuli | 2008-04-09 20:02