人気ブログランキング |

組紐アクセサリー(16)新作ピアス

組紐アクセサリー(16) Kumihimo Jewelry
My handmade Kumihimo jewelry  Kumihimo-Japanese form of braid making

今、ピアス作品をいろいろ作成中です。その中でちょっと大人っぽいものを。
d0132128_12202588.jpg


帯〆でもいけそうな、シブ目の色あわせで3色つくってみました。
d0132128_12213639.jpg
d0132128_12214354.jpg
d0132128_1221507.jpg


洋服はもちろん、着物の装いの方にも身につけていただけたらと、イメージしてデザインしました。私の家の近所の門前仲町とか好きな町 神楽坂ではとても素敵に普段から和服を着て歩いている女性たちを目にします。若い方はアンティーク着物やモダンな柄をあわせていたり。そんな女性たちを見ると、思わず見とれてしまいます。

このブログを始める頃に、書いたような気がするけど、私が組紐アクセサリーを作るようになるきっかけは、30代半ばで、私にとって大きなことをあきらめたり、精神的にまいってきたりして、このままではどんどん自分がつぶれていくような気がして、情熱を注ぐことができる趣味をみつけようと思いました。もともとアクセサリーは好きでした。でも市販のものがどれも同じようなものだったり、気に入ってもとても高価だったりして、自分で個性のあるアクセサリーを作りたいと思っていました。
そんな頃、この東京の下町に越してきて日本の文化に触れる機会が多くなって、日本の美しい色鮮やかな絹糸をつかった帯〆でなにか作ってみたいと思い、組紐を習いはじめました。
それまでも、海外旅行をしながら、たとえばタイシルクとか民族衣装もありながら、現代のモダンな生活にもあうデザインのアイテムがたくさんあるから、私も日本の伝統的な素材でモダンなアイテムを作ってみたいと思うようになりました。

それから、アクセサリーに適した細さを試行錯誤したり、組み合わせる素材を考えたり、今では、組紐アクセサリー製作は私にとって生きがいにもなりつつあります。お天気の良い日に、お気に入りの音楽をききながら、コーヒーを横において、組紐をしている時間は至福のときです。
組紐でつくるアクセサリーには、金属だけのものにはない、「温もり」があります。それはお蚕さんからできた糸をを紡いで、色を染める職人さんたちの真剣さや愛情、そして最後に私もすこしでもなにか注ぐことができればいいといつも思っています。

ネットショップ開設をめざしてがんばってます!!

by anjuli | 2009-02-27 12:41 | 組ひもアクセサリー☆キヌノイロ

<< 浅草からスペーシアで日光へ T... 神保町「andonand アン... >>