人気ブログランキング |

門前仲町 伊勢屋の深川ちよこ

門前仲町不動尊通り入り口にある伊勢屋ではお団子やおはぎや大福など和菓子が美味しくて安いのでよく買っています。 伊勢屋の商品で、「深川ちよこ」というお菓子があります。「ちょこ」でなく「ちよこ」。私の母親も名前がチヨコなので、お店や門仲の地下鉄駅構内の広告で「深川ちよこ」って見ると、ひそかにウケテました。

今年の父親へのバレンタインのチョコはこれにしよう!と思い、実家に買って行きました。「深川ちよこ」は生チョコをお餅でくるんで、ココアパウダーがかかったもので、チョコとお餅が大好きな父は喜んでくれそうだし、母も自分と同じ名前のお菓子で笑ってくれそうと思って。

6コ入りと12コ入りがあって、12コ入りを買いました。6コいりの箱のパッケージには「深川ちよこ」という文字と深川芸者のような「ちよこ」らしい女性の絵があるのですが、12コ入りの包装をはがすと、白いただの箱で・・・・残念でした。あのパッケージを見せたかったのに。

d0132128_1862722.jpgd0132128_1863651.jpg










でも、この餅とチョコのお菓子は美味しくて、両親に好評でした。餅がとてもやわらかくて、口の中でとけるようなので、入れ歯の人も歯のない人も美味しく食べることができます。(父で実験済み)

実家ではインコのピーちゃんを飼っています。母が言っていたんですが、ある日 鳥かごを見に行ったら 木箱の巣から尾っぽだけをだして、仰向けになっていて、驚いて父を呼び父が「ぴーちゃん!」と名前を呼んだらヒョコって起きて元気に動き出したらしい。それから注意してみると、ピーちゃんは熟睡するときはいつもお腹を上にして、ひっくり返って眠っていることがわかったと。だから、ピーちゃんは身体を汚さないために巣の中にはけっしてフンをせず、清潔にしているそうです。
最初、驚いたのですが、Googleで「インコ 仰向け 眠る」で検索したところ、けっこうヒットしました。ピーちゃんが特別ってわけでもないんですね。
それにしても・・・・父はピーちゃんに、住所を東京都から教え込もうと毎日がんばってます。私は「おはよ~」が限度だよって言ってるんだけど。覚えたところで、個人情報バレバレになるからテレビ(ケーブルテレビとか)に珍ペットで応募もできないし・・・・と言っても、めげずに父は続けています。

by anjuli | 2009-02-12 18:17 | 深川グルメ Fukagawa, food

<< 組紐アクセサリー(15)試作ピ... 神保町 BAD ASS COF... >>