人気ブログランキング |

GW 伊豆小旅行

このGW、我が家はカレンダーどうりのお休みでした。4月はじめの時点では旅行の予定はありませんでしたが、なんかさびしいってことで、伊豆に1泊してきました。あとは帰省したりで、あっというまに終わってしまった黄金週間。

東伊豆だったら、特急を使わなくても、東海道線の快速で十分なので、出発時間も気ままに。でも、さすがに2時間以上普通席では腰が痛くなるので、アクティのグリーン席を利用しました。車内販売もくるし、快適です。
東京駅では、念願だった、千疋屋ワッフルモーニングを。飲み物込みで600円と、とってもお徳です。このお値段で、なんとマスクメロンのカットフルーツもついているというお値打ちもの。
d0132128_19241657.jpg


あ~、美味しかったとお店を出たのが9時半くらいでしたが、ちょっと歩くと、ちびっ子を中心とした大行列が。なにかとおもったら、人気の「お菓子ランド」への入場の行列でした。大人のわたしでも、その「お菓子ランド」というなんとも魅力的な名前や、揚げたてポテトチップなど、気になるくらいなので、ちびっ子にとっては、行きたくて、いてもたってもいられないってかんじで、早朝から並んでいるのでしょう。私もいつか行きたい。

アクティ内では寝てたら着いたかんじで、熱海。けっこうにぎわっていました。おもえば、熱海の町を歩くのは初めてかもしれない。
d0132128_19325135.jpg

ちょうどお昼どき。どこで食べるか迷って、熱海銀座にたどり着きました。そこに「カレー」の文字をみつけ、さそわれるように入ってみました。魚系はきっと、夜に宿で食べるし。宝亭さんという洋食屋さん。

カレーランチをたべました。カレーとハムエッグ、そしてポテトサラダがひとつのプレートにのっています。850円(2012.5)。とても充実したプレートです。そして美味しい!天井が高く、蛍光灯の明かりがレトロな雰囲気の店内は満席で、洋食屋さんなので、ハンバーグやエビフライなどいろんなメニューもあるなか、見ると大半のひとがカレーを食べていました。名物なのですね。再訪したくなるお店です。
d0132128_19383812.jpg


予約している宿のある冨戸まで伊豆急に乗ります。川奈から伊豆高原あたりまでの東伊豆の海と森の風景はとても好きです。
d0132128_21610100.jpg


お天気に恵まれず、曇っていて、今にも雨が降り出しそうな空模様だったので、今回はまったくハイキングできませんでした。そのぶんゆ~っくりできたかな。

宿は富戸にある「ホテル海」です。もちろん温泉宿です。こちらの宿はもう何年も前に一度泊まったことがあって、そのとき、またかならず泊まりたいとおもったのに、10年ちかく過ぎてしまいました。

ここは東京からもアクセスが比較的楽な東伊豆にあり、しかも駅から歩ける距離にあるのに、自然の中にどっぷりつかることができるロケーションです。うぐいすをはじめとする野鳥の声、風の音、雨の音しか聞こえない世界です。ホテルの建物も自然に溶け込む配色や、建築で、部屋、ロビー、風呂、レストランからの風景の中に、このホテル以外の人工的な建造物が視界にはいりません。特に野天風呂からの景色はまさに絶景。その風景はコチラ

私たちが泊まったスタンダードのお部屋はシンプルながら、広いテラスを持ち、快適でした。こんなテラスが自宅にあったらどんなにいいだろう。
d0132128_2117449.jpg
d0132128_21175928.jpg


このホテルのラウンジも好きです。ここからも美しい海と庭が見えます。そして外からはウグイスの声。滞在中、ずっとお天気がすぐれず、残念でした。ここからの海と景色を堪能するために泊まりに来たいと、再度おもいました。また10年後にならないように^^
d0132128_2120213.jpgd0132128_21241097.jpg










d0132128_21201338.jpg


ホテルは洋風な内装ですが、お料理は日本料理。大満足な内容でした。朝も和食。レストランの窓からの緑が深い。いろんな鳥の声もきこえて、雨の森もまた、いいものです。
d0132128_2128192.jpg


帰りに、伊東に寄って、すこし歩きました。松川の東海館前になにか観覧席のようなものが建設途中でした。なんだろとおもって、散歩中の老紳士にきいてみたところ、夏のイベントとして、向い側にはステージをつくり、なにかパフォーマンスをするらしいです。なんだか楽しそうですね。見てみたい。夏の伊豆、盛り上がってほしいです。
d0132128_21355166.jpg

by anjuli | 2012-05-06 21:39 | 南伊豆 下田 Shimoda,Izu

<< 休日 どこ行こうか。神保町でも... 自宅 DVD鑑賞記 >>