人気ブログランキング |

感心。 門仲 キッチンまつむら さん。

去年、はじめて訪れて、とっても気に入ってしまった 門仲 牡丹町商店街から、ちょっとはいった小道にある小さな定食屋さん ”キッチン まつむら”さん。その後も度々訪れています。前回の記事はコチラ

こんなにリーズナブルで美味しい近所の定食屋さんは貴重です。このお店のよいところは、基本、フライものが多いのですが、「エビフライとハンバーグ」とか「メンチカツとエビクリームコロッケ」とか、メニューとして書いていない組み合わせが食べたいなとおもって、ご主人に言うと、「あっ、いいですよ。」とOKしてくれます。「そんで、それに目玉焼きのせてください。」とかさらにいっても、「はいっ、いいっすよ。」みたいに、かるく受けてくれます。

この日、私は、「牡蠣フライとハンバーグ」の定食を注文。ごはんとお味噌汁がついて、これで¥850です。コストパフォーマンス抜群です。ここの、このお皿に慣れると、ほかの洋食屋さんの定食を見ても、なんだか物足りなさを感じます。 牡蠣は大きめでふっくらしていて、タルタルソースもおいしい。ハンバーグはやっぱり毎回食べたくなる美味しさです。
d0132128_17523560.jpg


ダンナさんは、こちらのメンチカツが大好きで、そしてハンバーグも好きなので、私が「その組み合わせは、どう考えても、かぶっている。ほかの組み合わせにしなさい。」と忠告するにもかかわらず、「ハンバーグとメンチカツ」を2回続けて注文しています。私にはメンチカツとハンバーグの中身はほとんどいっしょだおもえるんだけど。 この組み合わせは、色彩的に、まっ茶色になって、おもしろくないので、目玉焼きをトッピングで注文しました。写真はお料理がきてから、メンチカツわって、中身を見せた状態。ハンバーグは目玉焼きの下にかくれています。
d0132128_1758378.jpg


この日も大満足です。うちのダンナさんは、ようやく、自分はやっぱり、このお店では、ハンバーグよりもメンチカツのほうが、とても好きで、次回からはメンチカツとエビクリームコロッケとか、もしくは、もしあったらグラタン(お昼はないときが多いです。)とか、かぶらないものを注文しよう。自分はメンチカツにかかっているソースのほうが好みだし、ハンバーグは相方のをつまませてもらえばいいと、結論がでたようです。ちっちゃ~いことを真剣に話し合っている平和な夫婦です。

ずっと、うすうす感じていたことですが、この”キッチンまつむら”さんは、基本的に無休らしいです。土曜も日曜も平日も営業しているので、もしや・・・とおもっていました。 去年の年末に訪れたときに、おもいきってご主人に、お休みはいつですかと聞いてみました。 年末年始も31日まで営業して、元旦だけ休んで、2日から営業しますって言っていました。
無休といっても、こちらのお店は企業が営業するチェーン店のお店とかではなく、ご主人が、ほぼひとりで切り盛りしています。お昼は接客の手伝いのひとがひとりいるけど、夜はご主人ひとりで、作って、接客もしています。それで、私たちみたいなのが、「アレとコレの組み合わせで、目玉焼きものっけて・・・」なんて言っているから、タイヘンだろうなとおもいます。 
私語もほとんどなく、ほんとうに真面目そうなご主人。すごいな~、働き者だな~といつも感心しています。健康にはくれぐれも気をつけてほしいです。

d0132128_18112934.jpg

by anjuli | 2011-02-22 18:22 | 深川グルメ Fukagawa, food

<< 江ノ島へ!まずは茅ヶ崎でランチ くみひも ピアス pagoda >>