人気ブログランキング |

近所にいい定食屋さんをみつけました。門仲 牡丹町

とても、ローカルな深川おいしい店情報です^^ 近所にとても美味しい定食屋さんをみつけたんですよ~。
場所は木場から門仲の間、牡丹町商店街。この通りは永代通りと平行して位置する派手さはない通りですが、我が家の朝食の定番となっている絶品食パンの”たかたまこむぎ”さんや、美味しいケーキ屋さん”パティスリーコラージュ”さんがあります。そして、その定食屋さんはもうちょっと門仲寄りまで行き、ちょっと細い道をはいったところにありました。

”キッチンまつむら”さん。
d0132128_18283288.jpg


ここ半年くらい、お店の前を通っては気になっていたんです。先日、夜に夫とはいってみました。
定食屋さんという気軽さですが、お料理は洋食屋さんって表現のほうがあうかんじ。

やっぱりハンバーグを食べてみようと、”ハンバーグとクリームコロッケ”の定食にしました。お値段は¥850でした。うれしい価格。メニューの定食はいろいろあって、”ランチメニュー”ってタイトルで書かれたホワイトボードのものも選んでけっこうですよ~とご主人。夫は”ハンバーグと牡蠣フライ”をお願いしました。この組み合わせは実はメニューに書いていなかったのですが、ご主人は快くうけてくれました。

d0132128_18354028.jpg

d0132128_183616.jpgd0132128_1836857.jpg









私が食べたい洋食屋さんのハンバーグの味って、実はこどもの頃に近所にあった”キッチン〇〇〇〇”というカウンターのみの小さな洋食屋さんのオジさんがつくるハンバーグの味なんです。母が忙しくて、どうしても夕食の用意ができないときに、年に2、3回くらい、そのお店に出前をたのみました。わたしはうれしくてうれしくて。いつもハンバーグをお願いしていました。「なんて美味しいんだろうっ」って幸せにひたって食べたな~。

それと、わたしが7歳の夏休み、兄と姉が母の田舎に10日間くらい遊びにいっているあいだに、母が急病で倒れて入院して、1週間くらい父と二人で過ごしました。無口な父でしたが、幼い私に気を使って、その近所の”キッチン〇〇〇〇”へ夕飯を食べに連れて行ってくれたことがありました。ふたりでカウンターに座って食べた記憶が今でも残っています。私もとてもおとなしい子供だったので、静かな父子でした。あのときのハンバーグも美味しかったな~。その大好きな”キッチン〇〇〇〇”は、わたしが中学生くらいのときに、店を閉めて別の場所に移ってしまい、もう食べることができなくなってしまったけど、いつも”キッチン〇〇〇〇”のハンバーグが食べたいな~とおもっていました。

こちら”キッチンまつむら”さんのハンバーグを口にいれて、「あっ、あの小さい頃の憧れの”キッチン〇〇〇〇”の味だ!」とおもいました。”味”ってものは不思議で、このハンバーグを食べてたら、7歳のとき父と二人で過ごした1週間が思い出されました。お父さん優しかったな~とか。たいへんだったんだろうな~とか。

近所に、こんなに美味しくてお徳価格な定食屋さんをみつけて、うれしくなりました^^

d0132128_18505426.jpg

by anjuli | 2010-10-13 18:51 | 深川グルメ Fukagawa, food

<< 今日・明日は江東区民まつり! 代々木公園での九州観光物産フェ... >>