「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:Okinawa,July2010( 8 )

Okinawa Kerama Blueに会いに行く旅(7)~沖縄で買った、たからもの。

今回の沖縄旅行では、果物、海想Tシャツ、月桃(沖縄のハーブ)ウォーター、などいろいろ買いました。その中でも、ちょっと思いきって、自分のために買ったものがあります。

沖縄の伝統文化を守った工房 金細工( くがにぜぇーく )またよし の銀の指輪「結び指輪」です。国際通りの”鍵石(キーストーン)”というお店で買いました。
何年か前にこの指輪を雑誌で見て、ひと目惚れして、ずっとほしいな~とおもっていました。今回、おもいきって購入。とっても気に入って、私のたからものになりました。 
この”結び指輪”は大きいのと小さいのがあって、これは小さいほうの”小結”です。”結び指輪”以外のまたよしさんの作品もすべて素敵です。
"結び”のデザインは女のひとの幸せや、絆を願ったデザインだそうです。

”musubi" silver ring
Matayoshi 、Okinawa 
d0132128_1827488.jpg


指輪の背景にしている、蒼い布は、以前に沖縄 藍風さんで購入した、シルクの藍染のブラウスです。ケラマの海はこんな色でした。

d0132128_18375494.jpg

[PR]

by anjuli | 2010-07-16 18:37 | Okinawa,July2010

Okinawa Kerama Blueに会いに行く旅(6)~沖縄最終日のランチとおやつタイム

沖縄4日目。ホテルは初日が夜遅くのチェックインだったためか、早割り予約の特典か、正午までのレイトチェックアウトにしてくれたのですが、街を散策したいので、11時前くらいにチェックアウトして、荷物を預けて、国際通りまで出てみることにしました。ここでもまた、ホテルからタクシーを利用。タクシーをつかっても、手頃な値段で街に出れるっていうのはうれしいものです。

今回、買いたいなとおもっていた”あるもの”が売っている国際通り沿いのお店で、目的のものを購入してから、牧志公設市場の近くの果物屋さんで、ドラゴンフルーツを買いました。今回は配送せず、持てるだけの量で。
このドラゴンフルーツ、特に果肉の赤い(果肉が白と赤の2種類あります。外見は同じ。)ドラゴンフルーツっていうのは、美容・健康への効力において、素晴らしい実力をもっています。しかも、甘すぎないので低カロリー。切ると、したたるように赤く、こりゃ身体に良さそうだわってアピール感があります。

その果物屋さんの、おかみさんに「沖縄そばが食べたいんだけど、この近くで、おかみさんがよく行っている、美味しいお店はどこですか。」とたずねて、教えていただいたお店へ、お昼ごはんを食べにいきました。

牧志公設市場内2階にある”がんじゅう堂”というお店です。

The eatery"Ganjyudou"in The Makichi Kousetsu Market in Naha,Okinawa
d0132128_1841811.jpg


沖縄そばは¥550です。しかもお昼はミニジューシーごはん付!スープも麺も、とっても美味しかったです。次に来たときも、食べに来ようとおもう味。おかみさん、いいお店教えてくれてありがとう^^

d0132128_1845512.jpgd0132128_18451389.jpg












2時半にはホテルから空港へ向かわなくてはいけないけれど、まだちょっと時間があったので、おやつタイムに、ずっと行きたかった”氷ぜんざいの富士屋 泊本店”へ行ってみました。泊本店は滞在先の泊港のホテルの近く。このお店は有名なので、タクシーの運転手さんに店名を告げると、連れて行ってくれます。


d0132128_18502133.jpg

建物は外装をあえて古いかんじにしていますが、低層のしっかりしたビルの1階になります。店内もレトロ感をだした空間になっていて、居心地いいよ~と、まったりムード。座卓でくつろげる小上がりもありました。氷ぜんざい屋さんっていっても、オシャレな和カフェってかんじ。メニューも豊富でした。
The Shaved ice shop"Fujiya" in Naha,Okinawa
d0132128_18503456.jpg


わたしはマンゴーアイスぜんざい(¥480 2010.7現在)、だんなさんは抹茶ぜんざい(¥340 2010.7現在)に、フリーペーパーの沖縄情報誌ももっていくと特典になるサービスでアイスクリームをトッピング。
d0132128_18573351.jpgd0132128_18574183.jpg










さすが人気店だけあって、かなりの美味しさでした。氷に練乳がからまっていて、それがなんともいえないフワフワ感のある氷になっているんです。マンゴーや小豆とも絶妙にあうし。東京に支店をだしてほしい。でも、高くなっちゃうんだろうな~東京だったら。
この正味3日間の旅で、わたしは何杯の氷ぜんざいを食べただろう。4杯です。だいじょうぶ。お腹こわしてません。沖縄の氷ぜんざいの、このウマさ、リーズナブルさは大きな魅力。

この後は、歩きでホテルに戻り、またまたタクシーで空港へ。泊港から空港までは¥1500~¥1600くらい。今回は那覇では何度もタクシーを利用しました。タクシーの運転手さんとの会話も楽しくて、次回に活かせる沖縄情報も教えていただきました。

空港まで乗ったタクシーの運転手さんから「沖縄にはよく来るの?」って聞かれて、「来るね~」 「まえに来たのはいつ?」 そこで、私が「え~っと。こないだの4月」と答えると、「つい、こないだじゃな~い!」っておどろかれました(笑) その運転手さんは空港で、わたしたちを降ろすとき、「また来てね♪ きっとまた、那覇の街で会えるね。 またね!!」って、親愛をこめた笑顔で見送ってくれました。沖縄のひとから、「またね!」って空港で見送られて、とてもうれしい気持ちになりました。 また来たいっ!

d0132128_1910142.jpg

[PR]

by anjuli | 2010-07-14 19:21 | Okinawa,July2010

Okinawa Kerama Blueに会いに行く旅(5) ~沖縄3日目の居酒屋さんでの夕食

沖縄3日目、さて夕食を食べに行こうかとホテルを出ました。ホテル近くにあるお店を、めぼしつけていたのですが、けっこう日曜はお休みのお店が多く、そのお店もお休みで、どうしようかなって、最寄のゆいレールの駅 美栄橋ちかくまで歩いてきてみつけた、駅前にあった”芯酔屋”さんという居酒屋さんにはいってみました。
d0132128_1834023.jpg


東京から来て、沖縄で沖縄料理を食べると、もうどこも美味しくおもえるので、とびこみでもあまり心配はありませんでした。お店の中も、落ち着いた雰囲気で、よかった。
d0132128_1857100.jpg

カウンター席の目の前の水槽には海ぶどうが。
d0132128_1871259.jpg



メニューを見ると食べたいものだらけ。でも、二人でそんなに食べることはできないので、選ぶのがたいへんです。
島とうふのサラダと海ぶどう。沖縄で食べる海ぶどうってほんとうに美味しい!
d0132128_1871949.jpgd0132128_1872745.jpg










刺身盛り合わせ。海の幸に恵まれた沖縄ではやっぱりお魚たべないと。島タコが特に美味しかった。そして、グリルしたアグー豚をポン酢かけてさっぱりと。うま~い☆
d0132128_1892643.jpgd0132128_1893276.jpg










また豚肉になっちゃったけど、ラフテー。やわらか~いです。そして、好物のイカ墨チャーハン。
d0132128_18121943.jpgd0132128_18122663.jpg










大満足でした~♪ お値段もリーズブルです。東京で食べたら1.5倍くらいの値段になるだろうな。
この後、国際通りへ、繰出したい気分でしたが、ホテルのスパの極楽なお風呂の受付が10時までなので、そそくさと帰りました。

d0132128_1817713.jpg

[PR]

by anjuli | 2010-07-12 18:18 | Okinawa,July2010

Okinawa Kerama Blueに会いに行く旅(4) ~憧れの一軒屋家レストランでの夕食

Okinawan cusine Restaurant "Gettouan"in Naha,Okinawa

以前jから、沖縄の民家をつかった、静かな一軒屋家で食事をしてみたいなとおもっていました。
今回は那覇滞在だったので、沖縄2日目の夕食は念願の一軒屋レストランへ行ってみようと、東京からこのお店を予約していきました。「月桃庵」さんです。那覇の繁華街のメインストリートである国際通りから少し歩いた道のさらに路地の奥にこのお店はあります。宿泊していた港のホテルからはタクシーで¥500ちょっとで行けるので、楽して行きも帰りもタクシーを使用しました。
d0132128_957939.jpg

d0132128_1295688.jpg

d0132128_9571899.jpg
d0132128_9573792.jpg














とても古い、どちらかというと日本風な民家の中は洋室が中心のお部屋でした。いくつお部屋があるのかわかりませんが、1つのお部屋に1組のお客さんを通してくれて、とても落ち着きました。レトロ感あふれる雰囲気のお部屋です。

d0132128_9595267.jpg

d0132128_100240.jpgd0132128_100999.jpg













お料理はコースになっていて、¥3500、¥4500、¥5500と3つあり、わたしたちは、今回は贅沢に一番高い¥5500のコースを予約してみました。

お水をいれてもたった、琉球グラスがとてもきれいで涼やかです。付き出しはモズクとジーマミー豆腐。モズク酢の酸っぱさが苦手な夫ですが、こちらでは出汁をきかせて酸っぱさがなく、とっても美味しかったです。夫が特に気に入っていました。
d0132128_1124117.jpgd0132128_1125064.jpg

















お造りは、えっとなんだったけ沖縄の名前のお魚で、タイのなかまのお魚です。身がひきしまり、甘みもあってとてもおいしかった。ゴーヤチャンプルも出汁がきいて、油っぽくなくてさっぱりしたお味。今まで食べたゴーヤチャンプルのなかで一番美味しかった。
d0132128_1153085.jpgd0132128_1153680.jpg










左下はメインのイセエビのウニソースかけ。海の味。満面の笑みがうまれる味のお料理。右はパパイヤチャンプル。これもとても胃にやさしい味で箸がすすみます。
d0132128_11121231.jpgd0132128_11121875.jpg










左下は沖縄の野菜。・・・えっと名前なんだったっけ。ほうれん草に似ています。それと豆腐よう。そして、右はこれもメインの沖縄産の牛 もとぶ牛のステーキ。味つけがさっぱりしているし、お肉がやわらか~いです。たまらん美味しさ。
d0132128_11161140.jpgd0132128_11161817.jpg











シメのごはんと、おすまし。そして、デザートのぜんざいです。
d0132128_11201123.jpgd0132128_11224828.jpg











ほんとうに美味しかったです。実はこの日の昼間、ひどい船酔いをして、胃の調子があまり良くなくて、ちゃんと食べれるか心配だったのですが、完食です。食事前よりも調子が良くなった。

わたしたちのお部屋の接客担当の女性に、このことを言うと、とても喜んでくれました。そして、この日1日海で泳いで遊んできて、沖縄の海がどんなに美しく素晴らしかったかを、ちょっと興奮気味に女性に伝えると、さらに喜んでくれました。かわいらしい彼女の「それでは、今夜は爆睡ですね♪」という爽やかなことばが印象的でした。そのことば通り、この夜は「爆睡」でした。

おとなりのお部屋には、沖縄民謡の女性デュオが来ていて、三線のゆったりした音色と美しい唄者の方の声が流れてきました。素敵なお部屋で、おいしいお料理をいただいて、こんなきれいな音楽が聞こえてくるなんて、なんて贅沢でしょう。

美しい自然と文化は沖縄の宝ものです。歴史上、いろんな犠牲があり、今なお続きますが、こうやって本土から来るわたしちをあたたかく迎えて、癒して、楽しませてくれる沖縄・・琉球のひとたちに、感謝のきもちを、いつももたなくてはとおもいます。。

d0132128_1145916.jpg

[PR]

by anjuli | 2010-07-10 11:44 | Okinawa,July2010

Okinawa Kerama Blueに会いに行く旅(3) ~今回の沖縄滞在ホテル

Okinawa Kariyushi Urban Resort Naha  in facing of The Port Tomari ,Okinawa

今回の旅は離島に行くことが目的。宿泊は沖縄本島 泊ふとうにある、ターミナルビル”とまりん”内のホテル”沖縄かりゆしアーバンリゾート・ナハ”に3泊しました。離島に宿泊することも考えましたが、初日は夜遅くに着く3泊3日という短い日程の旅では、宿の移動は疲れるなとおもって。それに夜の那覇を楽しんでみたかったし。
優雅なリゾート気分になりたいなと、スタンダードルームよりちょっとお高いプレミアムフロアのお部屋をえらびました。ちょっとお高いといっても、早割り価格だったし、沖縄中部西海岸の高級リゾートホテルに比べたら、とてもリーズナブルな価格。このプレミアムルームの特典として、ジムとスチーム・ドライサウナ、ジャグジー、泡風呂の設備のある浴場が自由に使用できるのと、朝食のときに専用シートにとおされるので、スムーズに席に着くことができます。朝、船の時間を気にすることになるから、これは良いかなとおもいました。

d0132128_1914365.jpg

d0132128_19241163.jpgd0132128_19242669.jpg










お部屋はシックな雰囲気で、快適に過ごすことができました。
Premium Room
d0132128_19261838.jpg

窓からは泊ふとうが見えます。決して派手な港ではないけれど、雰囲気があります。港っていうのは、眺めていると、なぜか少しセンチメンタルになるものです。
d0132128_19264484.jpg

部屋には大きいテレビがあったので、W杯のサッカーを楽しめました。これが時間が遅いんだな。こんなの見てるから船酔いしたのでしょう。
d0132128_19265434.jpg


朝食をとるレストランからは港が見えて、開放的でした。ビュッフェ式で、洋・和・琉球・中華料理と豊富なお料理が並んでいました。私はちょっと胃の調子がまたしても良くなかったので、お粥をメインに少食にしておきました。
d0132128_1931137.jpg

d0132128_1952928.jpgd0132128_19532663.jpg











d0132128_19315876.jpg

やっぱり、プレミアムシートは眺望も良く、気分良かったです。
d0132128_19325116.jpg


かりゆしアーバンリゾート・ナハは、離島へ行くには、まさにターミナルの上にあるから、便利このうえないし、海で遊んで船で島から港にかえってきて、すぐにホテルの部屋にもどり、着替えをもって、ホテルのスパの浴場に行って、洗髪やら、身体を洗って、サウナやジャグジーでリラックスできるっていうのは、最高でした。このスパはロッカールームやドレッシングルームも高級感があって、快適だし、とても気に入りました。

このスパは夜10時までの受付が最終時間になります。寝る前にやっぱりサウナや快適なお風呂にはいりたいものです。実は今回の旅で「国際通り近辺で、かっこいいバーとか行って、夜遊びするぞ~!」とはりきっていた私ですが、夜遊びはあきらめて、夜9時過ぎにはそそくさとホテルに帰っていました。夜遊びできなかった。まっ、お酒も飲めないのに夜遊びなんてできるわけもないのですが(笑)

このホテルは理由があって一度、閉館していたらしいのですが、2009年7月に再オープンしたとのこと。よかったよかった。がんばってほしいです。なにしろ離島へ遊びに行く拠点として、こんなに便利な場所はないし、ホスピタリティもとても良いです。そして、沖縄のタクシーは初乗り¥500くらいなので、このホテルから那覇市内のレストランや国際通りまで、¥500ちょっとで行けるから、今回はタクシーに乗りまくっていました。東京では年に1回か2回タクシーに乗るか乗らないかのわたしなので、ちょっとしたセレブ気分(笑) 快適快適。

那覇滞在旅、美味しいお料理もたくさん食べたので、またアップしていきます^^
d0132128_19502026.jpg

[PR]

by anjuli | 2010-07-09 20:07 | Okinawa,July2010

Okinawa Kerama Blue に会いに行く旅(2)~ケラマの海をクルージング&スノーケル

Cruising and Snorkeling in the ocean of Kerama islands.
d0132128_2235311.jpg
今回の旅は3泊といっても初日は、夜遅くに着いているから、正味3泊3日。

沖縄2日目はクルーザーでケラマのスノーケルポイントに行く1日スノーケルツアーに参加しました。学校の夏休み前なので、ツアー料金は2割から3割くらいお得でした。スノーケル3点セットとウェットスーツがレンタルできて、お弁当も含まれます。
d0132128_220389.jpg

d0132128_2241146.jpg

こんなかんじで、けっこうなスピードです。実はこの日の写真はあまり撮っていません。というのは、この日は風が強く波もあったため、船がかなり揺れて、実はひっどい船酔いをしました。この状態でポイントまで片道1時間くらい揺られるのは過酷でした。スタッフにも迷惑かけちゃったな~。ごめんなさい。
d0132128_2205754.jpg

でも船がとまって、海にはいると、調子がもどって、スノーケルを十分楽しむことができました。ダイナミックなリーフの裂け目が見事だったし、お魚もたくさん見ることができました。
そして、船から見る水面のこの青い・・というか碧いという漢字が似合う、Kerama Blueといわれる海の色は感動的でした。太陽の光があたって、微妙な濃淡がある蒼がキラキラと光る海面はそれはそれは美しかったです。
d0132128_2213929.jpg

しかし、こんなに船酔いするんだったら、高速船で泊港から30分の一番近いケラマ諸島の島 渡嘉敷島に行けばよかったなともおもったりして・・・。

〇。。〇。。.
QUEEN ZAMAMI , High Speed Catamaran Passenger Ship
d0132128_2255724.jpg

3日目は泊港から出発する高速船 クイーン座間味に乗って、座間味島へ行きました。高速船で1時間くらい。朝9時の船に乗って10時に着いて、夕方5時の船で帰ってきたので座間味島に7時間滞在できました。この船はすぐ満席になるので、1ヶ月前に電話で予約をいれておきました。
船内はきれいで、冷房もよく効いているし快適。やっぱり揺れたけど、クルーザーほどじゃないので、そんなに酔いませんでした。
d0132128_2261298.jpg

座間味港から島の一番人気のビーチ 古座間味ビーチまでは、船の時間にあわせて向かいに来る、海の家が運営しているバスに乗りました。¥300だったかな。車で5分くらいで
ビーチに到着。美しい!!

The Furuzamami beach in Zamami island . Zamami island is the main island in the Karema Islands. .
d0132128_227771.jpg

ビーチには、軽食や飲み物が売っているパーラーがあるし、有料個室シャワー、いろんな海グッズのレンタルのお店もあります。ビーチにすでにセットされたパラソル・デッキチェアー、スノーケル3点セットそして、帰りの港までのバス込みが二人分で¥4000だったので、利用しました。
d0132128_22105520.jpg

目の前に広がる海の美しさも感動的ですが、このビーチの海の素晴らしさは海の中にはいって、さらに驚きとともに知ることになります。ビーチから海にはいってすぐに、豊かなリーフが広がり、たくさんの種類のきれいな色の小さな魚や大きな魚が泳ぐ美しいサンゴ焦の世界が広がります。夢のような世界。海にはいって、すぐにこんな世界が広がるビーチは初めてです。いちど海の中にはいると、夢中になってしまい、なかなか外に出ることができない。
d0132128_22145097.jpg

d0132128_22145974.jpg

ビーチは砂浜というか流れ着いたサンゴの浜です。
d0132128_22283285.jpg

透きとおった海の水。海の中はキラキラと光っていました。そして、すこし疲れて海に浮かぶと、美しい外の海の世界が広がります。この蒼色・・・。 以前、沖縄を訪れたときに藍風という藍染のお店で、シルクの藍染のブラウスをとても気に入って購入しました。手染めならではの色むらがある、とても美しい藍色のブラウスです。この海を見ていて、あの藍染のシルクのブラウスの色とまったく同じ色だと気づきました。藍風の職人さんはこの蒼色をだしたかったんだなと。 沖縄 ケラマの蒼色です。それはコバルトブルーでもなく、エメラルドグリーンの青でもなく、藍の色。私の小さいだけがとりえのショボイカメラでは表現できないのが残念。
私にとっては今まで見たなかで、一番感動的な海でした。

d0132128_22151895.jpg
お昼はビーチのパーラーで、ソーキそばを食べました。このパーラーはメニューの品数が多いし気に入りました。この絶景を見ながらの食事なんて贅沢!
d0132128_22153284.jpg

d0132128_22154378.jpg

ビーチでは、おやつも。
海とアイスマンゴー。この凍らせたマンゴーが気に入って、2パックも食べてしまいました。
d0132128_22172256.jpg

海とぜんざい。
d0132128_22173015.jpg


帰る時間になり、座間味の港までもどり、時間がちょっとあったので、港近くのパーラーで、またしても氷ぜんざいを食べました。氷の量がてんこもり。「足りなかったらたしますよ~。」ってお店のひと。気前がいいです。食べすすめるとあらわれる小豆と白玉。暑いところで食べる氷ぜんざいはたまらなくおいしい。
d0132128_22182560.jpg

d0132128_22175854.jpg

d0132128_2218958.jpgd0132128_22181526.jpg











座間味島をあとにします。帰りたくない気分です。次に来るときは、座間味島に連泊しようとおもいます。いつになるかな。楽しみにしています。
d0132128_22185490.jpg

d0132128_2219452.jpg


d0132128_2232370.jpg

[PR]

by anjuli | 2010-07-07 22:32 | Okinawa,July2010

Okinawa Kerama Blue に会いに行く旅(1)~旅の拠点 とまりん

Naha Tomari Port "Tomarin" Okinawa

4月に両親と沖縄ツアーに行ったばかりですが、そのときに沖縄の美しい海を見ていたら、やっぱり海で遊びたい願望が夫婦して募り、またしても沖縄旅行を計画しました。5月にJALのスーパー先得も、とれたってことで、計画開始。
このスーパー先得だと東京~沖縄往復が¥25800でした。そして、ホテルも5月からお得な早割価格で予約すると、旅行会社のパッケージよりもお得価格になりました。(この5行のあいだに、何度「得」ってでてきたでしょう。お得大好き 笑)

出発は金曜の羽田発那覇行きの最終便。夜8時発です。那覇に着くのは夜10時半くらいになります。みんな考えることが一緒で、金曜の夜に沖縄に着いて、土曜の朝からめいっぱい遊んじゃおうってことで、この金曜の羽田発那覇行き最終便は人気ですぐ満席になるので、気合をいれて予約いれました。

今回は那覇に宿泊し離島へ行く船を利用して、那覇から離島へ日帰り旅をするので、離島へ行く船の港である 泊ふとう旅客ターミナル”とまりん”が旅の拠点です。この”とまりん”内にあるホテルに3泊しました。”とまりん”ってなんだか、アイドルタレントみたいな可愛らしい名前じゃないですか。
d0132128_1720795.jpg

”とまりん”には離島へ行く船の窓口、ショップ、カフェ、料理屋さんなどがテナントとしてはいっています。このお店たちが、なかなかとまりん滞在を楽しくしてくれました。1Fの”海想”というお店では素敵な沖縄らしいTシャツを買ったし、3Fの宮脇書店では、沖縄にしかない本や雑誌が売っていて見ていて楽しかったです。沖縄のアーティストcoccoちゃんが表紙の雑誌があったので買いました。沖縄情報満載です。coccoちゃんの歌は好きで、透明感のあるメロディーの中で、詞がとても悲しくひとの弱さをあらわしていて、涙がでそうになったり・・・・。沖縄のひとならではの才能だとおもいます。
d0132128_1725130.jpgd0132128_17251089.jpg










この”とまりん”の私のお気に入り美味しいスポット”マンゴーカフェ”
d0132128_17352244.jpg

お店の前のテラスのテーブルでいただきました。
d0132128_1736664.jpg


マンゴー果実かき氷とマンゴーぜんざい。たっぷりのあま~いマンゴーがぜいたく。見た目どうりたまらなく美味しかったです。氷にかかる練乳は甘さをおさえてあるので、私好みでした。価格も東京だったら、倍ちかくになるんじゃないかな。

d0132128_17472090.jpgd0132128_17473368.jpg


















沖縄の女性はみんな、かわいいけど、マンゴーカフェのお店の女の子もかわいかったな~。「とまりんの2階のデッキは夕日がきれいに見える場所で有名なんですよ。ぜひ夕日を見ていってくださいね。」と気さくに話してくれました。

”とまりん”の2階デッキです。海に面して、ずっとデッキがつづきます。静かで、ゆっくり海風にあたりながら景色を見ました。いいねぇ~。
d0132128_17435275.jpg

d0132128_17413240.jpg



d0132128_1744478.jpg


d0132128_17573357.jpg

[PR]

by anjuli | 2010-07-06 17:59 | Okinawa,July2010

沖縄から帰ってきました☆

先週金曜の夜に沖縄へ発って、今日もどってまいりました。
今回は那覇の港のホテルに3泊して、船に乗って、ケラマの海でおもいっきり遊んできました。
ずっと、見たかったKerama Blueは想像以上でした。大感動!

沖縄での海・美味しい食べ物などなど、またアップしていきますね~emoticon-0100-smile.gif

d0132128_20582568.jpg


d0132128_1852138.jpg

[PR]

by anjuli | 2010-07-05 20:58 | Okinawa,July2010