「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:深川 まち ・風景 Fukagawa( 24 )

深川散歩の途中で美味しいコーヒー

木場公園を抜けて、清澄史料館前通りを歩いて清澄通りに出て、大通りから少しはいったところにある、ホームセンターを目的地にした散歩。
以前から気になっていた白河4丁目にあるコーヒーショップに寄ってみました。木場公園のすぐ近くです。
ザ クリーム オブ ザ クロップ コーヒー。渋谷ヒカリエにもはいっているコーヒーショップだそうです。白河のこちらはとても大きな焙煎機があるファクトリーのような場所でした。
お店の方が好みの味をていねいに聞いてくれて、お薦めの珈琲豆を提案してくれました。わたしは、柑橘系のようなさわやかな味が良いなってことで、エチオピアにしてみました。ドリップで一杯づつ淹れてくれる珈琲は、大きめのカップでだしてもらえます。テイクアウトコーヒーですが、ファクトリー奥の座り心地の良いソファーがあいていたので、そちらでゆっくり珈琲をいただくことができました。とても美味しいコーヒーで、いつもならミルクをいれるところですが、珈琲の味がとても美味しかったので、めずらしくブラックで。あったまりました。

また、散歩の途中、立ち寄りたいコーヒー屋さんです。


d0132128_1554407.jpg


清澄 資料館前の通りを歩いていておもしろいとおもった光景です。この角の白いビル、たくさん電線が見えますが、半分はビル壁面に描いた「絵」なんです。アートですね。このビルの1階にある小さなカフェもこんど、はいってみたいとおもいながら通っています。


d0132128_15553665.jpg

[PR]

by anjuli | 2012-12-02 16:16 | 深川 まち ・風景 Fukagawa

花火大会の日 隅田川テラスを夜の散歩

昨日の浅草での隅田川花火大会。盛り上がったようですね(^^) 私は、もうこの日に浅草近辺に行く、気力がなくなってきたので、昨夜は夕食後、門仲から隅田川テラスを浅草方向に散歩してみました。

清洲橋の手前くらいから花火が見えてきました。それほど大きくは見えませんが、近隣の人たちが、涼みながら花火を見に来ていました。
花火もきれいだし、スカイツリーも寄り添っているかんじで素敵。そして、普段よりも、隅田川を往来するボートや屋形船がたくさんでていて、イルミネーションの彩りが華やかでした。

清洲橋の手前から。
d0132128_1137175.jpg

清洲橋から。
d0132128_1137041.jpg

d0132128_1137990.jpg


ボートや屋形船。花火が終わった後は、ラッシュ状態でした。その風景が隅田川ならではで、これも一見の価値ありです。
d0132128_11372723.jpg


d0132128_11373380.jpg


d0132128_11373848.jpg


d0132128_1137445.jpg

d0132128_11375050.jpg

[PR]

by anjuli | 2012-07-29 11:48 | 深川 まち ・風景 Fukagawa

夜~隅田川・永代橋・スカイツリー

スカイツリーが先週、いよいよオープン。さっそく家から近いところからライトアップされた夜景を見ようと、夕方からウォーキングしてみました。家から近いところだと、木場公園もきれいに見えますが、ずっと「あの場所からの夜景はきっと素敵だろう。」とおもっていた場所があるので、夕方から隅田川めざして歩きました。

清澄のほうからぐるっとまわって、隅田川テラスを歩きました。隅田川には、個性溢れる橋がたくさんありますが、この豊海橋は隅田川からの支流、日本橋川の箱崎あたりにあります。意匠がとても乙女チックで、いつも可愛い橋だなと眺めながら歩いています。
d0132128_19484464.jpg


そして、目当てのスポットへ。リバーシティーからの景色、リバーシティーにかかる中央大橋からのぞむ、ブルーにライトアップされた永代橋のむこうに見えるスカイツリーがきっときれいだろうとおもっていました。やっぱり、素敵。中央大橋の上には、何人か撮影している人たちがいました。私は望遠レンズを持っていないので、肉眼で見たかんじより、この写真は小さくみえるけれど。この日のスカイツリーは、紫のライトアップだったそうです。少し距離がありますが、この風景はなんともいえず美しいです。涼しげなブルーの景色、暑い夏の夜に涼みがてらこの風景を見に来たくなります。


d0132128_1949357.jpg

東京タワーとは、まったく違った個性のデザイン、ライティングです。強いアピールがないところが、今の時代にあっているのではないかとおもいました。昔から日本の夜を美しく灯してきた明かりに通ずるものがあるようにおもいます。夜空にボウッと浮かび上がる、「陰影」を持ったライティング。昨今のアジアの高層建造物のライティング、「繁栄」を絵にしたようなものとは一線を画しています。私はこのスカイツリーのライティングが好きだなとおもいました。
d0132128_1949966.jpg

これから、スカイツリーの明かりを、たくさんのひとが、うれしいときや、かなしいとき、見上げるんでしょうね。どんなときも、優しくつきあってくれそうな明かりです。
d0132128_19491619.jpg


永代橋から見た、リバーシティーです。リバーシティーへかかる中央大橋は、隅田川にかかる、個性ある橋の中で、シティボーイに見えます。
d0132128_1949225.jpg

夜景を満喫した後は、門前仲町で、久々の夕食。ちょっと来ないあいだに、新しいお店がオープンしていたりしていました。小さな飲食店がたくさん並ぶ門前仲町の裏通り、路地はワンダーランドです。
d0132128_2021870.jpg

新しくオープンした、「アジアンいっき」というタイ料理屋さんにはいってみました。門仲駅近にタイ料理屋さんってなかったから、ずっと行ってみたいとおもっていたお店です。見た目も店内も、タイ料理屋さんというよりも、ごく普通の居酒屋さんなところが門仲らしい。まえにあった居酒屋さんをそのままつかっているのかな。
d0132128_1949288.jpg


タイ料理美味しかったです^^ 気に入ったのは、グリーンカレーやヤムウンセンなど、サイズが選べて、少量のリーズナブルなものがあったところ。そのぶん、種類を多く食べることができていいなとおもいました。ほんとに、居酒屋感覚のカジュアルさで、気に入りました。
d0132128_20253849.jpg


d0132128_20254751.jpg
d0132128_20255488.jpg








夜の隅田川、スカイツリーに向かって歩いて、新たなビューポイントを発見してみたいなとおもったりしています。
[PR]

by anjuli | 2012-05-29 20:30 | 深川 まち ・風景 Fukagawa

今日の散歩

今日は午後から、佃 リバーシティー方面へ散歩しました。歩いていて、なんだか、もう夏も終わりだなっていう、ちょっと寂しい感じもしてきたけれど、みんな暑さを乗り越えて、がんばりましたね。


d0132128_2295962.jpg


散歩の途中に寄った、清澄通りの相生橋を渡ったところにある、 ”Cafe fika "というお店。正式名は、もっと長いのですが、ちょっと長すぎるので。このお店は夜はバーとして営業していて、昼間は別のひとが、カフェとして営業しているそうです。店主の女性が旅好きで、旅に関する本や雑誌が旅行トランクの中に自由に読めるようにおいてあります。
d0132128_2214226.jpg

d0132128_22143054.jpg


自家製シフォンケーキや焼き菓子がのったデザート盛り合わせがとても魅力的だったのですが、家でアイスクリームを食べてきてしまったし、「太るぞ」と夫に説得されて、あきらめました。でも、ちょっとお菓子とともにコーヒーをいただきたいと、ビスコッティをつけました。おいしかった。

実は、昨夜もひとりでこのリバーシティエリアまで、ウォーキング&ラン?で、来ました。ランのうしろに ”?”がついているのは、時々、夫と一緒のときに、”ラン ”をするのですが、私が走っている横で、夫は同じ速さで、ふつ~に歩いていて、「アレ~?!」っておもうし、「それは、走ってるっていわない。」って指摘されます。でも、本人はrunの爽快感を感じているんです。 
昨夜は隅田川の花火大会があって、この川沿いを走っていたら、小さくですが、花火が見えました。音はかなり大きく。特にリバーシティー 中央大橋のたもとの辺りでは、けっこうよく見えて、近辺のひとたちが集まっていました。花火と普段より出入りの多い川の屋形船、そして、上空のいくつものヘリコプターの光をみながら、夜風に吹かれて、隅田川テラス沿いを走るのはとても気分よかったです。永代橋のあたりでも花火の見物をしている人が多くいました。
来年は、隅田川花火大会の夜、永代橋あたりをスタートに花火に近づくように走るのもいいかもなっておもっています。すごい穴場を発見できればいいなって。

d0132128_22282854.jpg

[PR]

by anjuli | 2011-08-28 22:28 | 深川 まち ・風景 Fukagawa

コゲ太(?)との再会

木場公園からウサギ一家がいなくなって、やっぱり寂しい気持ちです。ついつい一家が暮らしていた倉庫前をのぞいてしまったり。ちなみに一家についての前回の記事はコチラ

木場公園の職員のおじさんから聞いた、ウサギ母子の引越し先のヒント「江東区内の鳥やウサギを飼育している場所。」から、「たぶん、あの場所ではないかな。」と思い当たる場所がありました。

それは横十間川親水公園です。たしか、「鳥やウサギを飼育している場所。」がありました。
d0132128_18593417.jpg


先月、夫が自転車で散策の途中に、この場所に寄ってみました。ちょうど係のひとがいたので、たずねてみたところ、「いるよ~。木場公園からきたうさぎ。」といろいろ話してくれたそうです。3.11の震災後まもなく亡くなった母ウサギは、もともと歯のかみ合わせが悪い子で、今まで木場公園で暮らしていた頃にちゃんと食べれていたことが不思議なくらい、食べ物をうまく咀嚼できず、食も細くなって、体力がおちていったそうです。そんなハンディキャップがありながら、木場公園では元気に暮らしていたのは、家族三匹で幸せだったからでしょうね。
もう一匹は元気だよと、おじさんがコゲ太君をさし示しました。ウサギがいるスペースは、男子と女子で分けられていると、おじさんが説明してくれて、なんと、コゲ太くんは女子棟にいたんです。「木場公園から来たウサギは二匹ともメスだったよ。」って・・・。木場公園のおじさんも、コゲ太って呼んでいたし、ずっと男の子だとおもっていたので、びっくりです。このときのコゲはひたすら食べていたそうです。生きることは食べること。食べることは生きることなので、安心です。

そして、先週、私も見に行ってみました。こんなかんじで女子・男子が仕切られています。
d0132128_1912481.jpg


仕切られながらも、な~んだか、イイかんじの子たちも(笑)
d0132128_19134952.jpg


いたいた。コゲは小屋の下でまったりしていました。たぶん、食後なのでしょう。見えますでしょうか。
d0132128_1915286.jpg


なんだか、うれしくなって、おもわず「こげちゃん!」って大きな声で呼んでしまいました。いつものごとく無視されましたが・・・、すると横にいた夫から、「やめてくれよ!たのむから、やめてよ。」と制されました。たしかに・・・40過ぎのおばんが、眼の前にいるウサギの色の特徴から、勝手になまえつけて、叫んでるって、恐ろしい光景でしょう。5歳児だったらともかく。まわりにはチビッ子やカップルがいて、ちょっと怪訝な顔で見られてしまいました。
しかし、女の子だということが判明したから、もう「コゲ太」とは呼べないので、わたしのなかでは「おこげ」と改名しました。 おこげ!いつまでも元気にくらしてね!
d0132128_19213351.jpg



d0132128_11365737.jpg


     ***********************
東日本大震災の被害に対してのYahoo基金

http://bokin.yahoo.co.jp/donation/detail/1630001/index.html
[PR]

by anjuli | 2011-05-12 19:25 | 深川 まち ・風景 Fukagawa

深川 大横川の桜

今日は自宅近辺の桜を見に行ってみました。深川にある大横川の桜並木です。門前仲町と木場のあいだあたりが桜並木になっています。
d0132128_18354463.jpg



d0132128_18361811.jpg



d0132128_1836408.jpg


例年はこの石島橋の上で桜の花の咲くころの休日、桜祭りが催されます。”祭り”といっても、派手なものでなくて、テントの中に地元の商店が、飲み物や食べ物を手頃な値段で提供してくれる、あったかい雰囲気のものです。わたしは毎年、ここで焼き団子やコーヒーなんかを買って、桜の花を見ながら食べていました。
今年はその桜祭りもありませんでした。ちょっと寂しいな。もちろん。桜の木の下の提灯もないし。ただ桜の花の下を歩くこともいいけれど、こういうささやかな桜祭りは地元の経済活動にもつながるし、やってみてもよかったのではないかなとおもいました。
d0132128_18365382.jpg


今年の桜はいろんな気持ちをもって眺めたので、忘れがたい桜になりそうでうです。
d0132128_1837193.jpg



     ***********************
東日本大震災の被害に対してのYahoo基金

http://bokin.yahoo.co.jp/donation/detail/1630001/index.html


d0132128_11365737.jpg

[PR]

by anjuli | 2011-04-10 18:48 | 深川 まち ・風景 Fukagawa

木場公園のウサギ一家~その後

こんなときに、わたしごときがブログを更新しても、電気のムダ使いになってしまうかなとおもいつつ・・・、たまにだったらいいかなと、更新します。

話題も、こんなこと書いたら、よくないかなとかいろいろ考えてしまうんですが、ずっと気になっていた木場公園の管理棟 倉庫前のウサギ一家のその後。

前回、ウサギ一家のお父さんを見かけなくなって、どうしたのかしらと記事にのせたら(前回の記事はコチラ)、後に、木場公園近くに住み、ウサギ一家があの場所に来てからずっと、一家を見守っていたTKさんから、コメントがあり、去年、お父さんが、猫に襲われるという悲しい出来事があって、亡くなったことを知りました。残された母子が以前よりもぴったり寄り添っていたように見えたのは、そんなショッキングなことがあったからかもしれません。
そして、TKさんのコメントで、コゲ太君のお父さんには”茶山”さん、お母さんには”黒川”さんという立派な名前があったことも知りました。また、残された母子は区内のウサギや鳥が飼育されている安全な場所へ移ったことも。
d0132128_20521418.jpg

公園へウォーキングに行くときは必ず、ウサギたちを見に行っていたので、とても寂しいです。でもしょうがない。
コゲ太君と黒川さんは平和に暮らしているかな、大丈夫かなと、案じていたところ、最近、夫が通りかかった職員の方に親子のことを聞いてくれました。
職員のおじさんが言うには、黒川さんは、新しい場所に馴染めず、弱ってきて、地震後にストレスが大きくなったのか亡くなってしまったそうです。 息子のコゲ太君は元気だそうです。おじさんは「あいつはマイペースだから、大丈夫。元気にやっていく。」って、そして「ウサギたちを気にかけてくれて、ありがとうございます。」って言っていたそうです。
おじさんたちは、ウサギ親子が心配で様子を見に行っているんですね。もともとは、心ないひとに公園に捨てられたウサギたち。職員のおじさんたちは厚意で、飼育することになり、そして最後まで責任と愛をもって、一家を世話してくれました。私こそ「ご苦労さまでした。ありがとうございました。」という気持ちです。

今、同じ日本に住むひとたちが、想像を絶するようなつらい境遇にいるのに、なにもできない自分が不甲斐なく思えます。そんな中、休日の木場公園を散歩していて、いつもよりたくさんのこどもたちが、駆け回ってあそんでいる輝く顔を見ていたら救われるような気がしました。 地震前だったら、きっと部屋でゲームしていたりする子たちが、電気を節約しなきゃって外に出て遊んでいるのではないかな。 若いひとたちは”希望”ですね。

最近、ラジオで星野 源さんの「くだらないの中に」という曲がよく流れています。すごくいい曲です。詞が心にしみて、ちょっとホロッときます。幸せってこんなことなんだなって。
このHPでDVD のメイキングと曲がちょっと聴けます→http://hoshinogen.com/news.html#cd


 ***********************
東北地方太平洋沖地震の被害に対してのYahoo基金

http://bokin.yahoo.co.jp/donation/detail/1630001/index.html


d0132128_11365737.jpg

[PR]

by anjuli | 2011-03-21 21:21 | 深川 まち ・風景 Fukagawa

木場公園のウサギ一家(2)

以前もブログに書いた木場公園のウサギ一家(前回の記事)&まえのまえのウサギの記事。ここ何ヶ月か、うす茶のお父さんを見かけなくなりました。
d0132128_18123812.jpg


とても気になっていて、どうなったのか知りたいです。しかし、管理棟の受付を訪れて、「うさぎ一家のお父さんはどうなったんですか。」って、こんな中年女が真顔できいたら、気味がわるいだろうなとおもって、行っていません。9歳児だったら、かわいいだろうけど。
でも、たぶん・・・・お父さんは旅立ってしまったのでしょう。 朝、ウォーキングのときにここをのぞいたとき、職員のひとたちの朝のミーティングの輪に、ウサギお父さんも加わっていたりした、微笑ましい光景をおもいだします。

残った、黒のお母さんと、こげ茶のコゲ太くんはときどき、のぞいている私に気づいて、ぴょんぴょん寄って来てくれることがありますが、近くに来たとおもったら、すぐにおしりを向けて、ひたすらじ~っとしています。なんて可愛いんだろう。

お父さん、せめてウサギ年の今年まで、元気でいてほしかった。な~んて、私が見かけないだけで、元気してたりして。
d0132128_18214370.jpg

[PR]

by anjuli | 2011-01-31 18:24 | 深川 まち ・風景 Fukagawa

”残暑お見舞い申しあげます”・・・・・ん?

明日から9月。「残暑お見舞い申し上げます」なんて、もう時期っぱずれになるフレーズが心からでてきてしまう暑さです。今日の東京は35度を超えましたよね。

木場公園へのウォーキングは早朝か夕暮れ過ぎになってしまいます。朝はほとんど早起きできないから、結局、夜になることが常。このウォーキングを何日もサボると腰痛がひどくなるので、できるだけ行くようにしています。

気温が高い日の夕暮れは、赤が濃くなってきれいです。深川の夕暮れは、やっぱり川に映る夕焼けがいいです。木場公園の橋の上から見たところ。
d0132128_2045562.jpg


夕暮れからは、風もでてくるし、公園は犬の散歩のひと、ジョギング、ウォーキングのひとで、けっこうにぎやか。
d0132128_207322.jpg


木場公園からもスカイツリーが見えます。最近は一部照明がついています。完成して、ライトアップが始まったらきれいでしょうね~。季節を問わず、夜の散歩やウォーキングのひとが増えるかな。
d0132128_20104841.jpg


d0132128_20111639.jpg

[PR]

by anjuli | 2010-08-31 20:11 | 深川 まち ・風景 Fukagawa

深川の桜 

この、週末は奥多摩よりの西多摩へ、桜見ウォーキングをしに行こうかとおもいましたが、まだ見頃には早いとの情報で、昨日は家の近くをぶらぶらしました。

深川 門前仲町の川沿いの桜の風景もきれいです。船あそびをしているひとたちもいます。
d0132128_1133316.jpg

d0132128_114591.jpg

d0132128_1126141.jpg


 「お江戸深川 さくらまつり」 開催中で、昨日は午後一時から、大横川に昔なつかしい(私はリアルタイムで知らないけど) 新内流しがでていました。 昔、護岸工事がされていない頃の大横川を、こういった船に乗った流しが三味線と唄を楽しませてくれたそうです。川に面した、門前仲町の料理屋さんや居酒屋の窓から、この風情を楽しめたとのこと。いいですね~。
d0132128_11113595.jpg

d0132128_11114367.jpg


永代通りにかかる永代橋から、隅田川を眺めました。岸辺がピンク色に染まり、かわいらしいです。
d0132128_11145250.jpg


そして、午後に桜の名所、千鳥ガ淵へ行ってみました。 休日の午後の千鳥ガ淵は、九段下駅から行くと、いつまでたってもたどり着けないので、竹橋駅で降りて、北の丸公園から眺めました。このルートだと、ものすごい人混みにのまれることはありません。 北の丸公園側から千鳥ガ淵を眺めるのも、また美しいです。

d0132128_11181531.jpg


まだ何日か、東京の桜は楽しめそうですね。この時期に電車に乗ったりすると、車窓からポツポツとピンク色が見える。そんな風景も春の楽しみです。
[PR]

by anjuli | 2010-04-04 11:21 | 深川 まち ・風景 Fukagawa