カテゴリ:Thailand ,Oct 2008( 11 )

バンコク スワンナプーム国際空港~Suvarnabhumi International Airport

d0132128_18541883.jpg

10月のタイ旅行でバンコク スワンナプーム国際空港の記事をまだ書いていませんでした。

バンコクを深夜12時近くに発つANA便なので、新しい空港を見る時間がたっぷりあると期待していたのですが、夜7時過ぎに国内線でトラートからバンコクに着くと、すぐ空港内のマッサージ屋さんに行き、1時間の全身マッサージをしたので、残り時間は慌しくなってしまいました。

ターミナルはドイツ人 有名建築家ヘルムート・ヤーンがデザインしただけあって、特に夜の照明の中の建築は、ガラスを多用しているので、発光体のようになって、近未来的な印象でした。しかし、私の写真はイマイチその素晴らしさを表現しているものがないな。

タイの政治不安で、観光客が少なくなったとはいえ、成田空港から来た私には、24時間営業している、この空港にものすごい勢いを感じました。なにしろ人が多い。たくさんの人種、民族が集まっています。アジア系、白人、アフリカ系、インド系、中東のイスラムの人たち。今、イスラムの人たちが大のお得意さんになっているタイだけあって、ターミナルにはイスラムの祈りの場所が、広くきれいなスペースで、個室として確保してありました。

d0132128_18543031.jpg


ターミナル内は、国際線・国内線がすべて一つの建物の入っているため、ものすごく広いので、移動用にこんな電気自動車がおいてありました。
d0132128_192768.jpg


マッサージの後、ターミナル内のレストランで食事をとりました。これがまた選ぶのがタイヘンなくらい、タイ、洋もの、中華、和食(和食の店が意外と多かった。お客さんは日本人だけでなく多民族)いいかんじの店がたくさんあります。

d0132128_1974881.jpg

一番混んでた店に入りました。「イーティオン」って読むのかしら。
d0132128_1994526.jpg

d0132128_198076.jpg
d0132128_198962.jpg

川えびのカレー炒めとパパイヤのサラダ、これに白いごはんと飲み物で十分。バンコク市街よりは高い価格だけど、日本価格から考えたら半額にちかい。なかなか美味しかった。お店のオジさんのリズミカルな動きの接客がおもしろかった。私がちょっと、料理を待ってるあいだつまらなそうな顔をしていたら、サッとバンコクタウンガイドのフリーペーパーをさしだしたり。満席でかなり忙しい中、サービス精神に感心しました。

d0132128_19175629.jpg

最後に寄った出発ロビー。今回、お土産はここで買うしかなかったのだけど、高級品ばっかりなのが、残念でした。ちょっと、地元デパートのものとかあればよかったのに。今回は、知り合いへのお土産のみの買い物。
でも、ここで買わないと、しょうがないので、時間との戦い。夫と別行動したら、案の定ハグレルし。
バーカウンターがかっこ良かった。次回は慌てずに出発前に、このバーで落ち着いて飲み物でもいただきたいです。
[PR]

by anjuli | 2008-11-05 19:22 | Thailand ,Oct 2008

島をあとに。 Trat Airpotへ~KohKood,Thailand on Oct.2008(No.9)

d0132128_221351.jpg

帰りのTratのPierまでのスピードボートはこの、AwayResorts前から乗ることができて、とても楽でした。
私がこの旅行記でこの島をKohKoodとずっと表記しているのは、実際にどの発音がカタカナで書く場合に正しいか、定かでなく、「クッド」「クーッド」さらには「クット」と書いてあるものもあります。
この島での4日間、楽しかった~!あと、せめて1日いたかった。タイ人のホテルのスタッフ、ゲストはもちろんのこと、外国人のゲストの方たちも、いつも笑顔で接してくれて、とても雰囲気が良かったです。こんなに遠いい場所まで来る、欧米人はかなりアジア、タイの好きな人で、人柄の良い人ばかりでした。ボートに乗るまで見送ってくれたホテルスタッフに「またね!」と言って別れました。また、いつかまた、行くことができたらいいな。

帰りは1時間ちょっとでTratのPierに到着。そこは行きの船着場とまた別のところ。なんて複雑。
d0132128_22213795.jpg


チェックイン時間よりかなり早くTratAirportに着いてしまったので、Cafeで待つことにしました。こんなに待ち時間が長いなら、1/10の値段のバスにすればよかったかとも思ったけど、4時間のバスは疲れそう。
d0132128_2224356.jpg
d0132128_22244737.jpg

ここで、読書したり庭で運動したりして、チェックイン時間を待ちました。
d0132128_22245954.jpg

やっとチェックイン。
d0132128_22261388.jpg

またまた、Bangkok Airwaysのフリードリンク・フードのラウンジがありました。これは嬉しい。コーヒーが美味しかった。
d0132128_22274397.jpg
d0132128_22275146.jpg
d0132128_2228111.jpg


いよいよバンコクへ!翌日の朝はもう東京です。
d0132128_2228464.jpg

[PR]

by anjuli | 2008-10-29 22:35 | Thailand ,Oct 2008

AwayResort 夕暮れから夜~The scenery in the night at AwayResorts~KohKood,Thailand on Oct.2008(No.8)

10月の島は6時くらいには日が暮れてきます。
d0132128_21591090.jpg

リゾートのダイニングも昼とはまたちがった表情。
d0132128_220038.jpg

d0132128_2201047.jpg

スノーケルツアーの夜、なんだかとても楽しい気分になり、まったくアルコールが弱い私ですがきれいな色のカクテルを飲んでみました。
d0132128_2240396.jpg

やっぱり酔いがきて、ダイニングにいた顔なじみになったホテルのスタッフやゲストに「おやすみなさ~い」と愛想良くあいさつをして、席をたってからアルコールによる脳貧血になり近くのソファーに倒れこみ、みんなをおどろかしてしまいました(笑)こんなことはいつものことで、慣れているので、なんとか部屋に帰り30分ほど休むと復活しました。

リゾート内は最小限の足元を明るくするような屋外照明しかなく(日本製の省エネタイプの白熱灯色の蛍光灯ランプを使っていました。)かなり暗いです。本来の漆黒の夜の世界。こんなに暗いと、不思議と月明かりというものがとても明るい。海面が月明かりに照らされてなんともいえず美しかったです。私たちの部屋のあるバンガローの前の芝の庭にデッキチェアがあるので、しばらく音楽を聴きながら月と月明かりの海を眺めていました。この時期は乾季に近く、湿度が低いのでとても心地のよい夜の空気でした。
d0132128_2322342.jpg

ヤシの葉のあいだに見える月が少しづつ位置をかえていくのをぼーっと見ているこんな時間はほんとうにぜいたく。うすい雲があるので星はあまり見えませんでしたが、晴天の日は満点の星空だそうです。

d0132128_22394398.jpg

[PR]

by anjuli | 2008-10-28 22:25 | Thailand ,Oct 2008

カヤックで滝を見にいきました。 KlongChaoWaterfall~KohKood,Thailand on Oct.2008(No.7)

We were booking Away Resort's half day trip for Klong Chao Water Fall .
午後から島にある名所 Klong Chao という滝を見に行くホテルの半日ツアーに参加しました。島ではゆっくりしようと思ってたのに、おもしろそうな遊びメニューがたくさんあるから、遊びまくってしまいました。
1時間くらい、カヤックで運河、川を上流にのぼっていきます。今回はキャプテン サムチャイさんと私たち夫婦の3人。行きはキャプテン、かなりの速さでカヤックをすすめるので、追いつくのがやっと。実はカヤックの写真はすべて帰りに撮った写真なんです。
d0132128_19112568.jpg

d0132128_19155429.jpg
d0132128_19161849.jpg

じきにマングローブの林の美しい風景になりました。とても静か。私は滝よりこのマングローブの中のカヤックのほうが楽しかった。熱帯の風景とキャプテンを見てると、まるで子供の頃によく見た「川口探検隊」のようです。
d0132128_1916281.jpg

陸に上陸。
d0132128_19184827.jpg

そこはまさにジャングル。
d0132128_1919798.jpg

上陸してから200Mくらい滝まで歩きました。まだ雨季なので雨量が多いため道の土はぬかるんでいます。
d0132128_19202553.jpg

上流の川に着きました。この沢から滝までが一番の難関。大きい石がゴツゴツしていて、おまけに苔がはえてるので、滑ります。かなり慎重に進まないと。私たちはマリンシューズ。キャプテンは、つっかけサンダルみたいなのはいてるのに、軽やかに進んでいます。やっぱり野生児。
d0132128_19231766.jpg

滝が現れました。想像していたより大きく迫力があります。
d0132128_19241141.jpg

滝に打たれているダンナさん。私は疲れたので遊んでる姿を見守って休んでいました。キャプテンに「日本には僧や心を鍛えたい一般人が寒い真冬でもうすい着物きて、滝に打たれて修行する風習があるんだよ。」というと、首をすくめてました。キャプテンとはけっこう雑談しましたが、彼もアクセントにクセがあり、私の英語もかなりわかりずらいらしく、普通15秒で終わる会話が2~3分くらいかかって、けっこう話したわりに後で思うと話題の数は少なかったところが、おもしろい。
d0132128_19251411.jpg

10月はまだ雨季で日に一度は豪雨があるので、雨量が多く水の色が茶色です。11月からの乾季はまったく雨が降らなくなって、この水がかなりきれいな色になります。色は茶色でも汚れているわけではありません。
d0132128_19305027.jpg

ダンナさんに、「子供たちみたいにロープにつかまってダイブしてみなよ」ってすすめたけど、いい大人がちびっ子にまじって順番待ちするのが照れるらしい。なんて言ってたら、私たちより20歳くらい上のタイ人のおじさまがやって来て、ノリノリでダイブしてました。
d0132128_1932411.jpg

大きな岩に登るダンナさん。この後、キャプテンが遠近法をつかって、手前にいる私の手のひらの上に小さな夫がのっている写真を撮ってくれました。とてもおもしろくて写真を見て3人で大爆笑。
d0132128_19405071.jpg


帰りみちで、アクシデント。やっぱり沢で滑って、ひどいシリもちをつき、激痛でちょっと起き上がることができませんでした。背後で夫が「大丈夫か~!」と言いながら、同じ場所でシリもち。キャプテンはゲストが二人とも転倒してしまい、かなりあせってました。その顔が逆に気の毒になり、立ってみたら骨に異常のある痛さではなく歩けるので安心。でも、この夜は痛くて腰をかがめることができませんでした。右手の平も腫れてくるし。夫は学生時代に柔道をしていたので受身をしっかりしていたから、ダメージはほとんどありませんでした。

帰りは風景を見たり、写真を撮りたいからゆっくりカヤックをこぎたい。とキャプテンに伝えると、「じゃあ、僕があなたたちの後に着いていくよ。」ということになり、風景を楽しめました。
d0132128_1948428.jpg

でもやっぱり、私たちより遅くカヤックを漕ぐことはキャプテンには至難のワザのよう。会話をしながら楽しくカヤックを進めました。ライフジャケットが大きくて、なんか変な後ろ姿のわたし。
d0132128_19481632.jpg


AwayResortsに到着。 黄昏の中のキャプテン。自然の風景の中にとけこんでます。楽しい午後でした。
d0132128_1952296.jpg

[PR]

by anjuli | 2008-10-27 20:03 | Thailand ,Oct 2008

シーカヤックで散策 Sea kayaking ~KohKood,Thailand on Oct.2008(No.6)

d0132128_21474257.jpg

午前中にAwayResortでカヤックをレンタルして、近隣を散策してみました。AwayResortの前の浜は砂浜ではないのですが、こうやって日が出ているあいだは気軽にカヤックをレンタルして遊ぶことができるので、アクティビティはあきることがありません。
AwayResortの位置する島の西側にはホテルが点在しているので、人の目があり安心。それに小さな湾になっているから、海がとてもおだやかです。透明な美しい海水です。魚も見えました。
d0132128_21365013.jpg

海側から見たAwayResort。
d0132128_21431392.jpg

AwayResortの前方の中洲にある、お隣のリゾートのこのワンちゃんたちは、日の出とともに海で遊んでいて、いつもシッポをおもいっきりふって楽しそう。
d0132128_21484455.jpg

ビーチに上陸してみました。ここにもリゾートホテルがあります。こうしてカヤックで来てよそのホテルでランチするのも楽しい。この島には、それぞれ個性あるリゾートが数多くあります。
d0132128_2144493.jpg

小さな小島が見えます。行ってみよう。
d0132128_21565845.jpg

d0132128_21505229.jpg

d0132128_2151830.jpg
d0132128_2154426.jpg

ジャイアントクラム、巨大アサリ・・ってどんなんだろう。それの自然生育地で保護されているみたいです。オコラれたらこわいので早めに退散。

d0132128_21554056.jpg

今回シーカヤックは初めてだったけど、こんなにきれいでおだやかな海だとほんとうに楽しい。美しい水面を近くにゆっくり見るってカヤックならでは。また、いつかこんなにきれいな海に来たらぜひカヤックをしてみたい。この後はリゾートの部屋に帰ってテラスで一休み。スコールがきました。
[PR]

by anjuli | 2008-10-26 22:05 | Thailand ,Oct 2008

AwayResortsでの食べ物 Foods @AwayResorts~KohKood,Thailand on Oct.2008(No.6)

4日間、ずっとリゾート内にいて、このレストランで食事をとることになりました。
海を眺めることができる心地良いテーブルです。
d0132128_18344959.jpg

朝食は基本的にビュッフェでしたが、平日になりゲストの数が減ってくるとアメリカン、コンチネンタル、ヨーロピアンのスタイルから選ぶかたちになりました。私たちは朝6時過ぎると、美しい朝の庭を散歩したりして7時過ぎには朝食をとりに行っていましたが、ダイニングには誰もいなくて、他のゲストはかなり寝坊して9時過ぎからポツポツ現れるような。そんなゆっくりした過ごし方がこのリゾートにはあっているなと思いました。
breakfast
d0132128_18351939.jpg
d0132128_18354438.jpg

d0132128_18391373.jpg


お昼ごはんで食べた、この骨付き鶏肉のはいったスープヌードル、最高に美味しかった!メニューに書いてなかったけど、「スープヌードル」をリクエストしました。すごく美味しいし早くでてきたので得意料理っぽいのになぜメニューにのせないのか謎。
Lunch time
d0132128_18394262.jpg

d0132128_1840346.jpgd0132128_18401688.jpg








d0132128_1993973.jpg


AwayResortsの今シーズンの営業は10月1日からスタートなので、物資をまだ十分にボートで輸送できていないのか、けっこうメニューにのってるけど、ないんです~ってものが多かったです。でも、味はとても美味しかった。値段は二人で1回あたり2000円ちょっと。大きな魚のお料理をオーダーした日はプラス1000円くらいになりました。この鯛のから揚げにスパイシーなソースをかけたお料理、格別に美味しかった。
Dinner time
d0132128_18441883.jpgd0132128_18445938.jpg









d0132128_1845447.jpgd0132128_1846563.jpg









d0132128_18462330.jpgd0132128_1945517.jpg
[PR]

by anjuli | 2008-10-25 19:11 | Thailand ,Oct 2008

AwayResorts Activities, Snorkeling day trip~Vacation in Koh Kood ,Thailand on Oct.2008(No.5)

We joined a day trips of snorkeling to the surrounding island.we could see many beautiful tropical fishes and creatures under the crystal sea water.
AwayResorts,アクティビティセンターHUBの、1日スノーケリングツアーに参加しました。アクテビティセンターといっても敷地内にある小さな建物で、売店とインターネットをつかえるスペースがあります。前日、夕方に訪れて予約しました。リゾートは今シーズンオープンまもなくで、ハイシーズン前だからか、かなりディスカウントしてくれてお弁当付で破格の値段でした。夫婦の料金で日本での二人分のランチ程度の値段。ラッキーです。「のんびりしよう。」が信条のAwayResortなので10時くらいに集まりだし、出発。

キャプテン二人。右はタイ人で、だいたい年齢は20代から30歳くらいでしょうか。おだんごに結った髪型が似合う、やたらワイルドなかんじのサムチャイさん。
d0132128_17443395.jpg
翌日は彼に滝に遊びにいくツアーに連れて行ってもらいました。左のキャプテンは白人で(米国人かな)、おそらく経営陣の幹部っぽい。リゾート内で見かけるといつもコーヒーをいれたマグカップ持って歩いていました。年齢は・・私はひとの年齢を推定することが不得意で・・・・何歳くらいなんだろう。日本人は概して若く見られがちだから、完全に年下扱いされてたみたいだけど、意外と私より年下だったりして(笑)
ゲストの参加者はトラートの船着場で出会ったスイス人夫婦、年配のスイス人夫婦、タイ人の10歳くらいの男の子とお父さんの親子、タイ人の若いカップルそして、北欧の50代くらいの夫婦。(北欧のご夫婦に出身地をきいたけど、発音がよすぎて聞き取れなかった・・おはづかしい。それか、私の貧しい知識のなかにない都市。)ゲストはみんなフレンドリーで楽しい雰囲気でした。タイ人のお父さんは私がボートから風景の写真をとっていると、「二人の写真をとってあげるよ。カメラかしてみて」と、親切に写真を撮ってくれました。この写真はとても楽しそうに写った1枚でかなり気に入っています。

d0132128_17475215.jpg

AwayResorts前の浜からスピードボートに乗って20分から30分でおだやかで美しいスキューバ&スノーケルポイントに到着。1組はキャプテン二人とスキューバ。ボートを運転してきたタイ人スタッフが私たちを見守ります。
海は雨季が完全に終わっていない10月にもかかわらず、透明度が高く、たくさんの熱帯魚、海中生物を見ることができました。来月からの雨が降らない乾季はさらに透明度が上がるのでしょう。とてもおだやかな海なので安心して泳ぐことができます。まっ、ライフジャケットを着用しているので、正しくは浮いているのですが。

 ボートに乗っているあいだ、スイス人夫婦に「もしかして、新婚旅行?」ときくと、照れ笑いで「ちがうよ~ 結婚2年目だよ。でも新婚旅行は自国のスイスアルプスに長期滞在だったから、外国に夫婦で来たのは初めて。だから新婚旅行みたいなものかな。」と幸せそう。スイスアルプス長期滞在もうらやましいわ~ 二人は次の旅行はぜひ日本に行きたいと思っているそうです。スイスの彼らのまわりの人たちも日本に旅行したいと思っている人がたくさんいるらしい。「日本は食べ物が美味しいよ~ 日本料理だけでなく、中華、イタリアン、フレンチ・・・なんでも美味しい。」と私が言うと、「そうだよね。ミシュランの星をとった店がたくさんあったものね。すごいよ!」と。なんやかやいってミシュランは日本への観光客誘致にかなり貢献してくれているみたい。私が「ミシュランの星のある店には高くて行ったことないけど、もっとカジュアルで安い店でも十分おいしいよ。」と言うと二人とも目を輝かせていました。とりあえず「Izakayaは安いし、美味しい料理とお酒が楽しめる。」というと、二人はさっそくIzakayaとゆう単語を覚えてくれました。彼のほうは「温泉はやっぱり九州が一番いいのかな?」など、日本についてかなり調べているようす。

お昼はこのポイントからすぐの小さな美しい無人島(島の名前をきくのわすれちゃった)に上陸しました。
Away Resort's speed boat
d0132128_1804162.jpg

思わず「わぁー きれい!」って声にだしてしまうくらい美しいビーチでした。
d0132128_183244.jpg

d0132128_1821390.jpg

ビーチでお弁当とデザートのスイカ。お弁当は前日にいくつかのメニューから選んだ「牛肉のオイスターソース炒め」。
d0132128_17551195.jpg

d0132128_17562561.jpg

こんな美しい海を見ながらだと、より美味しく思えました。


ランチと休憩の後、もう一箇所のポイントに行って、スノーケル。ここもほんとうに美しい場所でした。
d0132128_185376.jpg

タイ人スタッフの人が「こっちがきれいだから、おいでよ!」と言うので夫婦二人で後について泳ぐと、本当にきれいで、水中のいろんな生物をガイドしてくれました。けっきょく小島を1周と、本気泳ぎすることになり、ボートに上がろうとしたとき、かるく足をつってしまった。でも、ライフジャケットを着ているので仰向けになって浮かんで休めば、まったく問題なし。

スイス人若夫婦が「烏賊がいたでしょ。見た?」って、見逃したけど私は「烏賊といえば、日本の烏賊は美味しいよ~ 刺身が最高!」とかいって、日本料理が大好きという二人は「はやく、日本に行って食べたいな~。」とニコニコ。終始、食べ物話ばっかりしている私・・・。でも、食べ物って世界共通の盛り上がる話題かも^^
[PR]

by anjuli | 2008-10-24 18:08 | Thailand ,Oct 2008

Away Resorts~Vacation in Koh Kood ,Thailand on Oct.2008(No.4)

Away Resorts,Koh Kood Thailand

KohKood is the forth largest island of Thailand. It is the closest island to the Cambodian border in Trat providence.
The island covers over 129squair kilometers with a length og 25kirometers and width of 12kirometers.
we had stayed at Away Resorts in Koh kood for 3nights. it was so peaceful and tranquil place.


The beattiful garden of Away Resorts
d0132128_18463986.jpg

Away Resort 今回、滞在したホテルです。3泊4日このリゾート内でアクティビティーを利用したりして過ごしました。島にはほかにも美しいビーチや、フィッシャーマンズヴィレッジなど、名所はあるのですが、3泊では時間がなくて島内散策はできませんでした。しかしながら、おしゃれなレストラン、カフェ、ショップはまだ島にはないようです。基本、ホテル内で過ごすのがこの島のゲストのスタイル。

ずっと、インターネットでこのリゾートホテルのウェブサイトを開きPCのディスプレイの中で見ていた光景が目の前に広がるのは不思議で、ほんとうに存在してたんだなと思いました。あたりまえなのに。
KohKoodはタイで4番目に大きい島です。人口は2000人くらい。(資料によって、数字がちがうけど、まだ3000人以下でしょう)カンボジア国境にかなり近い位置にあります。今、タイ・カンボジア国境というとクメール遺跡の付近での緊迫した状況がありますが、この島は平和そのもの。近年、その美しい自然が注目されてホテルが次々に建ち、観光客も毎年、3割~4割増で増え続けているそうです。でも、まだまだリゾートは転々としているので、のどかな雰囲気でした。
d0132128_18462030.jpg

d0132128_1933238.jpg

d0132128_1851355.jpg


リゾート名の“Away”は慌しい時間に追われた日常生活からの逃避。という意味がこめられています。「時計を気にせず、のんびり過ごしましょう。」がポリシー。このホテルは雨季の特に天候が不安定な時期7月~9月まではクローズしています。私たちがチェックインしたのが10月11日だから、今シーズン オープンしてまだ10日たらず。そのせいか、レストランでの物資・食材がまだ、充分にそろっていなかったようです。

d0132128_1942836.jpg

リゾート内は特に庭がきれいに整えられていました。といっても小さい規模で、フロントとレストランのあるメイン棟とアクティビティセンターの小さい建物、そして客室のバンガローがあるのみです。全体的に内装デザインは「アフリカ」を意識しているかんじ。センス良いです。

お部屋の写真です。デラックスビーチバンガローというタイプの部屋に泊まりました。いくつかのタイプ・価格の部屋で全42のバンガローがあります。バンガローは自然素材でできているので、部屋にいても熱帯の鳥、虫のこえがよくきこえて、特に朝の鳥のさえずりは自然のモーニングコールのよう。
d0132128_2033889.jpg

Room Type "Delux Beach Bungalow"
d0132128_192473.jpg

この座り心地の良いソファーのあるベランダはとても気に入りました。海を見ながら、読書したり、うたた寝をしたり。

d0132128_196395.jpg


チェックインした土曜日はタイ人の宿泊客が多く、部屋も満室に近いようでしたが月曜になると、客も少なくなり、ほとんどが外国人になりました。このリゾートは北欧からくるゲストが一番多く、あとはドイツ、オーストリア、スイスのドイツ語圏のひとたちが多いようです。ヨーロッパからくるゲストは最低でも6日間はここで過ごします。
スイス人の人に「ヨーロッパからバンコクまで飛行機で何時間かかるの?」ときいたところ、12時間だそうで、日本からヨーロッパまでにかかる時間とほとんど変わらないんだと思いました。タイはヨーロッパからの観光客が多いので、もっと近いのかと思った。ホテルのスタッフによると日本人、特にバンコク在住でなく日本から来る日本人のゲストはほんとうにまだ少ないとのこと。

島では水、電気は貴重なので、プールはないし部屋に冷蔵庫もない。また、シャワーのお湯も満足にでません。最初、そのことを少し残念だなと思っていましたが、帰りのボートで海から新しいホテルを建築中の様子がみえました。そこでは、土砂をえぐり、木々を伐採していて、何千年または何万年とその姿をかえなかった島が人間の、より美しい楽園リゾートを求める身勝手さによって、こわされている現実を見ると、勝手にこの島に来て、プールがないのかんのって思ってる自分がバカに思えました。自然の犠牲の上にこんなに素晴らしい環境で過ごせる経験ができることを感謝しないと。

Away Resortの前は中州をはさんで川の河口とおだたかな湾の海になっていて、ホテルでカヤックやボートをレンタルして水面にでると、どちら側の風景も楽しむことができます。こんな黄昏時に見る、ボートからの水面も美しいでしょう。
d0132128_1912405.jpg

このリゾートでの4日間は、楽しくて楽しくて・・・あっというまでした。これから、リゾートでのアクティビティなどを書いていきます。
[PR]

by anjuli | 2008-10-22 19:16 | Thailand ,Oct 2008

KohKoodに到着!Vacation in Koh Kood ,Thailand on Oct.2008~ (No.3)

The way to Koh Kood(2)

飛行機でバンコクからトラートに来る観光客の多くが外国人で、ほとんどのタイ人の人たちはバンコクから4~5時間かけて、バスや車でトラートに入り、フェリーに乗って島に遊びにいくようです。バスの値段は飛行機の1/10にちかい。トラートに来る観光客のほとんどがチャン島というトラートの港からフェリーで30分ほどの島に行きます。このチャン島に行くフェリーは本数が多いのですが、私たちの行くKohKoodに行く船は日に2便しか出ません。次の便はホテルからの情報だと午後1時。

トラート空港は、一日にバンコク間を2往復のBangkok Airways(PG)しか就航していないので、PGはこの空港建設にもかなり出資しているらしく、空港の管理が厳しくて町を走っている乗り合いトラックバスのソンテウが入れないようになっているようです。トラートの町までは割高のPGの有料シャトルを利用します。PGのカウンターで「Koh Koodに行くのでLaem Ngob Pier(船着場の名前。発音できません)に行くんだけど、船の時間までかなりあるから一度、トラートの町に行ってから港に行ったほうがいいかな」と相談したところ、「Laem Ngob Pierはけっこう遠いいから、ここからまっすぐ行くべきですよ。こちらで車を手配します。」と。「でも、その港に早く行っても何もないんじゃないの?店とか。船の出発までに雨が降ったら屋根はあるの?」と聞くと「大丈夫。レストランで待機できます。」とのことでPGのリムジンカーを利用することにしました。冷房付貸切ワゴン車でイスのクッションは良かったけど、値段が驚くほど高かったです。1台1800B。ま、腰痛が気になるので、トラックバスで1時間はつらいから、仕方ないか。
We took rimousin car what made arrangements at Trat airport
about 50min to Laem Ngob Pier from Trat airport.
d0132128_18583480.jpg

d0132128_18584891.jpg

トラート市街を過ぎて、森林の中の道を走り1時間くらいして、船着場Pier付近に来ましたが、このkohKoodに行く船っていうのがこの付近で出発時間によって微妙に場所が変わるので、運転手さんは2箇所くらいに寄り、私が家でインターネットからプリントしてきた資料を受付らしき人に見せると「ここじゃないね。」と言われ、3箇所目にそれらしき場所に来たのですが、その場にいる売店の人は要領を得ず。運転手さんもタイ語しか話せないので、「確定しないと、車から降りるわけにいかないな~」と思っていると、白人の彼と東洋人の彼女のカップル(20代後半から30歳くらいかしら)を見つけて聞いてみると、二人はとてもきれいな英語で「ここからKoh Koodへの船がでますよ。私たちもKohKoodに行くんですよ。」と親切に教えてくれました。一安心で、運転手さんにお礼を言って、この待合室で出発を待ちました。 
This is the waiting room for express boat .
d0132128_1903664.jpg

d0132128_1904795.jpg

空港の人はレストランがあるって言ってたけど・・・これか。食べ物は焼き鳥しか売っていません。でも、の~んびりした待合室です。子供がうたた寝していたテーブルがこの後、チケットカウンターになりました。
d0132128_1931527.jpg
Pierといってもこんなかんじ。ほんとにここに船がくるのか?と少し不安も。

先のカップルと話すと、ボートの時間が30分早くなって12:30になったとのこと。やっぱりトラートの町に寄らなくてよかった。二人はなんと、KohKoodで私たちと同じホテルに泊まるそうです。「小さいホテルだからきっとこの先、度々あうね~よろしくね~。」とあいさつを交わしました。彼女は同じ東洋人だし、とても親近感を覚えて、このあとホテルでも、会うと挨拶して会話を楽しむことができました。このとき、二人はとてもきれいな英語を話すので米国人だと思ったのですが、後でイタリア系とタイ系スイス人であることがわかりました。奥さんはタイ語も堪能だし、二人とも日常でつかうドイツ語以外に数カ国語を話せるそうです。フレッシュなとても好感を持てるカップルでした。

11:30amくらいからチケットを売る係りの女性があらわれました。
d0132128_1964150.jpg

ボートがPierにやって来ました。えっ?!こんなに小さいの?
d0132128_1972940.jpg

そして12:00pmくらいから皆、乗船準備。12:30pmの定刻より早く船は出発しちゃったけど、いいのかな。

Expressboat depart for KohKood at 12:30pm
d0132128_1910896.jpg

エクスプレスボートは水深の浅いPierには入ってくることができないので、最初、あの小さなスピードボートに皆がぎゅうぎゅうに乗り込み、運河を出たところで、大きい40人乗りエキスプレスボートに乗り換えました。この乗り換えはかなり慌しくてエクスプレスボートの全景を写真に撮ることができなかった。乗客の中で外国人は私たちとスイス人夫婦だけで、あとはタイ人のひとたちばかりでした。
KohKoodの船着場で下船するときも、エクスプレスボートから直接、降りることはできず、この船に渡ってから、上陸しました。

d0132128_1994517.jpg

d0132128_19102141.jpg

The Pier of KohKood
エキスプレスボートに1時間半くらい乗ればKohKoodに着くと思ったのですが、時間が遅れて午後3時半くらいにようやくKohKoodのPierに到着。とても美しい海の港でした。

同じ船から、ホテルの迎えの車にスイス人夫婦と私たちそしてタイ人カップル2組。タイ人の若いかわいいカップルはギターを持っていました。それもケースに入れることなく。海辺のリゾートでギター弾いて、歌をうたうなんて楽しそう!車に同乗した皆がお昼ごはんを食べそびれ、私が「お腹すいたね~」と言うと、「ほんと!お腹へったよ~」とみんなで大合唱。
d0132128_19113443.jpg

ジャングル内の道を走り、10分弱でホテルに到着。

d0132128_19115254.jpg

楽園にたどり着きました。

destination "Away Resorts, KohKood" Paradice is there・・・・
[PR]

by anjuli | 2008-10-20 19:14 | Thailand ,Oct 2008

バンコクからトラートへ。Vacation in Koh Kood ,Thailand on Oct.2008~ (No.2)

The way to Koh kood (1)
11thOct
私はタイのリゾートがとても好きで、ここ10年くらい何度か訪れています。普段も時間があるとインターネットでいろんなタイのリゾートの情報を見ては、旅行気分を楽しんだり。

最近、とても気になっていた場所がkoh Kood.(kohはタイ語で島という意味です。)日本語での発音は、クード島とかク-ッドとか、けっこう難しいようで、タイの人にはどう発音してもわかってもらえず、紙に文字で書いたものを見せていました。

タイのリゾートは山もいいけどやはり海。小さな海沿いの町、または離島が特に素晴らしいと思っています。KohKoodの写真をインターネットで見て、私たちの求める静かで、素朴な海のリゾートを思い描き、行きたくなってきました。そして、こういう遠いい少し不便な離島はこれから、だんだん年をとってくると、行くのがつらくなるから、今 行こうと、思いきって夫婦で旅してきました。

バンコクから東へ315kmトラートというカンボジア国境に近い港町に飛行機で行き、トラートの港からさらに船に乗り、KohKoodをめざします。
トラートへはBangkok Airwaysが毎日、2便運行しています。
At first.we left Bangkok for Trat by Airplane in the earlymorning.Trat is providence situated at the east border of Thailand .315km from Bangkok.
and from the Pier of Trat ,we will take speedboat to Koh Kood.
There are two daily flights operated by Bangkok Airways to Trat from Bangkok . The flight takes about 1 hour.

d0132128_12322081.jpgd0132128_1233539.jpg









d0132128_12334328.jpgd0132128_12335453.jpg








Bangkok Airways has The Boutique Lounge in the Suvarnabhumi Airport. that is so comfortable space and available to all passengers with no extracharge.
Bangkok Airwaysはブティックエアラインと謳っているだけあって、とても洗練された航空会社です。スワンナプーム空港には搭乗前に寛げるBangkok Airways専用のラウンジがあり、すべてのクラスの乗客が利用できるようになっています。内装デザインも素敵だし、飲食もすべて無料で、美味しく、インターネットも使用できます。

Bangkok Airwaysは最近、広島~バンコク便を就航していて、その宣伝用デザインのバスで飛行機に向かいました。飛行機もリゾート気分満点のデザインです。
d0132128_12351184.jpg

d0132128_12353240.jpg

8:00AM departure 出発
d0132128_12361844.jpg

50分程度のフライトなのに、軽食がでました。ケーキとフルーツヨーグルト。甘すぎず、ちょうど良い味で美味しかったです。コーヒーも美味しい。
d0132128_12362957.jpg

トラート上空。海沿いで何か養殖しているのでしょうか。この海沿いの土地はほとんど湿地のようでした。

9:00AM Arriving at Trat Airport トラート空港着。
d0132128_12365069.jpg

小型バスで飛行機から移動。

空港もリゾートらしい、建屋はコンクリートをまったく使用しない建材のエコロジーな雰囲気。
d0132128_12371093.jpg

[PR]

by anjuli | 2008-10-19 12:39 | Thailand ,Oct 2008